<   2010年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

今年初めてのライブでした。

思い出せば、昨年の11月のキャバレー出演を最後に、バンド活動は終わっていた。
そして、自覚症状が無いままだったが、精密検査で心臓が非常に危険な状態であることが分かり、その後入院と手術。
何だか、夢遊病者みたいに、フワフワした自分がいて別人みたいだった。
その後の年末のクリスマスなどのイベント出演は、何もかも中止にならざるを得なかった。

手術、退院、それから、リハビリを続け、本日、復活のライブでした。
これは、地域のイベントでのゲスト出演でした。
本来のメンバーの内、ドラムと女性ボーカルは今回はお休みです。
演奏曲数は、5曲なので、復活のライブには、丁度適当な曲数だ。
前日の夜、練習だった。
バンドのメンバーとも久しぶりの対面。
私が入院中にお見舞いに来てくれて会って以来。
皆から、「随分元気になったね~~」って激励の言葉をもらった。

今まで、何度もやってる曲中心だったので、感はすぐ戻った。
雨だった前日と変わり、今日は晴天。
気持ちよく、ライブが出来ました。

本番に立てば、ボーカリストの血が騒ぐのでしょう。
まだ痛い胸の事は、スッカリ忘れてライブに没頭してしまう。
ライブを見ていたマネージャーが言ってくれました。
「バッチリ、声出てたよ」って・・・。
「これで、俺も安心したよ」って言ってくれた。

良かった・・・。
入院中のことを思い出すと感慨も一塩だ。
良くここまで復活出来たよって。

今日は、その時の様子をアップします。



本番前の私本番前のベース本番前のマネージャーフラのYさんも出演-1メンバーもアロハだけじゃなく白いブレザーを
外で記念撮影キーボードの彼女はフラも踊り、大活躍でした。
[PR]

by aibiki2009 | 2010-02-28 22:22 | 音楽全般 | Comments(4)  

女子フィギュア・ギリギリの戦いを見終えて

国を背負って、そして金メダルを期待されている各国の女子フィギア選手。
それは浅田真央や、キムヨナも同じ。
彼女達も、ずっと金メダル金メダルと言われてきたよね。

そして、今日、女子フィギュアの決戦のスケーティングを見たが、
彼女たちの神経が磨り減るくらいの激しい戦いは、本当に凄かった。
この疲れは、肉体的、精神的に相当なものでしょう。
見ていて分かるよね。

そして、そのプレッシャーを乗り越えての各選手の完璧な演技。
キムヨナ選手おめでとう。
やっぱり、日本選手をひいき目に見てしまうが、あなたは凄かった。
金メダルは、あなただよ。
素晴らしいスケーティングでした。

そして、浅田真央ちゃん、お疲れ様。
金を取る為にどれだけの時間、練習したのでしょう。
演技後のインタビューで、泣き出した真央ちゃん。
激しく戦う彼女たちが、ちょっと可愛そうになりました。

本当にお疲れ様。
しばらく、静養を兼ねてバカンスでも楽しんで・・・・。
でも、ゆっくり出来ないのかな・・・・。

b0181748_14483096.jpg

[PR]

by aibiki2009 | 2010-02-26 14:51 | Comments(1)  

最近、人生を振り返るようになったよ。

最近は、還暦も過ぎたこともあり、かつリタイアしたこともあって、気持ち的に
余裕も出てきたのでしょうか、ふと人生を振り返る時がある。
果たして、自分の人生はこれで良かったんだろうか?って・・・・。

振り返って見ると30代、40代の頃ってあまり記憶がないのです。
仕事や子育てなどに忙しく、前だけしか見てなかった。
振り返る余裕もない30,40代だったよな。
無我夢中で、毎日を生きていたから。
結婚、出産、子育て、入園入学など社会行事もいっぱいだったしね。

20代は、意外としっかり記憶はある。
そして、最近の50代もバッチリ記憶にある。
30,40代がスッポリ抜けてるのだ。
日にちや、時間が経つのが早く感じだしたのも、30代以降だ。


そして、自分が子どもの頃、見たり、聞いたりして影響を受けた人が
最近、どんどん亡くなっている。
そういう現実を見ると、「そうだよな~、俺も歳喰ったしな~」って。
あの人が、亡くなってもおかしくないよな~・・・・。

確実に時間は過ぎて行ってるのです。
年末に大手術をし、死と言うものと直面したことも、自分を振り返る
キッカケになった。
時間って、意外とあるようで無いぞってってね。

今日の、この日、この時間を有意義にしなくちゃね・・・・。
ふと、そう思う今日、この頃です。


b0181748_1732230.jpg

[PR]

by aibiki2009 | 2010-02-25 17:33 | 独り言 | Comments(0)  

