シーボルト追放後の娘と孫のお話!

先日、長崎にあるシーボルト記念館へ行ったけど、シーボルトは追放されたのは
知っていたが、その後の事はあまり知らなかった。
そして、この記念館の資料で、いわゆる子孫が日本にいることを知った。
シーボルトが帰国後どうなったかは、後日、書くとして、日本に残った日本妻のこと、
1人娘の子供イネはどうなったかは、意外と知らない人が多い。

とくに3歳で別れた娘イネの事を調べたくなった。
父シーボルトは、1823年(文政6)8月に、オランダ東印度会社の商館医として出島に
赴任したドイツ人フィリップ・フランツ・バルタザール・フォン・シーボルト。
母は丸山町引田屋の遊女其扇(そのぎ・本名楠本たき)で、イネはこの2人の間に
生まれた混血児である。
シーボルト帰国後、この楠本瀧は、間もなく回漕業者俵屋時次郎と結婚している。

その後、シーボルトの血を引くイネは、色白で背の高い美しい娘に育ちます。
そして、12歳になったイネは、シーボルトの弟子だった 伊予宇和島の二宮敬作の所で、
外科その他一般的医学を学びます。
b0181748_1816719.jpg
                      晩年の楠本イネ!

二宮啓作は19歳になったイネを、シーボルト時代の仲間だった岡山の石井宗謙のもとで
産科学を学ばせようと岡山へ行かせる。
だけど、その宗謙がとんでもない野郎で、イネを暴力によって犯してしまうのです。
イネは妊娠し、娘「高子」を産み、彼女の母・お瀧さんの住む長崎へ戻っている。

たきの死後、1869年(明治3)2月から、東京で暮らし、イネは、東京府京橋区築地1番
地で、産科医を開業し、1879年(明治10)2月までここで生活をする。
この間、1873年(明治6)7月、福沢諭吉の推薦で、明治天皇の権典待葉室光
子のお産にたずさわってもいる。
1903年(明治36)8月26日、食中毒の為、東京市麻布区飯倉町で、77才で亡くなった!

b0181748_18171898.jpg
                シーボルトの孫・高子!美人だ!

その娘の高子は13才まで長崎で暮らし、その後、おイネさんと一緒にシーボルトの
弟子である二宮敬作の住む宇和島へ行き、そこで、1866年、二宮の甥の三瀬諸淵と結婚。
だけど、25才の時にご主人と死別。
その後、再婚して、一男二女をもうけたそうな。
ただ、男運が無いのか、そのご主人とも死別している。
高子さん母子は、東京で産科を開業していた母のおイネさんと暮らし、
昭和13(1938)年に亡くなったという。
享年86歳と、当時としては長生きだった。

おイネさんにしても高子さんにしても混血児ということで、
今と違って世間の目はかなり冷たいものだったと思う。
それにも負けずに強く逞しく生きてこられたお二人に、1度、会って見たかったな~~!
2人とも本物はもっと、素晴らしい美人だったと思うよ!
[PR]

by aibiki2009 | 2013-04-02 18:33 | 歴史っぽいお話 | Comments(8)  

Commented by flying_alloha at 2013-04-02 20:19
ai さん、どーも。

aiさんはなんでも興味があるんですねー!
私はダメです。
興味が無いものはいくらがんばっても興味は出ませんね。

ただ、興味があるものは、そこからドンドン枝葉が広がっていき、今度は行き着くところがなくなってしまう感じです(汗)

ですが、先が見えてくるとパッタリ興味がなくなってしまいます。

どうしようもない性格なんですね・・・(冷や汗)
Commented by aibiki2009 at 2013-04-02 21:18
Nさん今晩は!

いやいや長崎にUターンしたのに、長崎のこと知らないと
恥ずかしいので、ただ今勉強中です。
調べ出したら、これがハマるんです!
次々って調べたくなるんです。

それだけの事が、長崎の街にはあるんですよ!
だから、もっと知りたくて調べてるだけです。
調べたからって、どうにかなるものじゃないけど
自分自身の深い人間形成には、なってると思います!

