<   2011年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

「愛の恩返し」

私は、ここで、時々書いてるように母の介護をしております。
まだ介護1なので、寝たきりじゃありません。
ある程度は、自分で出来ます。
寝たきりじゃないので、助かってます。

でも、私がいなかったら、生活は出来ないでしょう。
だって、内臓疾病はあるし、心臓病、糖尿病、腰痛(過去に骨折)、
そして、耳ほとんど聞こえ無い為、身障者手帳があるくらい。

その母は、周4回デイケアーへ通っている。
朝の8時半に、車でのお迎えがあるので、送り出します。
その後は、帰宅するまで私はフリーに出来ます。
帰宅は、午後4時。
もちろん、この時も車で送られてきます。
それまでには、私も自宅に帰っていて、母を迎えます。

その母が、今日は、元気なくそして弱弱しく帰宅した。
私「元気ないけど、どうしたの?」って聞きましたら
母「デイケアーへ行ったけど、ゲーゲー吐いて1日寝ていた」って。
そして、「お昼は、何も食べなかった」って。
帰って来て、そのままベットに寝かせました。
今、ベットで寝ております。

内臓が弱い母は、良く吐くんです。
先日は、間に合わなくて、廊下で噴水みたいに吐きました。
臭かったけど、綺麗に掃除しました。
だんだん、手が掛かるようになってきてます。

でも、私が居ることで、母は安心して老後を送ってます。
若い頃の母を思い出せば、愛情深く、そして慈悲深い女神みたいな女性だった。
そう、私は子供の頃から、その母に、いっぱいの愛を受けた。

今、年老いて、どんどん弱っていく母。
私は、いろいろ大変だけど、その愛の恩返しをしているのです。

b0181748_18355873.jpg

先日のドライブの時は元気だったのに・・・。
[PR]

by aibiki2009 | 2011-03-31 18:40 | 母の事 | Comments(2)  

新しい出会いに乾杯!!!

昨夜は、雨模様だったが、今日は、それも上がり、
とても気持ち良い天気です。
今日は、私が参加させてもらっている、グランドゴルフの会で、
グランドゴルフの大会と花見会が行われた。
この会には、最近入れてもらったので、参加させてもらうのは
初めてです。

こう言う時期なのに、そして東北大震災にあった人には申し訳ないです。
被災地の皆さん、ごめんなさい。
ゲームを始めるに当たり、参加者全員で黙祷を捧げました。

私は、心臓のバイパス手術をして、テニスが禁止にされなかったら
グランドゴルフは始めてない。
始めてないと言う事は、この会にいる30数名の人と
知り合うことはなかった。

何が要因で、人と人との出会いがあるのか分からないものだ。
35年間東京だったので、こちらにお友達が少ないのです。
だから、積極的に参加するようにしてます。
自治会の役員も5年続け、きっと来年も辞められないでしょうね。

グランドゴルフの成績は、良くなかったけど、今日も5人ぐらい
初めての人との出会いがあった。
それまで、全く知らなかった人と・・。
それだけでも、参加して良かったです。

長崎は、まだ5分咲きだけど、お昼は、お弁当とビール、
そして、参加された奥さん達の手作りの差し入れ料理もあり、
花見を兼ねて桜を楽しむ事が出来ました。

新しい出会いに乾杯!!!

b0181748_17153730.jpg
良い感じに桜も咲いている
b0181748_17185997.jpg
大会を終えて、気持ち良さそうな今日の私。
[PR]

by aibiki2009 | 2011-03-30 17:23 | その日の出来事 | Comments(3)  

東京も捨てた物じゃない!!

