<   2011年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

キャサリン妃は素敵。

昨夜は、英王子の挙式を母と見てしまった。
別に、見る予定じゃなかったけど、食事を一緒にしてる時
放送が流れてきた。

母は食い入るように見ていたので、チャンネルを変える事が
出来なかったので、一緒にみることに。
イギリスそのものは、経済的にあまり良くないようで
一般市民には、王室挙式、クソ食らえって言う市民もいるようだ。
職を無くしたり、解雇された人は、それどころじゃないと思う。

でも、多くの市民は祝福の嵐だったよね。
何せ、英国だけじゃなく、英連邦の沢山の国の王室挙式だ。
王子27歳、お妃のキャサリンさん28歳とのこと。
そして、これって、誰でも気になったと思うけど、王子の髪の毛。

27歳にしては、後ろ髪がもう透けて見えてたよね。
あ~~ヤバイって思ったのは、私だけじゃないよね。
それにしても、キャサリン妃の素敵なこと。

スタイル、ルックスどちらも完璧。
もちろん、教養もありそうな感じで、笑顔も素敵。
いっぺんで、ファンになっちゃったよ・・。

そして、キャサリン妃のドレスを支えていた妹さん。
この妹さんも、なんと可愛いことか・・。
私も、娘2人だから、感慨深く見てました。

娘がいる家族は、何と言っても明るい。
輝いていて、華があるよね。
私は、もともと娘が欲しかったので、本当に幸せ者です。

キャサリン妃を見て、娘の結婚式を思い出してしまったよ。

b0181748_19243429.jpg
王子の後髪がちょっと心配
b0181748_19244962.jpg
素敵すぎる。
[PR]

by aibiki2009 | 2011-04-30 19:28 | その日の出来事 | Comments(0)  

レーシック手術

皆さん、この手術って何だか分りますか?
私は、最近までこの事は知りませんでした。
私の知人のお子さんがこの手術を最近やりましたから、知った次第です。

答えは、目の手術です。
レーシックは、メガネやコンタクトレンズに代わる矯正方法。
基本的には、近視や乱視、遠視が治る為の手術で、術後は、1,2や1,5ぐらいになると書かれている。

今まで、目が悪くてメガネをいやいや掛けてる人や、メガネが嫌でコンタクトを付けてる人には、
夢のような手術じゃないのかな?
そのような事から開放されるんですから。

そして、なんと言っても、一番感動するのは手術翌日の朝だと言います。
目覚めた瞬間で、体験者の皆さんからは、「コンタクトをしたまま寝たと思った!」とか、
「時計がハッキリ見えた」、「枕もとのメガネをもう探さなくていい!」、「見えすぎてなんだか自分の部屋が少し狭く感じた!」といった感動の言葉があるようです。

私は、小さいころから、目はずっと1,5できたから、メガネのお世話にはならなかった。
そう言う意味では、親に感謝したものです。
その反動もあって、老眼になったのは、早かったですがね。(笑)
近眼などで目が悪い人の気持ちは、当人じゃないと分らないでしょう。
老眼になって、私もメガネのお世話になってるので、やっと気持ちが分るようになりました。(汗)

今回の震災でも、目が悪い人の中には、メガネを地震で壊したり、紛失したり、流されたり、
そしてコンタクトを洗おうとしても水が出なかったりで随分と不便だったようです。
裸眼で過ごせるって本当に有難いってコメントもいっぱいあった。


ただ、残念なのは、レーシックは、健康保険の対象外の自由診療にあたります。
したがって、健康保険はご利用できないのです。
ある病院での手術代は、35万円でした・・・。(汗)
なお、手術時間は、入室から退出まで両眼で約10分、片眼で5分程度です。
手術後は入院も必要ありませんので日帰りできる。


ちなみに、老眼の手術もあるようですよ。

b0181748_1820737.jpg
b0181748_18202526.jpg


レーシックは、高精度の医療用エキシマレーザーを角膜に照射し、
屈折を矯正することで視力を回復させるという画期的な眼科手術です。

b0181748_18242483.jpg

[PR]

by aibiki2009 | 2011-04-28 18:33 | 独り言 | Comments(6)  

