<   2012年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

期待されない新幹線!

東京在住時代、新幹線は嫌と言うほど乗った。
勤務時代は月1回は、大阪で会議なので、絶対乗る。
東海地区、近畿や北陸地区などへ仕入れで行く時なども、
そして、各県にあるお店を巡回する時も、静岡県などは
新幹線の時が多かった。

そして、月日が流れ、Uターンで長崎へ帰ることになるのだが
当時、長崎駅に着いたら、「長崎へ新幹線を!」の看板を見て
まだこう言う運動をしてるんだな~と思ったものです。

それから更に月日が流れ、先日、整備新幹線問題検討会議で、
九州新幹線西九州(長崎)ルート諫早-長崎間(21キロ)など
整備新幹線の未着工3区間の着工を認可したとのニュースを見ました。

このルートは、福岡から鹿児島まで開通した九州新幹線のオマケみたいに見える。
佐賀県の鳥栖駅から分かれて、長崎まで走る。
b0181748_1532914.jpg
赤いラインが長崎ルートの新幹線です。

今の、「特急かもめ」と比べて、長崎ー福岡の時間の短縮は28分でしかない。
この為に、新しいルートを走らせるトンネル掘ったりして5000億円かける。
他の県の皆さんは、新幹線が自分が住んでる所へ来て、大変喜んでおられるようですが
長崎市民及び周辺の方は、あまり期待しないと言うか、絶対欲しい
と言う声は少ないように思えてならない。

さらに要らないと言う人も・・・・・!
[PR]

by aibiki2009 | 2012-06-30 18:02 | 独り言 | Comments(4)  

長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)って知ってますか?

先日、NHKの歴史番組を見ていたら、取り上げられていたのが、長宗部元親だった。
長宗我部と言う名前は知ってましたけど、元親までは・・・・。
山之内一豊が土佐に入城するまでは、長宗我部が支配していた事は知ってた。

なぜ、長宗我部元親が天下のNHKで取り上げられたのだろう?
それはね、今、長宗我部元親がアツイらしいのです。
Yahoo!のトップページの「話題なう」のキーワードにもランクインしてるくらいだ。

長宗我部元親(ちょうそかべ・もとちか)って、どのような人?
調べたのでちょっとだけ、背景を書きます。
「戦国時代から安土桃山時代にかけての武将で土佐国の戦国大名です。
土佐を統一し、伊予国や阿波国、讃岐国へ侵攻。
後に四国全土をほぼ統一したといわれています。」

しかし、織田信長には、嫌われていました。
本能寺の変で信長が死んでからも、豊臣秀吉と敵対し
何度も戦を重ねますが、最終的には配下に下ります。

この長宗我部元親がなぜ、人気急上昇しているかというと
「イケメン」だったと話題になっているからです。
特に「戦国BASARA」という戦国時代の戦国武将達をキャラクターにした
ゲームでの長宗我部元親がめちゃくちゃカッコ良く描かれているからです。

b0181748_20583282.jpg
信長の野望での長宗我部元親。
最近は、戦国武将を格好よく描き過ぎですよ。
b0181748_2105539.jpg
「戦国BASARA」での長宗我部元親。
漫画チックだけど、これらが火付け役になったようです。

本当のところ、イケメンなのかはわかりませんが
数年前から、若い女性達の間で「歴史ブーム」なのは間違いありません。
我々オヤジがしらないところで、歴女達の間で、長宗我部元親がブームに!

NHKのテレビの番組の中、高知の長宗我部元親の銅像がある前で、
若い女性がキャーキャー言ってました。
この戦国武将・長宗我部元親人気は、今後も続きそうですよ。
[PR]

by aibiki2009 | 2012-06-29 21:18 | 歴史っぽいお話 | Comments(2)  

まだ、PCを買うのを悩んでます!

PCが壊れてもう10日が過ぎた。
とりあえず、重いけど緊急用に置いていたノートでその後対応している。
使っていて、イライラするので、その後も、時間を見つけては、PC巡りしてますが、
予算もあって、なかなか決めかねている。

冷静に振り返って、私がPCでやっていたことを書いてみた!