3月11日の東北関東大震災発生時、関東のほとんどの交通がストップした。
現に、東京に住む私の娘で現役の長女とは、当日は無理だったけど、翌日、電話で無事を確認した。
そして、話をしたが会社から自宅まで歩いて帰っったそうです。

ま~歩いても何とかなる距離だったからね。
そうじゃない、遠くの人は会社に泊まったり、ホテル、カラオケ店、ネットカフェ、
駅で寝た人、色々だったようですね。

次のような記事が載っていた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
埼玉県川越市に住む30代の主婦・Aさんは、外出先の原宿にいた。
電車は完全にストップ。
タクシーを探しても全くつかまらない。

携帯電話も携帯メールもつながらず、駅前の公衆電話に30分間並んで
母親に幼稚園と学童保育にいる子供たちのお迎えを頼んだ。

しかし、夫とは連絡がつかず家に帰るすべもない。
彼女が唯一営業していたカフェに入ると、相席を求めてきた女の子たちのひとりが、
Aさんのお腹が大きいことに気がついた。
彼女は臨月の妊婦だったのである。
自宅までの距離は、絶対、妊婦さんでは歩けない、とんでもない距離。


「すごく心配してくれて、ひとりの子が“彼がこの近くに住んでいるんで、
よかったら一緒に来ませんか?”といってくれたんです。
その見ず知らずの心優しいカップル宅で一夜を過ごさせてもらい、
お鍋をご馳走になり、ベッドまでお借りしました。
本当に救われましたね。夫とも夜8時頃には無事の連絡がとれました」(Aさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

冷たい街・東京とか、怖い街東京とか言って、人情的には悪いイメージがある東京。
いろいろ事件を起こす人もいますが、大多数の人は、まともで良心的。
私は、35年間住んでいたから、分ります。
そして、人情もいっぱい持ってますし、助け合う気持ちは健在です。

この記事を読んで、思いました。
大丈夫、大丈夫、まだ日本人は捨てた物じゃない。
[PR]

by aibiki2009 | 2011-03-29 16:46 | 独り言 | Comments(2)  

スカブラ

聞きなれない言葉である。
何だろうと思い、その言葉が掲載されてるサイトへ。

「イベントは自粛しろ」
「お腹いっぱいご飯を食べるな」
「被災者の気持ちを考えろ」
「こんな事をやってる場合か」

さきの東日本地震後での世間の声だ。

しかし、一切の「ユーモア」が許されない緊張状態が続くことは
良くないとも言われている。
PTSD(心的外傷後ストレス障害)も言われだしてる昨今。
ロックバンド・スピッツのボーカルがこれに掛かってしまったようです。

ここでスカブラと言う言葉が出てくる。
むかし九州の炭鉱会社で働いていた「スカブラ」と言われる人の存在。
しかし私は、この「スカブラ」が何なのか全く知らなかった。

b0181748_1938840.jpg


どう言う存在かと言うと、彼らは同僚たちと炭鉱に降りても、
石炭を掘らずに「エッチな話やおもしろい話をしたり、
みんなにお茶を出したりしている」このような存在だったようです。

会社がスカブラをリストラすると、炭鉱労働者たちの作業能率が下がり、
人間関係もギスギスしていったという。
つまり、大災害が起きてる非常時の現在でも、自衛隊や警察、消防と同じように、
多くの人を笑顔にする「お笑いさん」も必要なのだ。

この言葉の語源は、「仕事がスカ(好か)んで、いつもブラブラしちょるけんたい」
「スカッとしてブラブラしちょるところからきたとたい」といった説があるようだ。
例の炭鉱は、合理化によって、スカブラと言う存在は根絶した。

サボる人がいなくなって、さぞかし職場の生産性が上がったと思いきや、
炭鉱労働者たちは、「坑内に下っても、全然面白うなか」
「スカブラのおらん炭鉱なんち、まったく意味なかよ」
と悔やみ、会社を呪っていたという。

9人が働き1人がサボっていたときよりも、10人の誰もがサボらずに働いたときの方が
「さっぱり能率があがらなかった」「時間が倍にも3倍にも感じられた」これが現実。

いち+いち=2じゃ無いのです・・・・・。
車のハンドルにもあるように、少しの遊びは必要なのですね!!
[PR]

by aibiki2009 | 2011-03-28 19:41 | Comments(0)  