大橋節夫さんを語る。

そろそろハワイアンの季節、久しぶりに、今日は、音楽に関する事を書きたい。
私が好きなミュージシャンの1人に大橋節夫さんがおります。
通称・オッパチとも言われ、私の母と生まれた年は同じです。
大橋節夫は大正14年生まれ。
昭和16年、わずか16歳でスチールギターを手に入れ、
ハワイアンバンドを組んだというから筋金入り。

慶大に入り、学徒出陣の前に自主レコードを制作していったというのも凄いエピソード。
日本のシンガーソングライターの元祖は、加山雄三だって言う人いるけど、違うね。
大橋節夫さんだね。
今でも、親しまれている「赤いレイ」は彼の16歳の時の作品だから。

終戦後復員し、翌年には再びハワイアンバンドをつくり、48年にハニー・アイランダースを結成。
最上級のバンドとして進駐軍で演奏をするとともに、日本のハワイアンブームの火付け役に。
大橋節夫の特筆すべきところは、自分たちの音楽をハワイアンだけに限定しなかったこと。
ジャズやラテンもこなし、シンガーソングライターとして、オリジナルもいっぱい作りました。

代表曲に「倖せはここに」であり「赤いレイ」、「グッバイ・ホノルル」などなど。
「グッバイ・ホノルル」は、我々のバンドのエンディングの曲として、今でも大活躍してますよ。
日本のフラダンス教室での基礎コースで、日本人によるオリジナル曲が使用されているのは
大橋節夫さんの曲だけじゃないのかな?

平成になってから、旧友でありバンド仲間だったジャズ・シンガーの笈田敏夫と、
お互いのニックネームを冠した「ゲソとオッパチ コンサート」で健在ぶりを示していました。
平成15年にゲソこと笈田敏夫が亡くなり、大橋節夫も後を追うように数年後の6月に逝去。
享年81歳だったです。
ちなみに、私はハワイアンのメッカ・銀座タクトで大橋節夫のライブは数回見ましたよ。
勿論バッキーさんのバンドもね。
若かりし頃の、デートの時の待ち合わせ場所が、銀座タクトでした。

我がバンドのリーダーY田は、この大橋節夫が自分の師匠だったのでしょうね。
大橋節夫が亡くなった月に、我々のバンドの打ち上げをやった時がありました。
その打ち上げをした飲み屋に、遺影として大橋節夫のポートレイトを持参し、
お酒を挙げてましたよ。

それくらいファンであり、尊敬していたのだと思います。
もう、今現在は、ほとんど戦後ハワイアン界の草分けがいなくなってしまいました。
仕方ないですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おまけ

そういえば近所に、先生の趣味でBGMにハワイアンを流す歯科医院があるんですよ。
歯医者だけに“歯はいい”なんて・・・・・・。
こりゃまた、失礼致しました~~~。

前半は、エセル中田が歌う南国の夜、
後半が大橋節夫のグッドバイホノルルです。
タップリとお楽しみ下さいませ。


[PR]

by aibiki2009 | 2011-04-27 19:22 | 音楽全般 | Comments(2)  

都心では自転車が見直されている!

東日本大震災が起きてから、都心で変わった事って記事がありました。
それによると、自転車が見直されているとの事だ。
通勤に、自転車を使う人も多くなってるのです。

震災当日、都心の交通網はストップし、帰宅難民で溢れた事がキッカケらしい。
私の娘で長女はまだ現役で仕事してますが、以前にも書いたが歩いて帰宅した口だ。
まだ、職場から近距離だったので、なんとかなったようです。

東京近辺は、交通網の発達で、近県から都心に通う、遠距離通勤が多い。
周りの県、神奈川、埼玉、千葉、又は静岡、群馬、栃木からの新幹線通勤の人もいる。
私が東京時代に勤務した会社には、静岡の富士市からや群馬の高崎市から通勤していた
仲間が実際にいましたよ。

そう言う遠すぎる人は無理だが、ある程度の距離であれば自転車通勤に変えた人も。
ある人は、約40~50分掛けて自転車で通勤してるが、運動になり、エコにもなり
自転車を漕ぐ事で体も爽快らしく、かつ、仕事前に体を動かしていることもあり
仕事もはかどるとのコメント。


b0181748_17411752.jpg


自転車本体の需要も、都心部では、1,5倍に増えているとのこと。
でも、疑問に思うことも?
雨の日も自転車で通勤するのだろうか?
防水対策のカッパなど着ると思うけど、ずぶ濡れになって大変だよ・・・。

