<   2009年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。
そして、穏やかに初春をお迎えの事と存じます。

私は、新しく生まれ変わった気持ちで、10年度を迎えました。
09年は色々ありましたから。
やっぱり1番の出来事は「冠状動脈心臓バイパス手術」。

今、まだリハビリの真っ最中ですが、復活に向けて
頑張っております。
暖かくなったら、きっと元気になってると思います。
それまで、せっせとリハビリに励みます。

天候も寒波が襲っているみたいで、天気予報では九州も寒い
お正月になりそうです。
雪になるかも・・・・。
こう言うときは、おとなしくオコタでノンビリとみかん食べながら
TV見るのが1番かも。

今年も宜しくね。



これは、私が今年出した年賀状です。
スキャナーで保存致しましたものです。
皆様にも、本物の年賀状をお届けいたします。


b0181748_12191435.jpg

[PR]

by aibiki2009 | 2009-12-31 12:37 | Comments(4)  

久々の曲公開です。FLY ME TO THE MOONー23

その後、リハビリは頑張って続けております。
毎日、1時間ぐらいウォーキングをやっております。
母が帰って来たので、勿論、家庭の雑務もこなしてます。

最初の頃は、とても歩けない状態が続きました。
10分も歩くと、フラフラになり、かつフーフーいって
息切れを起し、その場に立ち竦み、休憩ばかりだったです。
それが、1時間ぐらい歩けるようになりました。

今は、体力、気力を元の元気な時みたく戻す事。
これが、1番の目標。
でも、切開した胸は、まだまだ痛い。
切開した所の真ん中付近は、神経も切られているので
いまだ、感覚が無い所もあります。
このような状態だから、回復している気がしない。

それと同時に、やる気もスッカリ萎えてます。
こんな状態だから、しょうがないです。
ブログの更新も飛び飛びだし。
以前は、シッカリ、書いていましたよね?
更新の頻度が上がったら、元気になって来たと
思って下さいね。

久しぶりに私が作った音源を公開します。
今日、昼間、これらの画像作業をしました。
音源は、以前に作ってました。
新しい音源作りは、まだまだ先になりそう。

こういう作業をやりだしたと言う事は、ちょっと、やる気が出てきたかな?
曲は、ジャズのスタンダード中のスタンダードで、沢山のアーティストが
やっている「FLY ME TO THE MOON」をお届けいたします。
「フランク・シナトラ」のバージョンを参考にしました。

最初は、おとなしく、ベースとギターのみ、そして、後半にはフルバンドでの
管楽器がガンガン唸りだす。
管楽器の音源制作が難しい、難しい、大変でした。
でも、こう言うアレンジの「FLY ME TO THE MOON」を作りたかったのです。
だから、この曲はボサノバでのアレンジが多いが、あえてフォービート
バージョンにこだわりました。

フォービートでのボーカルって意外とむずかしいですよ。
それでは、久しぶりに私のボーカルをお楽しみ下さいませ。



[PR]

by aibiki2009 | 2009-12-27 19:40 | YouTubeで私の歌 | Comments(2)  

母を自宅へ

私が入院するのと同時に、母も入院させた。

当初、私はどこも悪いところは無い、だからショートステイには行かない。
そう言っていた母でしたが、その後、様態が悪化したのです。
そして、入院と相成りました。

今、思い出すと、母を預けた事が、何とタイミングが良かったことか?
ここは、病院とデイケアーが一緒。
だから、ショートステイから、入院に切り替えたのです。
私が入院している最中に、母もゲーゲー吐いて苦しんでいたのです。

心臓や肝臓、腎臓など弱っていたのです。
結果的に、私より長く入院した。
もちろん、母を退院させたくても、私が母の面倒を見れる状態じゃなかった。

その母を、今日、退院させた。
やっぱり、退院は嬉しいようだ。
私も同じ気持ちだったから・・・。

退院させたベット跡

この病院ともお別れ





夕食にって、姉が食事を持ってきてくれた。
そして、私も1人用の鍋セットを買ってきて、作った。
寒い夜だから、体も温まりました。
病院食ばかりの母が、美味しいって食べていたのが印象的。