名水百選 幻の名水・轟峡の水 

我が家は、飲み水としては、水道水は飲まない。
1時間半ぐらい掛けて、轟峡にある天然水を汲みに行き
それを飲み水に使うようにしている。

ここの水は、日本名水百選にも選定されているのです。
場所は、長崎県、佐賀県をまたぐ多良山系境川の中流域の渓谷にある。
ここの湧水は有名で、休日ともなると順番待ちで車の列ができます。

ここに水を汲みに行きだしたのは、姉夫婦から聞いたからです。
姉夫婦は、お茶や味噌汁、コーヒー、勿論飲み水にも、この汲んできた
轟の水を使っているのです。

この水は、ミネラルウォーターだから、スーパーで売ってる
「どこどこの天然水」と同じなんです。
昨年の11月に、灯油筒3個分を汲んできましたが、昨日でスッカリ無くなった。

今日も、そこそこいい天気。
よし、今日、汲みに行こう。
母を連れて、ドライブも兼ねて行ってきたんです。

b0181748_17173589.jpg
まず高速道路を使って、諫早市へ。
そして一般道路に出た。
ここから有明海がある佐賀県の方向へ向かう。
轟峡の入り口だけど、ここからまだ5Kmは登るのです。1本道をどんどん登る。
水汲み場へ到着。
やっぱり先人が汲んでいました。容器をいっぱい持ち込んで。横には水神様があり、水汲みが終わると、お賽銭を入れる。(これは気持ちでいい)
水汲み場の下には、轟の滝があります。
帰りには、春を探しながらー1母も楽しいそう。途中に見つけた春。桜が咲いてる所もあった。
まだまだ外は寒い、今日の私。

震災があった東北地方では、飲み水もまま成らないよね。
それを思うと、こうして天然水を飲めるって本当に幸せ・・。
水神様と、無事に春を迎えられたことに感謝です。

[PR]

by aibiki2009 | 2011-03-27 18:12 | Comments(7)  

天気は良いがチョイ寒い。

テレビとDVDレコーダーを設置するだけだった予定が、
思わぬお部屋のレイアウト変更と大掃除を兼ねる
1大イベントになってしまった日々の疲れがまだ残っている。

我が家はマンションの3Fだけど、高台になった所に建ってるので
6Fぐらいの眺めだ。
今日は遅い朝での目覚めだったです。
起きて、綺麗になったリビングへ行くと、レースのカーテンから太陽の光が
射し込んでいる。
先日のブログで紹介した所です。

眩しい目でレースのカーテンを開ける。
そして外を見ると、気持ちよさそう。
でも、私は花粉症なので、そこらへんは無防備ではいられない。
だから、ベランダへ出るのは止めて、窓ガラス越しに外を見るのですが・・。

そうだ、今日はテニスの仲間が練習する日だ。
ちょっとご無沙汰なので、行ってみる事に。
行くと、大歓迎です。
いつでも待ってるから、復帰できるとイイねって!!!

数時間、一緒に過ごしました。
でもね、まだ、天気は良いがチョイ寒い・・・・。

まだ寒い1日だったです。
今日の私。
b0181748_20394614.jpg

[PR]

by aibiki2009 | 2011-03-26 20:43 | Comments(0)  

我が家の地デジ化大作戦~パート2

我が家の家の中は、目茶苦茶の状態ですが、その前にやらないと
いけない事があるのです。
それはね、地元のケーブルテレビの会社に連絡して工事を
しないといけないのです。

・・・BEFORE・・・

b0181748_1895134.jpg
テレビボードと、今までのブラウン管テレビです。
今度は、このテレビを母の部屋で使うように移動しました。
いや~~重かったですよ。

リビングに敷かれている中敷ラグも撤去です。テレビボードを手前に移動しましたが、これが動かなかったですよ。
ビデオテープがビッシリ入ってましたが、撤去して気合で動かしましたよ。


まず、壁に取り付けているテレビ用のジャックを、アナログ用から地デジ用に
取り替えないといけません。
そして、もう一つ、ケーブルテレビでBSやCSを見るためのチューナーの取り付けが必要です。

これは、業者による取り付けの為、事前にケーブルテレビの会社に
申し込んでおかないとやってくれません。
この工事が、今、非常に混んでいて、1ヶ月待ちになっております。
テレビって一家に数台ありますよね。
でも、1台だけは、無料でやってくれますが、次のテレビからは有料になるのです。

