<   2009年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 

今日は、歯医者へ

華やかな昨日のブログと打って変わり、今日は悲惨なお話を。

悲惨と言うか、痛いと言うか?
実は、ライブの頃から、ずっと歯が痛かったのです。
でも、ライブでは、そんな雰囲気は出せません。
つくろって、笑顔で、かつノリノリでステージをこなしました。

ステージの日が来る前に、歯医者に行こうと思ったんですが、歯を抜かれて
歌を歌うどころじゃなくなっちゃまずいので、ステージが済んでから行こうと
決めていたんです。

b0181748_23401852.jpg


それを今日、決行したんです。
やっぱりと言うか、結局と言うか、歯槽膿漏の為、歯がガタガタだったので
抜歯となり、抜かれました。
その時は、歯の付近に、麻酔の注射を打たれ、感覚が無い状態にされた。
そして、抜歯だ・・・。

b0181748_23393567.jpg


歯医者の先生から、抜いた歯を見せられました。
もう生えてこない歯だ。
悲しかったよ・・・・。

こうして、人間は衰えていくんだな~・・・・。
ライオンなど野獣は、年老いて歯がボロボロになり獲物を追えなくなり、死んでいくんですって。
歯磨き粉のコマーシャルじゃないけど、「歯が命」って本当だな~・・・・。(泣)

皆さんも、人ごとじゃありませんよ。
歯を大切にね・・・。
[PR]

by aibiki2009 | 2009-07-31 23:42 | その日の出来事 | Comments(2)  

ディナーショー2弾終了しましたよ。

7月29日(水)、長崎ルークプラザホテルにて
サマーディナーショーに出演致しました。

その時の、ポスターがこれです。

b0181748_19122270.jpg

ポスターに写ってるメンバーの写真は、宮崎のパームビーチホテルで撮ったのを使用しました。

b0181748_17532690.jpg

長崎の稲佐山の中腹に、そしておしゃれに建つ、ルークプラザホテル。

b0181748_1865167.jpg


入り口に入ると、綺麗で広い、エントランスがお出迎え。
この時点で、もう気合が入るのです。

b0181748_18512412.jpg


今回の目玉はこれだ。
そうです。
PAが最高のスタッフと機材なんです。
PA会社のスタッフが5名も張り付いてくれました。

b0181748_18515615.jpg

このスピーカーを見て下さい。
片方だけで、4台です。
両方ですから、8台のスピーカーだ。
下の2台は、かなり大きい。
今まで沢山のPA会社の機材でライブやりましたが、今回が一番かも。
これを見て、俄然、やる気と燃えるものが、フツフツと沸いてきたよ。

リハーサルだけど、気合いっぱいで終了だ。
私は、ちょっと、飛ばしすぎたな~。
本番に取っとけば良かったよ・・・・。(笑)


b0181748_18561340.jpg


リハーサルが終わり、休憩だ。
控え室に案内されたが、りっぱな部屋だった。
そして、ここからの眺めが、また最高なんです。
だって、ホテルの1室から見えるのは、オーシャンビューならず、ハーバービューなんです。
思わず、パチリ。

b0181748_2131376.jpg


ホテルの窓から、ちょっと幻想的に撮って見ました。
撮ってみて、これは素敵って、自己満足。
皆さん、どうですか?

b0181748_18563666.jpg

今度は、先日紹介しました、長崎の居留地跡の東山手付近をズームアップだ。
山の上まで住宅や建物がいっぱい。
この現状、凄いでしょう?
火事があったら、どうするんでしょう?
いつも心配してしまう・・・。