そして、早めに午後8時すぎには寝かせた。
明日から、早速、デイケアーには行かせるからです。
2~3日休ませようと思いましたが、本人が行くと言うので、行かせます。

やっぱり自宅が良いって言ってます。
私も、同じだったから、気持ちは分かりますよ。
[PR]

by aibiki2009 | 2009-12-21 21:21 | 母の事 | Comments(3)  

最近のことを書く

金曜日に、退院後の定期健診があるので、長崎大学病院へ行ってきました。
車の運転が禁止されてるので、JRを使っていく事に。
マイカーの時は、コートはほとんど着ませんが、こうしてバスやJRで移動する時は
この時期、コートがいる。

タンスの奥から、コートを引っ張り出して、着て出かけました。
ましてや、突然襲ってきた、この寒波。
九州でも雪が降りました。
ニット帽子もいるな~・・。
完全防備で、行って来ましたよ。


分かりにくいと思いますが、屋根に雪が薄っすらと積もりました。寒い時は、心臓に良くないので、完全防備です。(笑)今の病院は、受付や会計を銀行のATMのように、自分で操作して手続きするんですよ。
入院している時を思い出したよ。
病院の中も、クリスマスムードいっぱい。長崎らしい龍踊りの絵が。



今日の日曜日は、ライブを見に行ってきた。
今日も、寒かったです。
これは、我々のバンドのギターとキーボードが、別のバンドを持っていて、ライブだったのです。
このバンドは、オールディーズやロック、ジャズをやってます。
60、70年代の曲が中心かな・・・。
私と、リーダーとマネージャーの3人で見てきました。



バンドのメンバーです。
そのステージシーンです。
格好良かったですし、彼らからパワーを貰いました。
早く、元気になってライブやらなくちゃ。ライブ終了後、Sちゃんと記念撮影。
随分、元気な顔になって来たでしょう?
切開した胸は、まだまだ痛いのですが・・・。

帰りに、3人で食事をしましたが、何だか私の快気祝いみたいになりました。
退院してから、ずっと家での食事だったので、外食は久しぶり。
野菜やサラダ、果物、魚などを中心に病院食みたいな食事をしてきましたから、
今日は、鍋や肉、刺身、てんぷら、茶碗蒸しなどいっぱい食べた。
久しぶりにおいしい料理を堪能させて頂きました。

明日、母を迎えに行ってきます。
いよいよ、家庭の主夫をやらなくちゃいけなくなります。
リハビリ中だけど、ま~~~なんとかなるでしょう。
[PR]

by aibiki2009 | 2009-12-20 23:19 | その日の出来事 | Comments(6)  

体調悪い中、自治会のクリスマス会

私が住んでる自治会で、私が文化部長をやってることは、
以前ここで書いたのでご存知だと思います。

そして、イベントがあるときに限って、私にアクシデントがあるのです。
2年前のクリスマス会の時は、親父が亡くなった直後で、それどころじゃなかった。
でも、自治会長の10分でいいから、何とかなりませんか?

その声に応えたいと思い、イベントに参加したし、実行委員長もやった。
今年は、私の手術でそれどころじゃない。
会場には、PAとかの設備はない。
だから、私がもってるPAセットをいつも提供している。

入院している病院へも会長が、お見舞いに来てくれた。
イベントの日は、先日の日曜日。
私はと言えば、重い物は持てないし、体調悪いし、気力も、動きもさっぱりだ。
でもPAセットがないと雰囲気が出ないし、盛り上がらない。