私も東京在住のころは、自宅から駅まで、数分ですが自転車で通ってましたよ。
でも雨の日は片手に傘、片手がハンドルと大変でしたよ。
そして、ズボンの下の方はビチョビチョでズボンの折目は消え去っていて
会社にいても、1日中、イライラしてましたよ。

でも、私が住んでる長崎では、自転車は相変わらず異常に少ないです。
その辺は、次回に書きたいと思います。

[PR]

by aibiki2009 | 2011-04-26 17:42 | その日の出来事 | Comments(3)  

フリーアナウンサー徳光和夫さんと私の以外な関係。

昨日、フリーアナウンサーの徳光和夫さんが、
バラエティ番組『行列のできる法律相談所』の生放送で、
『24時間テレビ』でのチャリティーマラソンランナーに挑戦することが発表された。

b0181748_1830676.jpg


今までは、2007年にランナーを務めた萩本欽一(当時66歳)が最高齢だった。
しかし、徳光さんは70歳なので、欽ちゃんを上回る“史上最年長ランナー”として挑戦するようだ。
このマラソンって、100km以上走るんじゃなかったっけ?凄いね!!
彼は過去2001年に、急性心筋梗塞を患うなど、身体的に不安要素も残っているよね。
奥さんは反対のようだけど、反対を押し切り今回の参加を決意してるが、
心臓系の疾病は怖いよ。
経験者の私からすると、やっぱり心配だな~。

私と徳光さんの関係って、心筋梗塞繋がりだろうって、お思いでしょう?
いやいや、もっと接点があるんです。
実は、大学の音楽サークルの後輩に徳光っていました。
ちょうど、日テレの朝の番組、ズームインが、徳光さん司会で始まった頃だったので、
入部当時、その後輩の徳光に、多分関係ない同姓だけだろうと思いつつ
「おまえ、日テレの徳光アナウンサーと関係があるのか?」って聞きました。

そうしたら、「ハイ、親戚です」って言うじゃないですか!
詳しく、聞きましたら、お父さん同士が兄弟だったのです。
その後、時が経ち、後輩の徳光が結婚することになりました。

当然、私も呼ばれて出席しましたが、その時の司会は徳光和夫さん、本人だったのです。
そして、徳光和夫さんの曲紹介の司会で、私は「ハワイの結婚の歌・
(ハワイアンウエディングソング)」を歌わせていただきました。

今、思い出すと、懐かしく、素敵な思い出です。
会場は、横浜のお洒落な某ホテルだったです。

後輩の徳光、元気かな~~~~!
[PR]

by aibiki2009 | 2011-04-25 18:31 | Comments(4)  

バンドの練習でした。

宮崎ハワイアンバンドフェスティバルが、いよいよ1ヶ月を切りました。
5月21,22日にありますが、今年も行ってまいります。
第1回目から長崎県の代表として、出演してまいりました。

時間が迫って来たので、いよいよバンドも活動開始しないといけない。
2月末にステージがあったが、その後は休止状態であった。
やっぱり暖かくならないと、やる気が起きないのです。

そろそろ、音だしをして合わせないと・・・・。
しかし、今回は、いつものメンバーからベース担当のN岡氏が行けないのだ。
家庭の都合で、どうしても行けない。
でも、自前でベース担当も揃えたいと思ったリーダーY田が、トラ探しました。
あくまでも、宮崎ハワイアンFだけの約束らしい。

そう言うわけで、なんとか、今回の宮崎行きは、長崎のメンバーで揃う事ができたのです。
しかし、普段、ハワイアンをやってるベースマンじゃないので、事前に
Y田がライブ音源をCDにして、このベースマンに渡しておきました。

今日は、そのベースマンも入れての練習。
曲の途中に入るシンコペーションなどは、実際の練習で見につけて貰うしかない。
リズムも、ルンバ、マンボ、ビギンなどがありますが、普段やってないらしい。
大苦戦しながら、着いて来てましたよ。


b0181748_18121276.jpg
まずは、楽器のセッティングです。
練習開始、老眼鏡を掛けないと歌詞が見えません。(汗)
歌詞を覚えてない曲があるんですよ・・。苦戦中のサポートベースマンです。