本番までの空き時間は、景色を見ながら、かつホテルが用意してくれた食事で
暫しのリラックスタイムを過ごしました。

b0181748_18585511.jpg

さ~いよいよ本番スタートだ。
素敵なライブにするぞ~~~~~。


b0181748_191663.jpg

もう1人の女性ボーカルも、集中している。

b0181748_2135456.jpg

我々は、音楽的にも頑張りますが、ビジュアルも大切なので、気を使っている。
見た目でも勝負している。
b0181748_1923622.jpg

オールディーズバンドも出演するので、若い女性もいっぱい。
b0181748_1973816.jpg


今回のフラダンスに出演する女性は、主催者により厳選し、
綺麗どころをチョイスしたようだ。

いや~~美人だったよ~~~~~。

b0181748_1992496.jpg


女性のお客さんも、おもわずウットリだ。
スタイルが良くて、スマイルを忘れず、かつ美人の若い女性のフラは、本当にキレイです。

b0181748_19145996.jpg


若い彼女らの先生かも。
私の歌で、ソロの踊りだ。

b0181748_19161081.jpg


女性ボーカルの曲で、別の踊りです。
衣装がかわいい・・・。

b0181748_19172220.jpg

250名完売の観客だ。
このホテルの一番大きい部屋です。
有名な芸能人が、ここでディナーショーをやります。
私が知ってる限り、布施明、松崎しげる、松平健などがやりました。


b0181748_19194972.jpg


我々の持ち時間が終わりに近づいて、フィナーレの曲だ。
フラの皆さんもステージに集合し、皆さんとお別れです。
自分で言うのも何ですが、いい出来のステージだったんじゃないでしょうか?

だって、あのPAですよ。
悪い訳け、ないじゃないですか?
バッチリです。
こう言う機材でのライブは、もう無いかも・・。
歌っていて、気持ちイイ、気持ちイイ。
返しのモニターも5台もあり、自分の声がバッチリ聞こえるし。

b0181748_19203361.jpg


共演したバンド。

ジャック・インザ・ボックスのステージです。
全員で、8名の大御所だ。
b0181748_19204597.jpg


女性のボーカルは上手かったな~。
[PR]

by aibiki2009 | 2009-07-30 23:10 | 音楽全般 | Comments(6)  

静岡から来たお坊さん

今日は、亡くなった親父の月命日。
お坊さんが、お経を上げに来る日でもある。
これは、毎月のこと。

普段、今日の火曜日は、母は、デイケアーに行く日だが
お坊さんが来るので、デイケアーをお休みしていた。
だから、私も一緒に待機して待ってた。

近くに住んでる姉も、この日は仏壇に飾る花を持って来る。
姉は、この日を毎月のスケジュールに入れて、必ず来るのです。
だから、一緒に、お坊さんが来るのを待ちました。

普段、お坊さんは、11時ごろ来るんですが、今日は来ません。
12時過ぎても、12時半になっても来ないんです。
母が、「お寺に電話してみるよ」って言います。
「忘れてるんじゃないの?」って・・・。

母は、耳が遠いので、相手の声も聞き取れない。
だから、私が電話することに。
江戸時代から続く、けっこう大きいお寺だから、受付担当がいる。
電話したら「すみません。今日、突然、葬儀が入りましたので、遅れてます」って言うじゃないですか。

普段お寺は、事前に私の家に来る時間帯を電話してくれるのに、今日は無かった。
午後から、用事がある私は、もうイライラです。
明日、またディナーショーへの出演があるので、やることがいっぱい。

結局、来たのは午後2時頃だった。
お坊さんに、苦情を言ってしまったよ。
「葬儀などで、予定が変更なら必ず電話下さい」って・・。
こっちもスケジュールがあるのですって。


b0181748_20292792.jpg



今日来たお坊さんは、平謝りしていた。
初めて見るお坊さんだ。
お経が終わって、世間話をしたけど、半年ほど前に、静岡から来たと言うじゃないですか。
坊さんの就職って、全国規模で動くんだな~って驚く・・。
また、お寺の内情も聞くことができた。
お寺って、昔の武家社会のお殿様と同じで、子供がいなかったり、娘ばかりで跡継ぎが居なくなったら御取潰しだってね?
だから何とかして婿養子を取るらしい。

それも出来ない時は、本家から別の坊さんが着任するんだって。
だから、お寺は自分のものじゃないんですよって。
「へ~~~~~~」ってなもんです。(笑)

そして、その坊さん曰く、長崎の地理もまだ、中途半端にしか覚えてなくて、お宅訪問にも時間が掛かるんですよ。
山の中腹まで家が立ち並ぶ長崎。
そう言う所にあるお宅に伺う時は、途中までバイクで行きます。
そして、自動車道路がない階段の上の方にある家には、バイクを置いて、そからは、テクテク登りますとも言う。
これがきついんですよ、長崎は、すごい街ですよねって。
「平地がほとんどの静岡市内から来た私にとって、長崎は、たいへんな街ですよ」って嘆いていた。