けっこう大きいツリーを作ったでしょうー1子供と比べるとわかるでしょう。可愛いチアーガールー1可愛いチアーガールー2合唱する子供たちー1応援のお母さんたちサンタは、敬老会会長だ。もう一人は、去年の理事長だ。スッカリ髭づらで、体調悪く老け込んだ私。
そう言う中、良く作業したものだ。
自治会のお母さん達は、私の変わり様にもうビックリしてました。
リハビリの期間中は、ライブもないので、髭を剃らないかも・・・・・。






私は、機材を運んでもらうことで、参加した。
配線は、私しか出来ないので、ユッタリユッタリと繋いだ。
子ども会のチアーリーディングや合唱をやり、サンタに扮した自治会の仲間
からのプレゼント。
いつもの年は、私も「ホワイトクリスマス」と「サイレントナイト」の2曲を披露していたが
今年はそれどころじゃないので、PAに専念。

最後に、ツリーの点灯式をやり、無事終了。
機材もまた、自宅まで運んでもらったのです。
まだ胸が痛いけど、予定が組んであったので、動かざるをえませんでした。
そんな中、良く出来たよ。

その後は、またウォーキングで体を作る日々を送ってます。
[PR]

by aibiki2009 | 2009-12-16 23:24 | その日の出来事 | Comments(4)  

冠状動脈バイパス手術記録-3

ドクターに言われた問題とは、
「剥がして取り付けた血管が異常に細い」と言うことだった。
細すぎて、うまく血が流れないかも・・・・。
「細い所は、針を通して使う糸くらいのところもありました」って。
「もしそうだったら、どうなるの?」
「もう1度手術ですか?」
「別の血管を移植ですか?」
いろいろ質問しまくった。
ドクターは、今は、なんとも言えませんって・・・。
私は、がっくり肩を落としましたよ。(汗・・・)

「取り合えず、薬をシッカリ飲んで血管を大きくしましょう」と言われれた。
血管を広げる薬があるのです。
その薬を朝昼夜の3回、その後しっかり飲み続けました。

b0181748_2211971.jpg
術前のきれいな私の胸。
手術する当日、記念に撮りました。
b0181748_2215011.jpg
退院当日に撮った術後の胸。
これだけでも、凄いことが分かって貰えるでしょう。
胸と胸骨を切開し、手術をしている状態を、姉がモニターを写したものもある。
が、それは、凄すぎるので載せません。



そして、2週間後、その移植した血管を調べる日がやってきました。
この結果次第で、退院か、再度、移植かとなるのです。
当日は、朝から食事なし。
3D造影剤撮影が行われた。
お腹の上に本を10冊ぐらい乗っけられたような物を載せられ、グーと締め付けられた。
「苦しい・・・・」
時々、息が出来ないくらい苦しかったよ。

でも、ここでリタイアしたら、また同じ事をやらされるだろうし・・・。
タイムトンネルのような機械が、私の体を通り過ぎ、心臓のところで止まって
ゴーゴーって怖い音をだして中の輪っかが、グルグル回り続けている・・。

その状態で、ただ黙って寝てるだけ。
すっごく不安な気持ちで・・・。
途中、カテーテルの造影剤が注入されると、からだ全体が「カー」と異常に熱くなる。
いろいろあった、約1時間ぐらいの検査だった。

さらに検査から2日後、その検査の結果が出て、ドクターの個室に呼ばれた。
例の細い血管はどうなったんだろう・・・?
不安いっぱいだった。
ドクターが言いました。
「まず、結論から言いましょう。」
「細い血管は、りっぱに回復してました」
私は「有難うございます」って、思わず、ドクターの手を握っていました。
嬉しくて堪りませんでしたから。

b0181748_22322517.jpg
退院前夜。
穏やかな顔になっている。
b0181748_22353368.jpg
私を主に担当してくれた看護師さん2人です。
あなた達の献身的な看護は、一生忘れませんからね。




自分自身、全く心臓に欠陥があるって知らなかったし、親類、兄弟にも心臓に欠陥がある人
はいなかったから、どうして私が心臓病?
ドクターに言われましたが要因は、生活習慣にあるようだ。
食事、睡眠、タバコ、ストレス、肥満、高脂血症、高尿酸血症など。
これを機会に、しっかり生活習慣を変えようと思います。