1、電子メールでのやりとり。
2、CD制作、CDを聞く
3、ブログを書く
4、書類やチラシを作る
5、デジカメでの写真処理
6、音楽製作
7、インターネットをする
8、DVDを見る、TVを見る

これくらいかな!

b0181748_035165.jpg
今まで使っていたPCです。
PCと一体でコードも少なく、画面も大きくて、音源も低音バリバリでて、キーボードも
ワイヤレス、マウスもワイヤレスで収納が楽だったな~!
そして、上記に書いてる事が、全て出来てました。

だけど今後、果たしてどれだけのソフトがあるPCが必要なのか?
今回PCが壊れて、PCを見てまわってるが
ソフトを極力入れないで、価格を下げてるPCを見て「目から鱗」でした。

だって、使ってないソフトや、いつ使うか分からないソフトが
PCの中にいっぱいなんだもの!
それと、高いPCは、ソフトが多いのもあるけど、CPU、メモリ、ハードディスクの
容量がかなり多くなってるね。

イヤイヤ、値ごろで、使い勝手があるPCって、どういうのを買うか、
まだまだ悩んでおります!
[PR]

by aibiki2009 | 2012-06-28 23:22 | 独り言 | Comments(8)  

自己破産した世界の大物たち!

今日の九州は各地で大雨です。
梅雨のこの時期、過去のブログを読むと、毎年、良く降る雨だと書いてる。
毎年、ちゃんと大雨がくるものだと変に感心する。

今日も午後から母の病院へ。
今日は、ちょっと元気が無かった。
目にも力が無く、ショボショボした目をしていた。
そして、眠いらしく、ウトウトしていたので、寝なさいと言って
暫くして、病院を後にした。
こう言う日は、「大丈夫だろうか」と、不安な気持ちで帰るのです。
まだまだ良かったり悪かったりの繰り返しです。

今日も、話をガラリ変えます。
あんなにお金を稼いだのに、どうして自己破産なの?
こう思う人物が世界を見渡せばいっぱいいるのです。
最近見たニュースで、世界の自己破産のビッグ3が載っていたので
皆さんにも紹介します。

第3位 マイク・タイソン(2003年に破産を申請)
b0181748_23334985.jpg
元ヘビー級チャンピオンのマイク・タイソンは、約20年にわたるボクサー人生の中で
238億~317億円もの収入を得たと伝えられている。
1試合で24億円を稼いでいた彼は、大豪邸や高級車、ジュエリーにベンガルタイガーなど、
欲しいものは金に糸目をつけずすべて購入。

気前のよい彼は取り巻きが欲しがる物を買い与え、湯水のように散財した結果、
03年にとうとう破産宣告をするハメになってしまった。

アホか~~~~~~~~!


第2位 M.C.ハマー(1996年に破産を申請)

b0181748_2335418.jpg
一世を風靡したラッパーのM.C.ハマー。
音楽に興味が無い人は知らないかも?
90年代前半には26億円を稼ぐ世界的スターとなったのだが、そんな彼から
恩恵を受けようと集まった多くの取り巻きによって、すっからかんにされてる。

取り巻きに乗せられ、9億5,000万円を費やして「みんなで住めて楽しめる」
夢のような豪邸を購入。
取り巻きも使えるようにとランボルギーニやリムジンなどの高級車を17台購入し、
ヘリも2機購入。
取り巻きと共に移動できるようにとボーイング727をリース。
ちなみに取り巻きの数は40人。

アホか~~~~~~~!

第1位 エルトン・ジョン(2002年に申請)

b0181748_23375150.jpg
世界で最も成功したイギリス人シンガー・ソングライターのエルトン・ジョン。
派手な衣装にパフォーマンスで知られる彼は、重度の浪費家としても知られており、
今から10年前に破産を申請している。

世界に5軒もの豪邸を持ち、総資産は209億円とも伝えられていたエルトン。
破産するなど信じられない話だが、96年1月~97年9月に11億7,000万円を使い、
99年に英金融機関マーチャント・バンクに31億6,500万円の融資を依頼している。

それでも高級品購入をやめることができず、高級車やデザイナー服にジュエリー、
アートコレクションを買いまくり、クレジットカードの支払いだけで毎月平均して
3,100万円になってしまったという。

01年には「ほとんどイギリスにいないから運転しないし」とジャガー、フェラーリ、
ロールスロイスなど高級車20台を売却。
しかし2億5,000万円の売り上げにしかならず、破産するハメになってしまった。

しかし、ここからがエルトンのすごいところ。
03年にラスベガスで長期公演をする契約を結んだと発表。
05年には長年交際してきた彼と結婚して生活が落ち着いたこともあり、
資産は80億円(2011年)まで増え、見事、巻き返しに成功している。


アホか~と言いたいところだけど、良く頑張りました!