長崎は22,6度もあった。

今日、24日は、移動性高気圧に覆われ、西日本を中心に各地で気温が20度を超え、
5月上旬~下旬並みの陽気。
外で見かけましたが、2月だと言うのに、半袖のTシャツ1枚の人もいましたからね。
これには、ビックリですよ。
2月に半袖のTシャツ1枚って、前代未聞だよ。

鹿児島県南さつま市で23.9度となるなど、最高気温が2月の観測史上最高を記録。
長崎市は22.6度で、1890年以来120年ぶりに2月の最高記録に並んだらしい。
それくらい異常に暖かかったのです。


午後から、母を連れて買い物に行ってきたが、たくさん着こんでいた母は
暑い暑いを連発だ。
買い物を終えて、車に乗ったとき、屋外に止めていた車が暑いのなんのって。
いざ、出発で、本当は窓を開けて、風を切って運転したい。

でも、私は花粉症。
今日の予報は非常に多いだった。
この時期、窓を開けて運転するって、厳禁だよ。
で、どうしたかと言うと、今年最初の冷房をいれました。
そう、窓を開けれないから、2月なのに冷房を入れて走りました。

笑っちゃうでしょう・・・・・。


b0181748_0291580.jpg

[PR]

by aibiki2009 | 2010-02-25 00:30 | その日の出来事 | Comments(2)  

長崎県知事選挙の結果

報告が1日遅れました。
21日の日曜日に、長崎県知事選挙の結果が出た。
結論を先に言うと、表面的には無所属だけど自民党が推薦している候補が当選した。
現体制の時の副知事だった人。

そして、民主党推薦の候補とは、大差だった。
316,603 票 対 222,565 。
約10万票ぐらいも差が出た。
この結果を評論家は、色々言っているが・・・。

去年の夏の衆議員選挙の時、民主党への風が吹いたが今回は、鳩山さん、
小沢さんはじめ、他の議員にも数名政治資金問題が出て、民主党は逆風だったよね。
それと、官僚批判をしてきた民主党の候補者は、元官僚なんだよね。
これも、マイナスポイントだったかな?

今回の結果を見ると、せっかく、民主党は、事業仕分けなど頑張ったのに、
長崎の県知事選での大衆は、民主党をあまり評価してない。
それと、時期が悪かったよね。

評判を落とした張本人の1人、民主党の小沢一郎幹事長は党本部で記者会見し、
長崎県知事選で与党推薦候補が敗れたことについて、かなりの大差で負け、
大変残念だと述べている。
首相のことは別にして、私自身の不徳の致すところでご迷惑をかけ大変申し訳ないとも。
(政治とカネが)決してプラスの要因に働いたはずはない」と述べ、自らの「政治とカネ」
の問題が敗因だったと認め、陳謝したが・・・・。

一方で小沢氏は「国政選挙と地方選挙は有権者の意識も違う」とも述べ、
参院選への直接の影響は否定している。
いやいや、そうじゃないと思うよ、小沢さん。

この反対票が、総て自民党には流れないが、政党不信を持つ人がかなり増えてるよ。
ちなみに、元参議院議員で、プロレスラー大仁田厚は、約10万票で3位落選でした。



b0181748_20204079.jpg

[PR]

by aibiki2009 | 2010-02-23 20:21 | その日の出来事 | Comments(0)  

長崎ランタンフェスティバルへ行って来ました。

今、長崎では、冬の大イベント「ランタンフェスティバル」が行われています。
このお祭りは、長崎在住の華僑の人々が、中国の旧正月(春節)を祝うための行事として
始めたもので、もともと「春節祭」として長崎新地中華街を中心に行なわれていましたが、
平成6年から規模を拡大し、長崎の冬を彩る一大風物詩となりました。
 
期間中は、長崎新地中華街はもとより、浜市・観光通りアーケードなどの市内中心部に、
約1万5千個にも及ぶランタン(中国提灯)が飾られ、湊公園をはじめ各会場には、
大型オブジェが所狭しと飾られます。
それは、見事の一言です。
期間中、100万人ぐらいの観光客で賑わいます。
観光県、長崎にとってスッカリ定着し、ドル箱のイベントに成長した感があります。

そして、私の姉の旦那が宮崎県の出身であることは、以前書いたような気がします。
その親類が、このランフェスを見たいと観光のために訪れた。
姉が食事の準備や、会場の案内とかするので、私も応援も兼ねて、夜の会場を案内しました。
会場では、龍踊り、中国雑技、中国獅子舞などが出演してくれる。
しかし、メイン会場の湊公園は狭いのと、土日は人の多さでほとんど見えないのだ。
場所を移動して、眼鏡橋付近へ。
綺麗だったよ・・・・。

宮崎の人には、本当に、もの珍しいイベントに遭遇したって感じ。
中国色で長崎市内が染まり、ここは中国か?って感じたようです。
暖かいオレンジ色のランタンに感動しておりました。