ドクターの診断後、3日後に退院。
全開しての退院じゃないが、あとは自宅で3ヶ月を目途に、リハビリ。
帰宅して思いました。
やっぱり自宅は最高だ。

キツイ体に鞭打って、毎日、リハビリ頑張ってやってますから・・・。
 
[PR]

by aibiki2009 | 2009-12-11 22:40 | 病気の記録 | Comments(4)  

冠状動脈バイパス手術記録-2

素晴らしいドクターのお陰で、手術は成功でした。
術後の1週間は、痛みと点滴などのコードがいっぱいでの不自由との戦い。
本当に、きつかった~~~。
でも、今思い出せば、何だか、命をもう一つ頂いた気持ちです。
何も知らずに、生活していたら、突然、心肺停止し、あの世だったかも・・・・。
以前我々のバンドに在籍していたベース担当も、心臓の病気で一昨年、突然亡くなった
から、私はもう1度やり直しの人生を頂いたと思い、彼の分も頑張る。


心臓に疾病がある事を、私の掛かりつけのドクターが、見つけてくれた。
そして、「大きい病院へ行けば、もっと詳しく分かるから、行って来なさい」って勧めてくれた。
そして、「心臓カテーテル検査入院」を行い、心臓に欠陥がある事が分かったのです。
1年間、薬治療を続けまして、1年後又、「カテーテル検査入院」を実施したら、
更に悪化してまして、細くなった血管が、残り20%しか無い状態。
「そのままにしていたら、「死にます」、生き残る方法は、バイパス手術しかないです」と言われ
今回の大手術となった訳です。



b0181748_2116838.jpg
1番きつい頃
b0181748_2117399.jpg
いっぱいの配線fです。
b0181748_21174284.jpg
苦しいよう・・・・。
b0181748_21181983.jpg
切開した骨をくっつける為にゴムバンドをしている。きつくて吐きそうになる。
b0181748_21234890.jpg
退院直後は、本当に、この絵の状態でした。
おしっこ、ウンチなど、何もする事が出来ないので、まるで植物人間みたいだったよ。
しかし、ICU(集中治療室)から出て、ある程度回復したある日、ドクターから術後の説明を受けた。
「今回、手術は成功しましたが、問題が1つあります」とドクターから言われた。
私は、「ドキッ」だ。

つづく
[PR]

by aibiki2009 | 2009-12-09 21:41 | 病気の記録 | Comments(4)  

冠状動脈バイパス手術記録-1

退院して、すぐこの記録を書いている。
退院してすぐなので、まだ色々思い出す事が出来る。
日にちが過ぎれば忘れる事ばかりだから。
入院したのは、09年11月16日、手術日11月19日そして、退院日、12月5日。
合計、20日間。
入院する前に、3週間で退院したい思っていたが、その通りになった。


b0181748_22551639.jpg
手術へ向かう私。義兄が撮ってくれた。
b0181748_2342716.jpg
b0181748_22565239.jpg
手術室へ。ここまでで皆とお別れ。後ろ姿は、マネージャーです。
b0181748_2363221.jpg
この後、手術へ。私の心臓手術ライブ中継のスナップ有るけど、載せるのは、止めときます。





バイパス手術とは、心臓の表面にある冠状動脈という細い血管が動脈硬化でつまったり細くなっている人に、新しい血管を縫いつける手術のことです。
放置しておくと、死に繋がるからです。
これって、30年前にアメリカで始めて行われた手術方法らしい。
長崎での音楽の先輩が、この手術を十数年前にをやっているが、当時、長崎ではこの手術は出来なくて東京の順天堂大学病院まで行って、手術をやったそうだ。
現在では世界中で年間50万件もおこなわれているといわれており、日本でも年間一万人の人が受けているといわれています。