よ~し、テレビはサイズピッタリだ!!これが、ケーブルテレビ会社が取り付けたチューナーです。
上の黒いのがDVDレコーダーで、下がビデオデッキ(これは今までのいっぱいあるビデオテープが再生できるように設定した)
おかげで、リモコンが4つにも。(テレビ、DVDレコーダー、チューナー、ビデオ用)

私は、この工事の予約日に合わせてテレビやDVDレコーダーを買ったのです。
部屋の中は目茶苦茶の状態のままで、昨日、この工事をする人を待ちました。
テレビボードを手前まで動かして、裏の配線工事が出来やすいようにして。

まず、その工事請負の方に、予約日の昨日に工事をやって貰いました。
そして、テレビの初期設定や、写りぐあいのテストは、この業者さんが
全てやってくれました。

設定の結果、バッチリ成功ですと業者さんの声。
普段、パソコンを触っている私は、これらの工事など、いろいろ理解できたが、
老人はまず分らないでしょうね。
だって、リモコンだらけですし、テレビガイドが画面で見れるが方法はわかるの?
、地デジ、衛星放送、ケーブルテレビなど、操作も、いっぱい覚えないといけないからね。
「普段は有料でしか見れないCSも半月間は無料で見れますよ」と業者の人が。
ラッキー・・・・・。

いやいや、ラッキーだけど、それより、まずカタズケが先だよ・・・。
これらの配線工事が出来るように、数日掛けて、事前の作業しておりました。
やっと、何とか完成したのが、先ほどでございます。
移動、雑巾がけ、掃除機がけ、飾りつけ、やることはいっぱい。
実は、火、水、木と3日も掛かって事前準備と、かたづけの日々でございました。


AFTER リビングのかたづけ終了で~~~~す。
あの汚かったリビングが・・・・。





どうですか!!!
頑張ったでしょう!!!
ここでビフォー・アフターの音楽を流したいくらいですよ。
もう当分、これらのかたづけはやりたくない・・・・。

[PR]

by aibiki2009 | 2011-03-24 19:05 | その日の出来事 | Comments(2)  

我が家の地デジ化大作戦~パート1

我が家のリビングのテレビは、恥ずかしながら、まだブラウン管だったのです。
録画機もビデオテープ用のまま。
いよいよ、デジタル放送が7月から完全化になり、アナログが見れなくなるよね。
焦るばかりでした。

いよいよお尻に火が付いた状態だ・・・。
そして、テレビと録画機の両方とも、買い換えないといけない。
いま、業界は年度末の決算期、きっとプライスダウンしてるだろうな?
この時期に、絶対、買っちゃおう。

私は、マンション住まいなのですが、マンション全体がケーブルテレビ会社と契約し、
アンテナでの視聴じゃありません。
今までは、アナログ放送だけど、民放のテレビと福岡のテレビ局、映画チャンネル、
NHKBSは、壁に取り付けているテレビ放送用ジャックからテレビに繋げ見てました。

だから、今回も地デジ用テレビとデジタル録画機を買えば、民放も衛星放送のBSも
コードさえ繋げば、すぐ見れると思っていました。
テレビは、テレビボードに入れ込んでるので、その中に入るサイズのテレビを買えば良い。

調べたら、32型までしか入らない。
本当は42型くらいのを置きたいが、入らないのです。
そう言う訳で、先日、チラシを見て、地デジ用のテレビ(32型)とDVDレコーダーを
買ってきました。

b0181748_19152759.jpg
買ったテレビです。
幸いなことに在庫があったのです。
買ったDVDレコーダーです。

接続の作業をするには、テレビボードを動かして、ボードの裏側のコードを
繋ぎ直さないといけません。
でも、ボードの中には、物がいっぱいで動きません。
まず、ボードにある物の撤去から作業開始だ。