分かる分かる。
昨日書いたブログのように、山の上にお宅がいっぱいあるのですから・・・。
「真夏に袈裟を着て、坂道を歩くはもっとキツイよ」って脅しましたよ。
その坊さんは、「ハ~~~、そうですか」って、目が点になってました。(笑)


もう怒りはスッカリ消え去り、可哀想になりましたよ。
[PR]

by aibiki2009 | 2009-07-28 20:43 | その日の出来事 | Comments(5)  

長崎散策-7 南山手の裏側を歩く

長崎は今日、やっと晴れました。
皆さんのところは如何ですか?
今年は、梅雨が明けないのじゃないかと思うほどですよね?
今日も、昨日に続いて長崎散策をお届け致します。


昨日、紹介した居留地跡付近が表の顔としたら、今日紹介する所は、裏側かな?
この付近にも、当然一般住民が住んでいる。
それも、グラバー公園がある高台付近まで、ギッシリと。

その付近の住民は、当然急な坂を歩いて、買い物など行っていた。
昨今の、高齢化でおじいちゃん、おばあちゃんなどは、キツイキツイ。
そこで考えられたのが、これだ。
b0181748_1634446.jpg


これは、グラバースカイロードと言います。
平成14年、日本で初めて道路として作られた斜行エレベーターです。
崖を這うように斜めに登っていきます。

こんなの、絶対長崎独特のものじゃないでしょうか?
道路として扱ってる。

路面電車の終点「石橋」電停からほど近いところにあり、二つのエレベータを乗り合わせると、グラバー園の一番上の第2ゲートへ行くことができます。
けっこう高いですよ。
そして、これは公共のものとして、無料で普段の生活で乗れます。
ここには歩いて行ったので、乗ってみましたが、快適。

近所で買い物を済ませたおばちゃん、おばあちゃんがたくさん乗り込んできました。
坂が多い町、確かにすごく便利ですよね。

b0181748_174911.jpg


2つ目のエレベーターです。
これに乗ると、グラバー公園の上に行けるし、一般住宅地にも行ける。
勿論、これも無料
b0181748_17222523.jpg

2つ目のエレベーターが到着した所から見える、目の前の景色だ。
長崎の住宅事情が垣間見れる。
山の上まで、民家がいっぱいだ。

b0181748_17224335.jpg

凄いでしょう?
そして、ここが、かなり高いってことが分かるでしょう?

b0181748_17225899.jpg

アップで撮影してみました。

b0181748_1721674.jpg

「ロシアコンスイ坂」
ここら辺は、高台なので当然、坂や階段ばっかりだ。
そして、それぞれにユニークな名前が付けられている。
この坂は、「コンスイ」 とはロシア語で領事館を意味し、居留地時代近くにロシア領事館があったことからそう呼ばれているそうです。
長崎には、ユニークな名前の坂がたくさんありますが、これもそのひとつですね。



b0181748_1723888.jpg


「ドンドン坂」

映画やテレビなどでも有名な、長崎を代表する石畳の坂道。
雨が降ると水がドンドン流れるのが名前の由来らしいです。
おもしろいですね。

b0181748_17343841.jpg


ドンドン坂を下から写すとこんな感じです。

b0181748_17351743.jpg


もっと上から写すとこうだ。

b0181748_17361947.jpg


水が流れやすいように、V字の溝になってるのが、ポイントです。

b0181748_1758226.jpg

「南山手地区街並み保存センター」
明治中期築の洋館。
このあたり(居住地エリア)の500分の1サイズの模型や資料・写真などを見学できますよ。

b0181748_17372328.jpg

「祈念坂」大浦天主堂に続く急な階段の坂道。
さだまさし原作の、映画「解夏」のロケ地として有名。
向こうに見える長崎港の風景がなんとも言えず情緒的でしょう。

向こうに見える風景がポイント。
b0181748_17504692.jpg


旧香港上海銀行長崎支店記念館

明治37年築の元銀行です。
長崎市内に残っている洋館では最大規模のものだとか。
今は多目的ホールや資料館として利用されているそうです。
私もここでライブしたことがあります。
銀行の中でライブしてるって不思議でした。


b0181748_17511954.jpg


道路側から、全体を写しました。
[PR]

by aibiki2009 | 2009-07-27 18:10 | 長崎散策 | Comments(4)  