1人身になったので、フリーに動けるから、49日が終わったら
また、長崎散策を始めたいです!
Commented by 山之内 正平 at 2013-06-04 13:24 x
初めて今日aibikiさんをPCで知りました。私は70歳の男子です。少年時代からハワイアンが好きでした。でも大橋節夫は小さな橋だけしか知らなかったです。2年前に彼のCDを聞きサヨナラは言わないで、トグッバイホノルル、と「なぎさ」が気に入りました。私はカラオケが好きで2曲はよく歌っていますがオシャレな「なぎさ」は無いので歌えません。そんな中PCでソフトに歌ているaibikiさんと出会いました。最近はFM放送でもハワイヤンは全くかからないので寂しく思います。しかしながら天下のNHKテレビだけは演歌が花盛りです。
それからブログも拝見しました。私も幕末史が好きでシ-ボルトの一連の文は興味深い感動のドラマでした。 本日は有難うございました。願わくばaibikiさんのプロフィールが知りたかったです。
Commented by aibiki2009 at 2013-06-04 20:01
山之内 正平様!

始めまして!
今日は、コメントありがとうございます!

このページにコメントが書かれていると言うことは
最初は、このシーボルトのお話がキッカケで私の事を
知ったのでしょうか?

それとも、曲の方で知って、ブログに訪問して頂いたのでしょうか?
どちらにしても、歴史とハワイアンがお好きと言うのが、
私と同じ趣味であるので、コメントを書いて頂けたと思います!

ハワイアンは、1次期、マスメディアから全く消えてましたが
フラダンスの隆盛と共に、音楽も注目され出しました!
山之内 正平さんのように、第1次ブームの頃にファンになられた方がまずおられまして、途中スッポリ数十年も空洞で、最近、若い人もウクレレを弾き出して、ファンが増えて来てます!

私は、大学生の頃から、ハワイアンをやりまして、途中、仕事で
出来ない時期を過ごし、50歳過ぎてから再開したんです!
プロフィールは、私のHPに書いてますから紹介しておきますね!

http://www4.cncm.ne.jp/~aisaka/
Commented by 山之内 正平 at 2013-06-05 12:47 x
有難うございます。早速のご返事いただき嬉いです。aiさんと出会えたのはYouTubeの音楽です。「なぎさ」に巡り合えてaibikiをもっと知りたいと思いブログを拝見していたらシ-ボルトの一連の歴史を教えていただきました。それから今年になってFM放送から女性のaloha Oeが流れて私の魂に強く響いてきたのでPCで検索したらTia Carrereを知りました。つづいてKamakawiwo Ole "IZ"も知ることができました。私にとってを比較的最近のハワイアンと出会えて良かったです。
Commented by aibiki2009 at 2013-06-05 15:02
山之内 正平様へ

そうですか?
YouTubeからが始まりだったんですね!
ハワイアンを今でも現役で歌ってますが、上には上が
おりまして、今週、宮崎の青島のパームビーチホテルで
ハワイアンバンドフェスティバルがあるので、私も
出演するので、土曜日に行きますが、そこに出演する
熊本のバンドでボーカル担当の人は80歳を超えてますよ!

私の大きな目標なんです!
私もイズはいっぱい聞きましたよ!
Commented by 山之内 正平 at 2013-06-07 12:24 x
ご紹介いただきましたドンホ-、ハニ-姉妹をYou Tubeで今日聞せて頂きました。良かったので今後もちょこちょこと聞きます。それからaibikiさんの「煙が目にしみる」が良かったです。30年余り昔にライヴでプラタ-ズで聞いた思い出がよみがえってきました。名曲はいつまでも沢山のア-ティストがカバ-して生き続けるんですね。音楽てすばらしですね。私は松山市出で以後ずっと大阪で住んでいます。蛇足ながら済みません。では失礼します。
Commented by aibiki2009 at 2013-06-08 00:12
山之内 正平様へ

そうですか?
今は、大阪在住なんですね!
ハワイアンは聞けますか?
今、ハワイアンが元気になって来たのは、フラダンスの
お蔭なんです。

いっぱいの女性が、日本中の通津浦々で踊ってまして
その関係で、音楽も元気になって来てます!
私は、ハワイアンをメインにやってますが、ジャズも歌います!

音楽があったお蔭で、楽しい人生を送らせて頂いてます!
明日は、宮崎へライブの為に、行ってきます。
それでは!!!

<< 母の五七日参りでした!(5週目) まったく忘れてました。 >>