テレビボードから撤去した物。
リビングから撤去した物パート2。

もう我が家は、撤去した物で、めっちゃ苦茶になってしまった・・・。
あ~~大変なことになるぞ・・・。
たかがテレビとDVDプレーヤーを変えるだけなのに、家中が目茶苦茶になって行く・・・・・・・・!!!!
これから、どうなるんだろう!!!!!(汗・・・・・・・)
つづく
[PR]

by aibiki2009 | 2011-03-23 19:34 | Comments(4)  

石原都知事が涙・・・。

昨日テレビで、東京消防庁ハイパーレスキュー隊員の原発事故現場で
どのような流れで放水作業をしたのか、特集していたので興味深く見させて貰いました。
隊長が涙ながらに記者会見しているのを見て、その真相を知りたかったのです。

特集を見て分ったのは、放射能を浴びながら、決死の覚悟で作業にあたっていたのです。
それも、隊員は、夜中の3時に東京を出発する慌しさ。
家族、奥さんには取り合えずメールで「出動命令が来たから行って来る」の
コメントを残すぐらいで・・・。

彼らは、選ばれた特殊部隊だから、放射能の怖さを十分知っていての活動。
だから、余計、怖かったとコメントしている。
日本の危機と思い、隊員は志願して、命がけの作業だったのです。
隊長が感極まるのが分りました。
ある意味、戦争の時の上官と部下のようだ。
部下を死なしてならないと思う上官の気持ちが、凄く伝わりました。

原発事故で放水活動を行って帰京した、東京消防庁ハイパーレスキュー隊員らの
活動報告会が東京都渋谷区の消防学校で行われ、石原慎太郎知事は、参加した
115人を前に感極まり、何度も言葉を詰まらせながら感謝を述べたようです。

「みなさんの家族や奥さんにすまないと思う。ああ…、もう言葉にできません。
本当にありがとうございました」。
石原知事は、涙を隠さず、深々と礼をしたと。

b0181748_17301658.jpg


活動報告会に参加した隊員の一人は「あの強気の知事が涙を流して礼を言ってくれた。
上から物を言うだけの官邸と違って、われわれのことを理解してくれている。
だから現場に行けるんだ」と・・・・。

隊員の皆さん、及びその家族の皆さん、本当に本当にご苦労様でした。
心から感謝いたします。

[PR]

by aibiki2009 | 2011-03-22 17:26 | Comments(4)  

やっとお墓参りしてきましたよ。

昨日に続き、今日も朝から天気は良くない。
彼岸の入りが来た事だし、今日こそは、お墓参りがしたかった。
仏教徒は、何故、お彼岸にお墓へいくのでしょう?
真剣に考えたこと無かったですね。

ちょっとだけ調べましたが、太陽が真東から上がって、真西に沈み
昼と夜の長さが同じになる春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の
計7日間を「彼岸」と呼ぶのです。

この期間に仏様の供養をする事で極楽浄土へ行くことが出来ると考えられている。
だから、お彼岸にお墓参りをするのです。
今年は、3月18日が彼岸の入りで、中日が春分の日の今日です。
3月24日が彼岸明けとなってます。


北海道の函館に生まれ、東京生活もあり、そして軍隊や戦争の関係で転々とし
戦後、遠路、長崎で生活することになった親父。
その親父も3年前亡くなり、本家の函館じゃなく、長崎にお墓を作り、眠っている。

午後から雨が上がった隙を見て、母を連れて、墓参りしてきました。
私が長崎へUターンしてからお墓は作ったので、まだ綺麗です。
新しい花に取替え、周りを掃除、そして、ロウソクとお線香をあげる。

拝んだら、やっぱり気持ちが落ち着いた。
この人がいたから、今の私がいる訳だし、娘たちへと繋がったのだ。
「東京の娘達を護ってくれ」って拝んだですよ。

帰りにファミレスでちょっと早い夕食をとって帰宅しました。

b0181748_1754010.jpg
真剣に拝む母です。
90歳まで生きろってハッパかけてますが・・・。
帰りに買ってきたおはぎです。
美味しかった・・・。
[PR]

by aibiki2009 | 2011-03-21 17:59 | その日の出来事 | Comments(6)