特に、浜の町のアーケードで龍踊りが演舞した時、数mの近くで見れたので、感動もひとしおだったでしょう。
地元の我々でさえ、目の前で見れて感動しますから、気持ちは分かります。

案内して良かったです。
今日は、その1部を紹介しましょう。


中島川から見る-1
-2
眼鏡橋に掛かるランタン-2イベント会場のランタン-2エイサー演舞竜宮城ランタンアーケードでの龍踊り-2女子高校生の龍踊り別会場での龍踊り-2-3ユニークなランタン-2ー3メイン会場のお供え物孫悟空

とにかく、皆さんを1回ご案内したいですよ。
素晴らしいから。
中国人が、ここは中国より中国らしいと驚きますから・・・・。

[PR]

by aibiki2009 | 2010-02-21 20:58 | その日の出来事 | Comments(3)  

藤田まこと氏訃報に思う。

藤田まことさんが亡くなったとニュースが流れた。
満76歳とのこと。
数年前、病に倒れたニュースは知っていた。
その後、復帰してTVやドラマなど出演していたので
あ~~良かったな~って思っていた矢先だったから
今日の、突然のニュースに驚いている。

時代劇大好き、私の母なんか、ちょっとショック状態。
「もう藤田まことの時代劇が見れないなんてガッカリだよ」って。
必殺シリーズは大好きのようだったし、剣客商売も好きだったみたい。
あ~そうそう、刑事ものも好きだったみたいですよ。

彼の、最近のシリアスな、渋い俳優活動での成功がありますが
私らの年代には、喜劇役者「藤田まこと」の思い出がいっぱいだ。
それは脅威的視聴率をあげた「てなもんや三度笠」が有名。
でも彼が世に出るまでには、いろいろやって来た過去を知る人は
少ないと思います。
歌手、声帯模写、漫談、司会などをやり「ダイラケのびっくり捕物帖」に
出演をきっかけに「スチャラカ社員」出演と続き、やっと世に出た。
あの「長谷く~~~ん」は、今でも良く覚えている。

過去を知ると彼は、根っからの芸人だったと思うよね。
それから、暫く低迷していたが、突然「中村主水」で戻ってきた時は
ビックリした思い出がある。
あの喜劇役者が、シリアスな演技をしてる~~~ちょっと変。
最初は、違和感があったけど、次第にはまり役となったよね。

晩年、奥さんの40億円とも言われる借金問題に苦しみ、家も手放し
かつ、休みも無く年中働いて、返済していたのを聞いて可哀想だと思ったな~。

藤田まことさんのご冥福を祈ります。(涙)

合掌
[PR]

by aibiki2009 | 2010-02-18 18:06 | その日の出来事 | Comments(2)  

普段通りの生活が最高

入院してる時、普段、当たり前にやってる事が出来なくなり、
それらが出来る健康な人が、羨ましいと思った。
その1部を例に挙げてみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自由に何処へでも行けなくなる。
電車、バスに乗れない。
歩いて長崎散歩が出来ない。
車を運転して買い物やドライブが出来ない。
温泉に行けないし、そして手術の為にお湯に浸かれない。
長い期間、シャワーだけだった。
喫茶店にコーヒーを飲みに行けない。
映画やライブを見にいけない。
レストラン、和食処で好きな食事ができない。
ファッションなどの為の買い物にも行けない。
テニスやゴルフなど好きなスポーツができない。
音楽などのライブが出来ない。
もちろん、ボーカルも出来ない。
曲の制作も出来ない。
パソコンでインターネットを楽しめない。
パソコンでゲームが出来ない。
YouTubega見れない。
ブログが書けないし、見れない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まだいろいろ有りますが、今、思い出してこれくらい出てきた。
これらがまったく出来なくなった。
そう言う事って、いままで考えもしなかったし、思いもしなかった事。
これらが出来ないって、凄いストレスだった。

普段通りに出来ることが如何に最高であるかって・・・・。
病院に入って、手術をして、その後退院し、悶々と過ごした術後の生活。
今、思い起せば、リハビリだけで何の楽しみも無い、この時期も、
けっこう辛かったな~・・・・。

何も無いけど、普段通りの毎日と暮らしって、
本当は至極の時間だと気ずきました。
春はすぐ傍まで来ている・・・・・、


b0181748_21224588.jpg
b0181748_21231766.jpg

[PR]

by aibiki2009 | 2010-02-17 21:33 | 独り言 | Comments(2)  

還暦を迎えて「止めたもの」、「始めたもの」、「変えたもの」。

「止めたもの」それはタバコだ。
もともとヘビースモーカーじゃない。
心臓に悪い事もあって、スッパリ止めた。
どんなにいい薬、いいサプリメントを飲んでもタバコを吸うと効果は無い。
ドクターからキッパリ言われましたよ。
人間って生きるか死ぬかの大病をしないと辞めれない。
今回は、イイキッカケだったよ。