ほかにも、3度も破産しているビリー・ジョエル、無名時代に立ち上げたバンドが
軌道に乗らず自己破産しているシンディ・ローパーなど、いるいるいるのです・・・・。
[PR]

by aibiki2009 | 2012-06-27 23:42 | 独り言 | Comments(4)  

「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」(13万7千トン)長崎に初入港

最近は、母の事もあり、豪華客船を追いかけてませんでした。
しかし、先週の晴れた週末に、またまた大型船が入港したので、紹介します。

今回、長崎に入港したのは、過去に寄港したクルーズ船では過去最多の乗客数。
米ロイヤル・カリビアン・インターナショナル社の「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」
(13万7千トン)長崎に初入港しました。
今回は、特に中国人客らが続々と下船し、長崎観光に繰り出してます。

b0181748_20122421.jpg
女神大橋の下をギリギリで入港するボイジャー号。
やっぱりデカイです。
近くで見たら、やっぱりビルです。

ボイジャー号は乗客約3500人、乗員約1200人。
長崎市の松が枝岸壁で歓迎行事も行われている。
この船の船長は「長崎は世界の港の中でも美しいと聞いていた。
訪問できてうれしい」とコメントしてる。
型どうりのコメントだけど嬉しいものだ。

b0181748_20294945.jpg
松ヶ枝埠頭に係留したボイジャー号!
今回は、上海発着ツアー「アジアの遺産」(5泊6日)の途中で、
博多港から、長崎へ来ている。

b0181748_20324079.jpg
この日の夕刻、韓国・済州島に向け出港していきました。

年内は10月までにあと5回、長崎に入る予定。
やっぱり、長崎は中国や韓国と近いことを改めて確信します。
中国と日本の中間に位置するのは、長崎だから、これからもどんどん
来て欲しいものです。

長崎は、観光立国と言うか、いや違った観光立県ですから・・。
観光客が来てもらわないと街が活気づかない!
だから看板も英語、中国語、韓国語、日本語と4ヶ国語が書かれてます。
[PR]

by aibiki2009 | 2012-06-26 20:44 | その日の出来事 | Comments(6)  

これは、何をしてるでしょう?

今日のグランドGは、昨日の大雨のために、中止となりました。
雨が、滝のように降った時間帯もあり、土地は、そうとうぬかるんでいた。
だけど、午前中に道の尾温泉に行き、帰りにPCショップ巡りをし
帰りに、母の病院へ寄りました。

そして、担当看護士と暫くお話をしてきました。
それは、今後の母の復活状態をどこに目標としておくか。
まだリハビリを頑張りだしたばかり。
目標は、自宅に帰り、また、デイケアーへ行けるようにさせたい。
今のところ、遠い遠い到着点ですが・・・・!


話はガラリと変わりますが
この写真から問題です。
この2人は、昨日のバンドの音合わせの時ワンシーンです。

この2人は、何をしてるのでしょうか?
分かった人は、捜察力、分析力の天才だと思います!

b0181748_19345145.jpg
携帯電話に向かって、ギター担当のSが歌ってる?  ブー・・・違います!
[PR]

by aibiki2009 | 2012-06-25 19:39 | 音楽全般 | Comments(13)  

ディナーショーに向け、音合わせでした!

ディナーショーもいよいよ近づいて来て、あと2週間後だ。
今までは、それぞれ個人練習をしてまして、今日は、みんなで音合わせだ。
大雨が降ってる中、練習スタジオへ。
母の病院は、姉に行ってもらった。

メンバーのみんなとは、久しぶりだけど、事前に練習してきてるので
新曲も含めて、一発か2発ぐらいでOKです。
所見も出来るので、譜面さえあれば、ある程度ですぐ完成する。
うちのバンドのメンバーは最高だ!
我々のバンドは、ハワイアンバンドだけど、取り合えず何でも出来る。
ジャズ、ロック、歌謡曲、ポップス、フュージョン、何でもござれ!