今日は、皆さんの楽器を紹介しましょう。

リーダーY田のフェンダーのスティールギター
ギター担当のギブソンのギター。
かなりの年代物。
30年以上前のギブソンって言ってたよ。ベース担当のフェンダーのエレベスタジオ備え付けのドラム。
備え付けのピアノ
フェンダーのツインリバーブとウクレレ。
Y田が使用してます。
このアンプは、キチガイみたいに重いです。
元気なころは、私が持ってましたが、手術後は持てません。



今日は、大体の感じを掴んでもらう為の練習でした。
ハワイアンをやるから、半袖で行こうと思いましたが、止めました。
外にでたら、ヒンヤリして寒かったですよ。

次回の練習は、ゴールデンウィーク明けにやる予定。
[PR]

by aibiki2009 | 2011-04-24 18:29 | 音楽全般 | Comments(2)  

99歳の詩人、柴田トヨさん

柴田トヨさんと相田みつを展が、長崎で始まった。
東日本大震災の復興支援チャリティー企画としてだ。
この二人は、同じ栃木県出身。

相田さんは、もう亡くなっていない。
91年没だから、亡くなって20年ぐらい経つ。
しかし、彼女は99歳、お元気のようです。

それだけでも凄いのに、一人息子の勧めで書きためた詩を2009年10月に自費出版。
つい最近だよね、そこから彼女の詩人としての人生が・・・。
書かれているプロフィールを見ると、90歳代から詩を作り始めたようだね。
90歳を過ぎて出会った詩作の中で、気づいたことを次のように語っていらっしゃいます。

「どんなに辛いこと、悲しいことがあっても、私は両親や夫、倅、嫁、親戚、知人、
そして多くの縁ある方々の愛情に支えられて、今の自分があるんだということです」

b0181748_21222122.jpg


※ 柴田トヨさん詩集『くじけないで』より引用

「くじけないで」

ねえ 不幸だなんて
溜息をつかないで

陽射しやそよ風は
えこひいきしない

夢は
平等に見られるのよ

私 辛いことが
あったけど
いきていてよかった

あなたもくじけずに


「さびしくなったら」

さびしくなった時
戸の隙間から
入る陽射しを
手にすくって
何度も顔に
あててみるの

そのぬくもりは
母のぬくもり

おっかさん
がんばるからね
呟きながら
私はたちあがる


「空」


さびしくなったら
私 空を見るの
家族のような雲
日本地図のような雲
追いかけっこを
している雲たちもいる
みんな 何処へ
流れていくのかしら

夕暮れには茜雲
夜には満天の星

あなたにも
空を見上げるゆとりが
必要よ




あるがままの人生を
 時に、笑顔で涙を流しながら、
   時に、自然とおしゃべりしながら、
    人間、一生、勉強だと言うことを教えてくれます。


力強くも優しく生き抜いていらっしゃる柴田トヨさんの人生に
  永遠の愛と感謝と笑顔をこめて・・・・。
   
[PR]

by aibiki2009 | 2011-04-23 21:25 | その日の出来事 | Comments(0)  

スーちゃん逝く

もうビックリですよ。
昨夜、ネットニュースで速報が出たので分りましたけど。
死因は、乳がんと書かれていました。
改めて、女性の乳がんって怖いって思いましたね。

私が社会人に成り立ての頃、丁度人気が絶頂だったです。
一番覚えているのは、「年下の男の子」です。
当時、友達の車でドライブ中、ラジオから流れてきたのがこの曲。
何故だか、そのシーンを、いまでもハッキリ覚えてるんです。
不思議ですよ、もう40年ぐらい前の事なのに・・・。

彼女の年齢を見たら、まだ55歳じゃないですか!
人生80年として、これから、まだまだ楽しい事が待っているのに。
今の長寿時代に、あまりにも、早く逝きすぎです。



b0181748_17551552.jpg
素敵なスーちゃん。
ソフトを使って、丸い額ぶちの中に飾りました。


私らより、ちょい下の年齢層の男子は、大ショックでしょうね。
私は、彼女の実家である、足立区の北千住の釣具屋を知ってるんです。
東京在住のころ、この付近に住んでる友人がいて、「この釣具屋が
キャンディーズのスーちゃんの実家だよ」って教えてくれたんです。

荒川沿いに千住新橋と言う橋が架かってますが、都心から草加方面
へ向かい、その橋のたもとにこの釣具屋があります。
橋が終わりに近づいた付近に、えさ、釣り具・田中屋の看板が見えます。