「始めたこと」の代表はグランドゴルフ。
地域での講座へ参加したのがキッカケだ。
それまで、テニスはずっと続けていたが、もっと年取っても出来るスポーツは
無いかと考えていたので、勉強のつもりで始めたが、これが奥が深い。

80歳過ぎの老人に私が負けてしまう。
若けりゃイイってもんじゃないのです。
テクニックが必要なのです。
意外と面白い。
老人のやるものとバカにしてましたが、面白くて嵌りそうです。


「変える」楽しみのひとつがファッション。
だって、まったく自由だから・・・・。
今まで抵抗感があって着られなかった服をどんどん着てみたらいいと思います。
だってスーツやビジネスシューズなんか買わなくていいのだから。
まったく必要がなくなりますよ。

それよりもむしろカラフルで軽くて着心地のよいジャケットやウォーキングシューズを
楽しんだほうがいいと思います。
それならば、きっと奥さんも喜んでアドバイスしてくれると思いますよ。

最後に、無くして欲しくないのが、自分のポリシー。
私は、まだまだやりたい事いっぱいだから・・・・。
当面、曲を数曲作りあげなくちゃと思ってます。



数年前のホテルでのディナーショーの時・・1(今とメンバーが2人違う)・・・2
[PR]

by aibiki2009 | 2010-02-16 21:39 | 独り言 | Comments(4)  

久々に新曲公開です。和・JAZZYなバラード曲、「あいつ」を公開しました。NO-25

大学生時代の楽譜を見つけ、パラパラ中身を見ていたら、この曲が出てきたんです。
ちょうど、何か曲を作り始めたいと思っていましたから。
リハビリが中心だったこともあり、又、時間的余裕はあるので、今までボチボチと
音源を作っていたのです。
そして、久しぶりに歌も録音してみました。
ま~ま~声も出ましたので、今回、新曲として公開することにしました。

この曲は、平岡精二さんと言う、日本のジャズプレーヤーだった方が書かれた曲。
日本ジャズ・ヴィブラフォン奏者の草分け。
そして、ペギー葉山は青山学院大学で平岡精二の2年後輩で、
当時、彼の恋人でもあったのです。
平岡・ペギーのコンビの曲では「爪」「学生時代」が有名である。

50年代前半に平岡精二クインテットを結成し、渋みのある音色/抑揚の激しい表現で
人気を博してます。
また、その才能は多岐にわたっており、トランペット/アルト・サックス/マリンバなどを操り、
歌も堪能なジャズミュージシャンであったのです。

ペギーと平岡さんの二人は、結局別れることになる。
ペギーへの想いが忘れられなかったのか、平岡は生涯独身を通し、平成2年、
58歳でなくなってる。
ペギーとの別れに際し、彼女の幼い頃の癖にヒントを得て作ったのが「爪」と言う曲。
この曲をペギーに贈ったと聞いたことがある。
結局、ペギー葉山は、俳優の根上淳と結婚し、現在、社団法人日本歌手協会会長でもある。

そして、今回のこの曲「あいつ」は、ある時、ペギーと喧嘩別れをした後に、よりを戻すために、
「旗照夫」に歌わせ、メッセージを送ったといわれる曲である。
真偽のほどは知らないが、なんとも粋な洒落たジャズマンならではのエピソードじゃないですか。

実は、大学生の頃、若気のいたりで、私にもこのような分かれ方をした彼女がいた頃が
ありまして、 この曲を歌いながら思い出しましたよ。
歌いながらも、胸キュンですよ。
何十年も経ってるのに男って、過去の恋を引きずるんです・・・・。(汗)

今聴いても、とても素敵な「和・JAZZYなバラード」だと思いませんか?
実際の音源は、ジャズコンボでのシンプル音なので、シンプルな作りにさせてもらいました。
そして、バイブの代わりにピアノをヒューチャーしてオケを作りました。

きっと当時としても、ものすごくモダンで新鮮な曲であったに違いないでしょうね。
この曲がヒットした頃、私はまだ小学生か中学生ぐらいじゃなかったでしょうか?
この曲も、いつかは歌いたいと思っていたので、今、とても嬉しいのですよ。(喜・・・)
演奏のオケは、モダンな最近の音を多少入れながら、古さが出ないように制作しました。
そして、ボーカル入れも、極力声を張らないで、抑えた、丁寧なボーカルに徹しました。
こういう素敵な曲を再現出来て、とても嬉しいです。

日本にも、こう言う素敵な曲が埋もれているのです。
今日は、久々に音楽の事を書く事ができました。
ちょっと嬉しい。

宜しかったら、聞いてみて下さいね。




[PR]

by aibiki2009 | 2010-02-14 23:56 | YouTubeで私の歌 | Comments(2)