カテゴリ:独り言( 282 )

 

長崎ハタ揚げ大会!

「長崎ハタ」、それは俗に言う凧のことで、長崎独特の呼び名であります。
長崎人はこのハタを揚げることも凧揚げとは言わず「ハタ揚げ」と言うんです。
私も子供の頃から、近くの丘でハタ揚げに夢中になった世代でございます!
ちなみに、長崎新聞社の子供大会に出て、2位になり、新聞に載りました!
生まれて初めて新聞に載ったのは、小学5年生だったかな!

春風が、北から南にその流れを変える頃、山々にはハタが揚がりはじめます。
「ハタ揚げ」は、江戸時代から「長崎くんち」「精霊流し」とともに長崎三大行事の
ひとつとして親しまれている伝統行事なのです。
長崎民謡の長崎ぶらぶら節の歌詞にも、「ハタ揚げするなら、金毘羅、風頭」と
江戸時代から歌われております!

残念ながら、今の時代はテレビゲームなどの普及で、外でハタ揚げをする
子供はあまり見なくなった。
4月、5月と長崎の各地で、ハタ揚げ大会が行われるが、衰退ぎみで大盛り上がりの
時代を知ってる私には、何とか残って欲しい行事なんです!

今のハタ揚げ大会の様子をご覧下さいね!
長崎市長も駈け付けて、かつ、長崎検番の芸者さんも駈け付けるんです!
ハタを揚げる糸に、ガラスを粉にしたものをノリで混ぜて取り付け、お互いの
絡めあわせて、糸の切り合いをするのです!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by aibiki2009 | 2017-05-01 20:00 | 独り言 | Comments(4)  

五月晴れに舞う日章旗と鯉のぼり、実は?

昨日から、日本はゴールデンウィークに突入し行楽やレジャーを多くの人が
楽しんでることでしょうが、サンデー毎日の私は人ゴミはイヤなので近場でブラブラ!
幸いなことに、九州地方は、お天気にも恵まれて、かつ気温も25℃を越えて
半袖で爽やかな風が気持ち良いって思える気候になってます!

今の季節は、子供の日も近いと言うことで鯉のぼりが、日本の各地で見れますよね!
今日は、面白いと言うか、なんでこんなところに?って思える写真を!

b0181748_1135042.jpg
気持ち良く、五月晴れに舞う日章旗と鯉のぼりです!
                     ↓
答えは、下の方をご覧ください!

                     ↓































































こんな崖の上で日章旗と鯉のぼりは、舞っていたのです!
ちょっとビックリでしょう?
鹿児島から長崎に帰る途中で見つけた不思議な光景でした!
b0181748_1137148.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by aibiki2009 | 2017-04-30 20:00 | 独り言 | Comments(6)  

大学病院は、受診も大変!

長崎大学病院は、数年かけて、随時、建て替えており、随分大きくなりましたね!
病院診療・入院はそのまま続けながらの改築作業だから、なかなか完成しませんで
もう10年くらい続いてますかね!
私は今、ほぼ、毎月、通院してるから、病院の利用方法やお会計、診断室などは
黙っていても、方向感覚と目的地は間違わない!

だけど、たまに来る人は、キョロキョロして自信なさげで、目が泳いでいるよね!
だから、初診ってすぐわかります!その中でも、老人さんは、とりわけオロオロしっぱなし。
どこを、どう行けば良いのか、お会計はどうすればいいのか(自動精算機)
採血室に待っていても、なかなか呼ばれないので、飛ばされたのでは?などなど!

b0181748_17223070.jpg
私が時々行く心電室、老人さんはまったく分からない。
だから、長崎大学病院は黄色い線を追いかけて歩いて下さいとなってます!
b0181748_1722456.jpg
けっこう歩かないと着きませんから!
b0181748_1724395.jpg
お~~~ありましたありました!
b0181748_1724810.jpg
病院も患者さんのために、季節感を演出してます!

入院も数回したし、毎月受診で行ってるし、ほんとは良くないけど、
長崎大学病院のベテランですよ!(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by aibiki2009 | 2017-04-29 20:06 | 独り言 | Comments(4)  

肥薩おれんじ鉄道線!

鹿児島からの帰りに海岸と連なって走る肥薩おれんじ鉄道を見た!
これは昔の鹿児島本線と聞いて、あまりにも可哀想って思った!
何故なら、細々と1車輛のみが、さみしく運転されていたからです。
きれいな海岸線を走るのに、あまりにも勿体ないと!