ちょっと話が脱線しましたが、この付近は、下町です。
だから、彼女はきっと庶民派の人じゃなかったのかな?
若い頃は、ちょっとポッチャリだったけど、歳とともにスリムになり
やさしいお母さん役もこなす、素敵な女優になっていた。

彼女にすれば、悔いが残る、志半ばでの永眠だと思います。
どうぞ、やすらかにお眠り下さい。
合掌・・・・。
[PR]

by aibiki2009 | 2011-04-22 17:59 | その日の出来事 | Comments(2)  

ベランダガーデニング始めようかな!!

桜も散ってしまい、葉桜になってしまったよね。
そして、冬から春にかけての花も終わりに近づき、ベランダの花も萎れてきた。
そんな訳で、今日は、時間が空いたので、夏に向けての花を見に行った。

我が家から、しばらく走れば、ガーデニング用の花や寄せ植え、
そして、ガーデニンググッズがいっぱい売ってる専門店があるんです。
私は、季節が変わる度に、ここへ行ってベランダのお花を探します。

今日は、作業は出来ないので、見るだけにしました。
久しぶりに行ったんですが、ある、ある、ある・・・。
ポット苗の花、ある程度育てた花、寄せ植えした花、色とりどり。
目移りしてしまう。


b0181748_15223612.jpg


花って、見るだけで癒されますよね。
有りすぎて、逆に迷ってしまいました。
今日、買っても、すぐは作業出来ないよな・・。
そうしたら、せっかく買った花を枯らしてしまうよ。

結局、今日は、見るだけにしました。
5月になって、宮崎から帰ったら時間が空くので、その頃から
作業に入ろう。
そう計画を立てて、お店を後にしました。
[PR]

by aibiki2009 | 2011-04-21 15:30 | その日の出来事 | Comments(2)  

出先で母がグッタリ

今日はいい天気だった。
気温も、穏やかな気候にピッタリの20℃ぐらい。
私は、朝から、グランドゴルフでした。

花粉もそろそろ収まりだしました。
花粉症のグッズも無しでプレーしましたが、クシャミや
鼻水、目のかゆみは出ませんでした。
良かった、これでやっと安心して、アウトドアを楽しめます。

今日は、母は、デイケアーはお休み。
家で、留守番させてました。
でも、グランドゴルフが終わり、帰宅すると、母が居ません。

家でくつろいでいたら、暫くして、姉から電話がきた。
「今、母と一緒に浜の町にいるんだけど。」って・・・。(浜の町は長崎の繁華街)
私がいない間に、母と一緒にお出かけしたようだ。

「浜屋デパートで絵画展があってるので、母を連れて買い物がてら来たけど
母がくたびれ果てて、もうグッタリ」
「歩けそうにないから、迎えに来て」って!
姉は、油絵を描く画家なんです。
市展や県展などに数多く出展する人なんです。
だから、出品作品を見る為に、お出かけしていたのです。

そりゃ、大変だ。
浜屋デパート近くの、バス停に待ってろって姉に伝言。
私は、高速道路を使って、大急ぎで、浜の町へ。
浜屋デパートは長崎中心部にある。
私が住んでる所から、中心部まで、高速道路が走ってるんです。
長崎は平地が無いので、山をくり貫いて、トンネル中心の高速道路ですがね。

一般道路を走ったら、40分ぐらい掛かるところを、20分ぐらいで行けます。
付近のバス停に着いたら、母は近くの喫茶店にいたようで、姉と一緒に
ヨタヨタしながら車まで近ずいてきた。
後部座席に乗せましたが、乗ったら、すぐ横になって寝てしまいました。
よっぽど、疲れたのでしょうね。


老人と一緒の外出は、やっぱり大変。

b0181748_20331441.jpg
あぶないけど、運転中に、車の中からパチリ。
急げ急げ、トンネル中心の高速道路です。

b0181748_20352227.jpg
ガンガン飛ばして出口が見えてきた。
b0181748_20355417.jpg
高速を降りた付近(蛍茶屋近くです)
b0181748_20495724.jpg
現地付近に到着です。
b0181748_20371122.jpg
無事、帰宅して、ホッとしてる今日の私。
[PR]

by aibiki2009 | 2011-04-20 20:53 | Comments(4)