私は、心臓を停止している間に全身に血液を送るために使用する人工心肺という装置を使い手術したが、方法は、まだ他にもある。
心臓も動いたまま、人工心肺も使わないなど全部で3つ。
1番多く行われている方法が、私がやった方法ですと説明を受けたので、それでお願いしました。
そう言う知識は、全くないのですから、ドクターにまかせました。

「昨年、長崎大学で私のような手術は200例以上やったが、全部成功しています」と
ドクターに言われ、生死に関わる手術と不安だった気持ちがちょっと落ち着いた。
手術の方法をおおざっぱに説明すると、一時間ぐらいの間、心臓を停止して、
3個所から4個所の冠状動脈に新しい血管(=バイパス・グラフト)を縫いつけるという手術です。
私の場合、2箇所でしたが、6時間ぐらい掛かったようだ。

手術の状況を少し説明いたします。
胸の中央を縦に切開し、胸骨という骨を縦に切断します。
そして胸骨の裏側(=内側)にくっついている内胸動脈という動脈を剥がします。
この動脈を剥がすのに、1本1時間半掛かった。
2本剥がしたのでこれだけで3時間。

この内胸動脈を、悪い血管、つまり、血管が詰まり細くなり残り20%となって心筋梗塞を起こし、心肺停止し即死する直前までになっていた箇所を飛び越えて、冠状動脈に繋げ
新しい血液の道筋、つまりバイパスを作ってくれたのです。
だから、残り20%しかない場所が、今後、詰まっても生きていられると言う訳。

切開した胸骨は、術後、ワイヤーで固定され、更に胸は縫ってある。
そのワイヤーは一生、私の胸の中に残るのです・・。
骨が安定するのに3ヶ月掛かる。
その間、体をひねったり、そらせたりは禁止、だからゴルフや車の運転は禁止。
重い物を持つのも、4Kg以上は禁止。
勿論、ライブも禁止。

つづく


b0181748_2215113.jpg
内胸動脈と繋がった3Dでの心臓画像。私の本物です。
b0181748_22161060.jpg
その裏側。
[PR]

by aibiki2009 | 2009-12-07 22:49 | 病気の記録 | Comments(2)  

退院しました。

元気に回復しての退院じゃなく,
こういう病院は、ある程度で退院させるようです。


術後1週間は麻酔が取れて地獄の痛みでした。
痛み止めを飲んでも痛かったし・・。
胸を開けると共に、胸骨も切開してます。
そして、心臓へ別の血管を移植したのですから、やっぱり
大手術ですよ。
手術が終わり、胸の骨を止めた金具は、一生、体の中に残ります。

6時間掛かったようですが、私は麻酔で寝てましたが。
家族は、別部屋ですが、手術の様子をライブ映像で見る事ができたようです。
姉はずっと見ていたようだ。
まだ、体力も戻ってないし、切開した傷もかなり痛い。
暫くは、自宅で静養し、体力を戻したいです。

歩いていても、ハーハーだし、フラフラしてる状態なんです。
だからリハビリは、歩いて体力を戻したり、傷を早期回復のため
胸バンドをしてます。
中の骨が早くくっつく様に。
最低、3ヶ月は着けとけって・・。
これが、苦しくて、吐きそうになるのです。

今日の夜の食事は、姉が作ってくれてまして、
退院したことは母には内緒です。
まだ母の事は出来ません。
ショートステイに置いてます。

切開手術で開いた胸骨の骨が固まるのに
3ヶ月必要なので、その間、車の運転禁止、ライブ禁止、
スポーツはもっと後に出来れば・・・。
そう思ってます。

入院中は、有難うございました。
まずは、お礼まで。

aibiki
[PR]

by aibiki2009 | 2009-12-05 15:52 | その日の出来事 | Comments(2)  

退院決定

12月5日に退院が決まりましたが、当分は、リハビリです。
[PR]

by aibiki2009 | 2009-12-03 20:27 | その日の出来事 | Comments(4)