肥薩おれんじ鉄道線とは、熊本県八代市の八代駅から鹿児島県薩摩川内市の
川内駅に至る鉄道路線であるが、九州新幹線が開通するまでは、鹿児島本線だった。
そう、元はJR九州の鹿児島本線の一部で、たいへん重要な路線だったのに!
b0181748_15332174.jpg
牛ノ浜駅付近を走る肥薩おれんじ鉄道の車輛!
b0181748_15355166.jpg
通過して行った車輛を慌てて撮影したんです!(後ろ姿が何とも寂し過ぎる)
b0181748_1529217.jpg
電化が残る牛ノ浜駅を撮影しました!
2004年の九州新幹線の開業に伴い、肥薩おれんじ鉄道へ経営移管された。
全区間が交流電化されているが、交流対応車両が高価なこともあり、
旅客列車は気動車を使用して運行している。
鹿児島本線だったころの普通列車は475系や717系などの電車で運転されていたのに。

新幹線が、開通すると、残った路線はこうなるのだ!(悲)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by aibiki2009 | 2017-04-27 20:08 | 独り言 | Comments(4)  

今が旬のデコポン!

1972年に長崎県の農林水産省果樹試験場口之津試験場にて
『清見』と『ポンカン』をかけあわせてつくられたのがデコポンのルーツ!
その後、古くから甘夏の産地として知られていた熊本県の不知火町
および周辺地域では1975年頃から甘夏に代わる柑橘を模索していたという事情も
重なって、不知火海沿岸の宇土半島、天草諸島、葦北地方などを中心に広がってます。

最初は、夏ミカンと思い、母が美味しいって言うのを疑っていたのです!
「騙されたと思って食べて見なさい」と言われ、1片だけ食べた。
そうしたら、夏ミカンのように酸っぱいと思っていたから、その美味さにビックリ!
それからは、この季節に店頭に並ぶと、必ず買うようになりました。
価格もバラバラで、ハウス物のデコポンは、かなり美味いけど、やはり高いですね!

b0181748_19225221.jpg
デコポンですが、東京在住時代は、まだ認知度が無いのか、知りませんでした!
そして、長崎へUターンしてから初めて食べました!!
b0181748_19281063.jpg
今、露地物も出だしたので、値頃なデコポンがいっぱいで嬉しい!
近くにある直売所では、お安くいっぱい売ってるので、定期的に買ってますよ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by aibiki2009 | 2017-04-09 19:35 | 独り言 | Comments(4)  

しま留学生で、なんとか!

以前も書いたけど、長崎県は島が多い!
大小いっぱいあって、そこには人が生活している!
昔は、島の生活も漁業が盛んで、それなりに潤っていたが、魚が獲れなくなり
衰退の一途、土地も肥えてないので生活は大変で、人口は減少するばかり。

五島市に、久賀小中学校って言うのがある。
そう、生徒が少ないので、小学校と中学校が一緒になってる。
五島市の久賀島にはかつて、分校を含め、4つの小学校と2つの中学校が!
だけど、児童生徒の減少で、今は、小学校と中学校を併設した久賀小中学校だけ。
歴史的に見ると、遣唐使も寄港したと記録もある歴史的に貴重な島だ!

b0181748_1195763.jpg
五輪港(重要文化的景観)
今年度は、小学校に入学する児童はゼロ、中学校の新入生3人が入学式に!
このうち、佐賀県鳥栖市から来た藤井宇宙さんは、五島市の「しま留学生」です。
この制度は、児童生徒の減少を食い止めようと市が、ホームステイ先を紹介して
島の外から子どもたちを受け入れるもので、昨年度から始まってます。

久賀小中学校は、児童生徒の数が12人で、このうち半分の6人が「しま留学生」です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by aibiki2009 | 2017-04-07 19:55 | 独り言 | Comments(4)  

稀勢の里に連敗した照ノ富士の気持ち!

大相撲の千秋楽は、大どんでん返しでしたね!
相撲好きな私も、最近は中継ではあまり見なくて、ダイジェストが多いが
さすがにこの日はリアルタイムで見てました!
解説をしていた北の富士さんも、土俵に上がっただけでも素晴らしい本当は
休場したほうが良いのではと言っていたくらいでした。

結果は皆さんが絶賛して感動したと言うご意見がいっぱいの結果で大逆転!
観点を少し変えて、千秋楽で手負いの稀勢の里に1差をつけていながら、
本割・優勝決定戦と連敗を喫して2度目の優勝を逃した大関照ノ富士の気持ちを考えた!
テレビの中継を見ていたが、敗れた直後、土俵でぼう然とした表情が忘れられない。

14日目は、大関復帰に燃える琴奨菊を、立ち合い変化をつかってまで退け、
ブーイングいっぱい受けながら勝負に徹していたよね。
次の日は、稀勢の里が立ち合い変化したが誰もブーイングは言わない
あの状態では当然だと言う、しかし、照ノ富士も古傷の膝を痛めていたようなのです。

優勝決定戦で、逆襲の小手投げを受けて残しきれず転がされ、土俵に腰掛けるような
態勢で、ぼう然としたような表情を浮かべた。
暫くのぼう然から立ち上がり乱れた大銀杏で、呼吸を整えて一礼。
新横綱への喝采が響く中、静かに引き揚げた。

きっと悔しくて、稀勢の里とは違う涙が溢れたのでは?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by aibiki2009 | 2017-03-28 19:59 | 独り言 | Comments(6)  

音楽業界の凋落!