長崎散策-6 外人居留地を歩く(南山手)

長崎を旅する時、キーワードがいろいろある。

異国情緒、原爆による被災、江戸時代の唯一の貿易港、長崎初めてのモノ、などなど。
今日は、その内の、異国情緒が味わえる地区を紹介しましょう。
異国の人が住んでいた居留地付近に行くと、それが味わえる。

先日、ディナーショーをやった全日空ホテル・グラバーヒルの横にある坂を登って行くと居留地跡だ。
そこは、異国に来た雰囲気を味わえる。


b0181748_15571447.jpg


長崎観光に来た人は、ここから登る。
左側にある木のグリーンで見えないが、左側には、全日空ホテル・グラバーヒルがデンと構えているのです。

b0181748_1557292.jpg


坂の途中にある、ボーリング発祥の碑。
良く見ないと、見過ごしてしまう。
b0181748_15574211.jpg


登って行くと、国宝・大浦天主堂が見えてくる。
日本最古と言われている木造教会。正式名称は「二十六聖人殉教聖堂」、別名「フランス寺」。
秀吉の時代、処刑された26人に捧げるため、1865年に建てられたそうです。
250年ぶりに隠れキリシタンが見つかった「信徒発見の教会」として世界的にも有名。
教会の中で100年以上前のフランスのステンドグラスを見ることができます。

b0181748_179184.jpg

後ろから見た、大浦天主堂です。
b0181748_15575330.jpg


アップにてどうぞ。

b0181748_1715834.jpg


そこから、もっと登るとグラバー公園だ。
長崎港を望む丘の上の外国人居留地だった場所に、市内にあった9つの洋館を集めている。
メインが、英国商人グラバー氏がゲストハウスにした洋館だ。
長崎一の観光名所だ。
石畳の遊歩道やたくさんの花が咲いている庭園。気持ちよく散策できます。

b0181748_1771883.jpg


位置を変えて見て下さい。
b0181748_1732597.jpg


ここに行くには、坂がキツイので、登り用にエスカレーターがあるのです。

b0181748_1753050.jpg


旧三菱第2ドックハウス・順路に沿って行くと最初に現れる洋館。
なのでついつい写真をとってしまう。
その昔、外国船の乗組員が宿泊施設として利用されていたとのこと。
園内1番高い所にあるので、ここからの長崎港の風景は最高です。

b0181748_17103790.jpg


中に入ると、当時の食事の風景を展示してる。鏡などもあるが、総て位置が高いのです。
グラバーさんが、長身だったことがわかります。

b0181748_1711126.jpg


ここから長崎港を眺めた風景
b0181748_17134247.jpg


その他洋館ー1
b0181748_171471.jpg

洋館ー2
b0181748_17163278.jpg

洋館ー3

おまけ。


b0181748_17144925.jpg


大浦天主堂の裏側に、祈りの3角ゾーンと言われるところがある。
このあたりは、大浦天主堂、妙行寺、大浦諏訪神社という、教会、寺、神社が接する「祈りの三角ゾーン」と呼ばれているそうです。

左が神社の鳥居、真ん中のグリーンのトンガリが教会、右がお寺の入り口の3つの交差点だね。
私も歩きましたが、よく注意して見ないと、何の気なしに通過してしまう。
車では見れない、歩かない・・・。
長崎らしい場所だと思う。
この場所でお願いすると、どこかのの神様が願いを叶えてくれそう。。。

次回は、ここら辺を裏側から歩いた時や、長崎でしか経験出来ないものを紹介しますね。
お楽しみに。

つづく。
[PR]

by aibiki2009 | 2009-07-26 17:54 | 長崎散策 | Comments(4)  

還暦だ~~。

ここのサイトで60歳ボーカリストと謳ってますが、本当の誕生日はまだでした。
数えの60歳だから、そして60歳の誕生日がすぐ来るので、そうしてました。

本当は、今日なんです。
1949年7月25日生まれ。
今日で、正真正銘の60歳になりました。

親を介護する為に、数年前東京から長崎へUターン。
当時、両親二人とも倒れたので、取る物も取らず、まず長崎へ帰ってきました。
勤務していた一部上場の会社も辞めざるをえませんでした。
大学から東京へ出て、35年間生活し、スッカリ東京生活が身についてましたから、
長崎へはもう帰らないと思っていた。