レコードやCDが売れていた頃、よく目にしたのはヒット曲も多くて100万枚
売れたとか、200万枚売れたとのニュースでした。
当時は、オリジナル曲がヒットすれば、印税でぼろ儲けって思ったものでした!

先日、倖田來未がオリコン1位、2位を獲得したとのニュースでしたが
驚いたのは、その売れた枚数、1位が2万246枚、2位が2万157枚とのこと。
ファンは、たった「2万枚の売り上げで1位を獲れてしまうのか」とタメ息まじりだって。
今後、まだ売れると思うけど、私もあまりにも少ない売れ方にショックだったです。

b0181748_18113389.jpg
3月8日に同時発売された『W FACE ~outside~』と『 W FACE~inside~』

最近は、CDを買わないでダウンロード配信や動画の広告料などもあって
昔と単純比較はできないが、CDがあまりにも売れてない。
CD全盛期と比べれば、音楽業界の凋落は火を見るよりも明らか。
私が思い出す昔からの有名なレコード会社、キング、ビクター、東芝EMI、CBSソニー、
日本コロンビア、日本クラウン、ポニーキャニオンなどがありましたが、どうなってるんだろう?

Youtubeなどで、簡単に無料で曲が聞けるようになったのが要因かもな~?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by aibiki2009 | 2017-03-21 19:56 | 独り言 | Comments(6)  

角煮まんじゅう!

今日は食べ物のお話を!
長崎発の、チャンポン、皿うどんは超有名で、もう全国区ですよね!
その後は、トルコライス、ハトシなど、いろいろ長崎発で新しい食べ物が
紹介されてますが、いまひとつ伸び悩みかな!
その中で、新しい長崎名物の一つとして全国的に有名になりつつある人気商品がある。
それは「角煮まんじゅう」です。



元々は長崎の郷土料理である「卓袱(しっぽく)料理」のメインディッシュであった
「豚の角煮」をアレンジして作り上げた物なのですが、これが長崎の新名物に。
とろりと口の中で溶ける味わいは、多くの人を魅了してやまない逸品です。

卓袱料理は、高級料亭で食べる長崎のコース料理!
ふだん、なかなか卓袱料理は食べれないがこの角煮饅頭は、その角煮を
フンワリの饅頭で包んでいてお手頃で食べれて、私の娘が長崎へ来た時
食べさせたら、すごくお気に入りになってしまった。

と言う訳でこの角煮まんじゅうを紹介しましたが、工場が隣町にある!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by aibiki2009 | 2017-03-09 20:28 | 独り言 | Comments(8)  

九州に豪華客船が寄港する理由!

b0181748_1702672.jpg
今月もつぎつぎに長崎港へ寄港してる客船!
b0181748_1792319.jpg
毎度おなじみのクアンタム・オブ・ザ・シーズ!

世界のクルーズの中心はカリブ海を中心とする北米・中米ですが、中国の経済発展が
進むにつれてアジアの市場も大きく成長しているのはご存じの通り。
昨年の外国企業の運航するクルーズ船の日本への寄港は、九州がその半分近く
を占めておりまして、博多港が日本で最も多い寄港回数です。
次が長崎で、その次が沖縄の那覇だったようです。

なぜこれだけ九州沖縄に多いのかといえば、寄港地としての魅力ももちろんですが、
それには大きな理由があります。
外国籍の船舶や航空機には、「内国間輸送の禁止=カボタージュ」という法律があり、
日本国内で載せた乗客を単純に国内の目的地に輸送することができないのです。

そうなると日本を発着地とする外国企業のクルーズは、必ず日本から出て
海外の港に寄港して、戻ってくる必要があります。
その点、九州発着であれば、韓国の釜山や済州島(チェジュ)、上海などに寄港して、
1週間程度のクルーズを企画することができますが、東京や横浜などであれば
かなりスケジュール的に厳しいとのこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by aibiki2009 | 2017-03-08 20:37 | 独り言 | Comments(4)