でも、今まで苦労ばかり掛け、全く親孝行をしてないことに悩む。
だから人生を変えてでも、今こそ介護しなくちゃって、長崎へ帰って来て、介護を続けたのです。
でも、倒れた両親の片方の親父が1年半前に亡くなりました。
そして、親父の最後を看取り、喪主で葬儀を出し今、残る母の介護を続けているのです。

母は、まだ介護1なので、ある程度は自分で出来きます。
だから、まだ比較的楽です。
その母が「今日で、お前も、もう還暦かい?」って・・・・。
「それは、それは、おめでとう・・・・。」
感慨深けに私に言うのです。

還暦のプレゼントグッズ

b0181748_17563336.jpg
b0181748_17565019.jpg
b0181748_1757865.jpg
b0181748_17572371.jpg


還暦(かんれき)とは、干支(十干十二支)が一巡し、起算点となった年の干支にふたたび戻ること。
現在では、数え年に代わって満年齢を用いることが多くなっため、数え年61歳に代わって満60歳を
還暦とする考え方が一般的になっている。
(還暦と)満60歳の誕生日とは無関係だが、還暦祝いは満60歳の誕生日を中心に行なえばいいらしい。
機会を作ってもらい、そのうちパーティーでもやろうかな?


日本における還暦の祝いでは、本人に赤色の衣服(頭巾やちゃんちゃんこなど)を贈る。
かつては魔除けの意味で産着に赤色が使われていたため、再び生まれた時に帰るという意味でこの習慣があるのです。
でも、若い頃、あの赤いちゃんちゃんこを着た還暦祝いの人を見て、俺は絶対着ないと決めていた。
普段着だって、今までのカジュアルなファッションのままでいい。
老け込む気は全く無い。

だからファッションは、40、50代と全く変わらない。
私の中では、何にも変わっちゃいない。
でも、世間的にはいっぱい変わる。
いわゆるシルバーと言われるようになるからです・・・・・。
とりあえず、シルバー割引がいっぱいあるよな~・・・・・。(笑)

ま~普段飲まない私だけど、今日は母とビールで乾杯しようっと。
[PR]

by aibiki2009 | 2009-07-25 18:03 | その日の出来事 | Comments(6)  

山本譲二・右耳が聞こえない。

今日も雨が凄い、北部九州です。
ここ長崎も1日中雨だった。
まだまだ梅雨は明けない。

大雨で、いろいろ被害が出ているが、豪雨の事は昨夜書いたので今日は演歌歌手・
山本譲二(59)が21日の自身のブログで耳の不調を告白した件について書きたい。

私は、別に彼のファンではない。
でも年齢は、私とほぼ同じだから、他人事とは思えないのです。
半年ほど私が先輩。
でも、学年は同じ。
ヒット曲が出るまでの下積みが長かった苦労人だ。
全日本歌謡選手権に出た頃も知ってる。
私が20代の頃だから相当昔だ。


b0181748_21422647.jpg

2ヶ月ほど前から右耳が聞こえなくなり、病院へ行ったところ耳の中に良性の腫瘍ができていると。
歌手という職業柄、手術を望んだが、手術をすると99%の確率で顔面神経痛が出ることが分かったという。
耳が片方聞こえないって、歌い手には大きなハンデだよね。
私も歌い手だから、同情に耐えない。

でも、手術をすると顔面神経痛が出るって・・・。
顔面神経痛ってどうなるんだろう?
顔面神経痛に苦しんだ女性としては、女優の松居一代さんを知ってる。
テレビでそのときの様子を語ったり、麻痺していたときの写真を公開したこともありましたので
良く覚えています。

b0181748_2149129.jpg


その写真を見て、とてもショックでした。
神経で顔がこんなにも変型するのか~~?
TVで見た事がある人は、記憶に残っていると思います。
あ~なったら歌手として致命傷。
彼が、手術をあきらめるのも分かる。

山本氏は「俺、右の耳は捨てた。左の耳とともに生きていく」と。
ステージやテレビで多くのファンの前に立つことを考慮してか、手術をしないことを決意したとコメントが。
最近、浜崎あゆみさんも、耳の病気を公表したよね。
「右の耳が聞こえなくなっちゃったけど、それってあゆと一緒じゃ~ん!」と言う人がいるかも?

しかし浜崎の場合は左耳の聴覚は「内耳性突発難聴」呼ばれるもの。
多忙なスケジュールの積み重ねによるストレスで発症、徐々に聴覚を失ったと言われており、
山本譲二のケースとは異なるとのこと。

山本譲二は、高校時代に甲子園にも出たことがあるスポーツマン。
体力には自信があったのでは?
発病の原因は不明。
そして、彼も私と同じ、もうすぐ還暦を迎える。
42歳の厄年と同じで数えの61歳も厄年なんです。
色々と病気が発覚する年代だと思います。
これからは、その病気と上手く付き合って、歌手活動を頑張って下さいね。

団塊世代負けるな・・・。
[PR]

by aibiki2009 | 2009-07-24 21:51 | 音楽全般 | Comments(0)  

今日は、長崎大水害が27年前にあった日。

今日も、山口県で豪雨による災害報道があり、死者が11名になったと。
これって、毎年どこかで起きてる。

このニュースを見てる人だって、自分は関係ないと思っているはず。
今回亡くなった人も、去年、災害報道を同じ気持ちで見ていたかも・・。
亡くなられた人のご冥福をお祈り申し上げます。

合掌。

b0181748_22464158.jpg




実は、今日の7月23日は、27年前起きた「長崎大水害」の日なんです。
当時、私は東京で勤務していたので、実際には経験してない。
その状況は、母や姉や弟や友人から聞いたのです。


それは、当時、1時間に187mmの雨量を観測。
これは日本における時間雨量の歴代最高記録となっている。
それが3時間続いたのです。

たった3時間に、梅雨の6月の総雨量に匹敵するほど降ったのです。
まさに、それはバケツをひっくり返した状態が3時間続いたのと思えばいいのです。

長崎市内では23日夕刻までの小雨模様が急変し、夕食や帰宅時間帯に猛烈な雨が集中してる。
16時50分には大雨警報を発して厳重な警戒を呼びかけたものの、折悪しく連日の警報になれた市民の多くは
事前に対策を講じることなく、市民生活を完全に麻痺させたのです。


b0181748_22473379.jpg


水害で破壊された日本最古の石橋「眼鏡橋」

b0181748_2249617.jpg


その後、修復され復活した眼鏡橋。


その他の写真を探したが、訴えが大きく分かる写真は、これくらいしか見つからなかった。
b0181748_22504356.jpg
b0181748_2251065.jpg
b0181748_22513957.jpg
b0181748_22521770.jpg
b0181748_22524563.jpg
b0181748_22544895.jpg
b0181748_22551038.jpg
b0181748_22553013.jpg


また、坂の町としての長崎市の特性が災いし、「水害」の名とは裏腹に
土砂災害による犠牲が溺死者を大きく上回ったのが長崎大水害の特徴。
長崎市内の死者・行方不明者262名のうち88%にあたる231名が土石流や崖崩れによるものであったのです。

私の弟は、その時、車を運転して帰宅途中だった。
でも、道路の水かさが高くなり、怖くなり車を捨てて高台に脱出してる。
それで助かってるのです。
当然、車は廃車にしたようだ。

ちなみに、私が今、住んでる所は、ちょっと高台にあるマンション。
水害の心配は、全くない。
崖もないので、がけ崩れも心配ない。

皆さん、ご安心下さいませ。
[PR]

by aibiki2009 | 2009-07-23 23:02 | その日の出来事 | Comments(4)  

46年ぶり・・・。

今日は、何と言ってもこれでしょう。

これを見ると、人生観が変わると言う、皆既日食。
46年ぶりって?

私が14歳の時か・・・。
まったく思い出せない。
小学生の時もあった記憶が・・・・・・。
その時は、先生の指導の下、透明ガラスにローソクを当て、黒いススでいっぱいにして、
それを太陽に当てて、見た記憶はあるのです。

あれは、なんだったんだろう?

NHKで放送した7月22日の皆既日食特番から、硫黄島と太平洋上の船からの中継ダイ ジェスト映像です。

※硫黄島の映像は、超高速インターネット衛星「きずな」の映像伝送実験によって中継さ れました。

残念ながら、本日の長崎は、けっこういっぱいの曇り空。
一瞬見えたけど、また雲の中へ。
だから、ニュースで堪能しました。


それが、これだ。
見てない人は、どうぞ。

[PR]

by aibiki2009 | 2009-07-23 01:36 | その日の出来事 | Comments(2)  

ディナーショー 無事終了

昨日のディナーショー無事終わりましたよ・・。

昨晩帰って来たのも遅いし、疲れていたので報告が遅れました。
昨日は、7月20日で平年なら梅雨が上がっている時期だけど、今年は長引いてますね。
関東は、早々と梅雨明け宣言があったけど、北部九州はまだです。

当日の会場付近の様子です。

b0181748_1920957.jpg

真正面の建物が会場となった、全日空ホテル・グラバーヒルです。どんよりとしたグレーがかったスナップになった。

b0181748_19231834.jpg


晴れるとこうなる。

ここは幕末当時の外国人の居留地付近なんです。
幕末の英国人商人・グラバーら多数の外国人が住んでいた地域で洋館がいっぱい。
異国情緒いっぱいの付近で、観光客が必ず訪れる地域。

b0181748_19301293.jpg


このホテルの目の前に、チャンポンの発祥店・四海楼が大きくそびえる。
お店には、チャンポンミュージアムもあるすごい大きな中華飯店です。

b0181748_20522248.jpg


中華飯店のすぐ裏は外国船専用の埠頭があり、昨日は外国船が入港していた。
大きすぎて、半分しか入らず。
b0181748_193807.jpg

この船の観光客であろう、外人さんたちが何気なく歩いている。
やっぱりここは異国だな・・・。
そう言う状況の長崎は、、昨日は雨が、降ったり止んだりで生憎の天気でした。
本格的に降ってきたら、お客さんの出足に影響あるよな~って。
夕方には、小降りから雨が止み、お陰様で予定数のお客様が見えてくれました。
b0181748_21154742.jpg

どんよりしたホテル傍の海岸

蒸し暑い夕方の4:45からお客さんを入場させて、まず食事と飲食(ビール、ウイスキー、お酒各種飲み放題)でディナーだ。
そして5:30から演奏開始。
1部、2部、3部の3つに分けての構成。
そして、フラダンスもシッカリ入れて。

フラダンス全盛の最近ですが、主役はあくまでも我々のバンド。
200人ぐらい入れるので
b0181748_20404834.jpg

1番広い会場を使用しました。

b0181748_19441460.jpg


定刻となりライブ演奏始まる。
今回は、私の姉が観客の1人として来ていたので、カメラマンをお願いしたが沢山撮ってくれたが
使えるのが少ないのです。
本人は、食事もそこそこに一生懸命撮ってくれました。
しかし残念ながら、ブレたり、ピンボケ、顔半分などが・・・・・。
その中で、ハッキリしたスナップを使用することに。
b0181748_14155819.jpg


最初からエンジン全開だ
b0181748_20421346.jpg

女性ボーカル頑張る
b0181748_2235311.jpg

出番待ちの彼女・・・美人でしょう。

b0181748_2042384.jpg


リーダーも頑張る

b0181748_21522682.jpg

今回、ドラムもフルセットでがんばる。
フォービートのリズムやラテン、ロックの曲での威力抜群
b0181748_2043982.jpg


譜面台を隠すブルーアイランダースがいいでしょう。
b0181748_20435442.jpg


和服の女性もいましたよ。後ろ姿だけですが、前から見るとすごく美人でしたよ。
休憩中に紹介してもらいましたよ。
b0181748_20441595.jpg

今年も、いっぱいのお客さんが来てくれ、大盛況だったです。

b0181748_21451549.jpg


ダンスする人も出てました。
踊れるスペースを確保し、ダンスミュージックを演奏しました。
b0181748_21593328.jpg


楽しかったライブも無事終わり、長崎の街は「宝石箱をばら撒いたような綺麗な夜景」と共に更けて行きました・・・・・。

このスナップは当日じゃありませんよ・・・。

[PR]

by aibiki2009 | 2009-07-21 22:04 | 音楽全般 | Comments(5)