b0181748_21183436.jpg
今日の練習風景!
普段、リーダー以外を紹介することが無いので、今日はリーダー以外の
メンバーを紹介します。
ベース担当 N岡氏
ギター担当 S賀里氏
キーボード担当 Sちゃん
ドラムス担当 K崎氏

今回もゲストを含め、フラダンスあり、ハワイアンバンドもあるので
我々は、彼らの曲と被らないような曲を用意してる。
曲決めは、全部リーダーがやってますがね。

例えば、先日、歌手の尾崎紀世彦が亡くなったよね。
私もここのブログで書きました。
メモリーライブと銘打ってるので、我々の亡くなった仲間もメモリー。
尾崎紀世彦もメモリーと言うことで、「また逢う日まで」をやります。

歌うのは、私、aibikiです。(汗)
もちろん、ハワイアンもやりますよ!
そして、「いい日旅立ち」「青春時代」も用意してます。
これも、私が歌います。

ゲストは、和田アキ子の「あの鐘を鳴らすのはあなた」も歌います。
バラエティーにとんだ、色々な音楽、色々な曲を準備しております。
今までは、個人練習が中心でしたが、バッチリ仕上がりましたよ。

あと、本番まで、個人レッスンして、ノリノリを維持しなくちゃ!!
[PR]

by aibiki2009 | 2012-06-24 21:05 | 音楽全般 | Comments(6)  

江戸時代の箱根から小田原宿へ!

昨日の本を読ませてもらい、続きを書きたくなった!
江戸を目指す旅人は、関所を通過したら、足早に箱根の山を下ったのです。
山道を下るなら、明るいうちにが鉄則!
きつい傾斜の街道をひたすら下り切ったあとで、平らな道路が見えてきたら
そこが箱根湯本なのだ。

b0181748_204444.jpg
懐かしい箱根湯本駅!

江戸時代の箱根越えをした旅人は、「なんともきつい街道だったが、
ここまで降りてくればひと安心だ」と思ったようです。
正月に箱根駅伝の中継を見れば、あの険しい道のりが分かろうと言うものだ。

当時、箱根湯本の茶店は、箱根の山越えを済ませた旅人で賑わっていた。
そこから、小田原宿までおよそ、1里半ぐらい。
今で言うと、8Kmぐらいのようです。
ほとんどの宿は、小田原にあったから、山道を降りて来て、やれやれだけど
まだまだ、歩かないと行けなかったのです。

当時の小田原宿の旅籠は、一泊2食付で290文が相場だったとか!
そして、これは、他の地区の旅籠より、40文ほど高かった。
ようするに、この小田原宿は、格が高かったのです。
と言うのは、大名などが泊まる本陣、脇本陣が4軒ずつあった。
そして旅籠は95軒あった。

b0181748_2071972.jpg
当時の小田原宿
b0181748_209465.jpg

次の大磯宿には、大名が投宿する本陣は3軒しかなく、旅籠も66軒。
小田原から、4里離れていて、今風に言えば16km。
大名が同時に八家も泊まれる宿場は、東海道53宿の中でも小田原だけ。
これほどに、小田原宿が栄えたのは、小田原藩主、大久保家があったからとも。

名君ぶりは、他の大名にも知れていて、江戸へ向かう大名たちは
小田原宿に泊まるのを望んだようです。
大名が泊まれば、家臣も泊まる、だから小田原宿は、こう言うことにも慣れていた。

今日は、そう言う箱根~小田原宿のお話でした。
ちなみに、大学時代の後輩が、小田原で和菓子のお店をやってます。
そして、サークルのバンドでの合宿は、毎年、箱根でした。
レギュラーになっての、最初のステージは、小田原でしたし。

箱根、小田原には、思い出が多いのです。
[PR]

by aibiki2009 | 2012-06-23 20:13 | 歴史っぽいお話 | Comments(6)  

箱根の関所は難儀だった!

突然ですが、ちょっと歴史のお話を!
歳を取ると、歴史が好きになる!
若い頃から、こんなに歴史が好きだった訳じゃない。

「山本一力」著の本を読んでいたら、江戸時代の箱根の関所について
語っているではないか!
最初は、パラパラって軽く読んでいたけど、ちょっと詳しく読むと、
はまってしまった。

時代劇で関所での尋問シーンを見ることがあるけど
どうも、威張りくさっていて、本当にあんなに尋問したの?
って、疑問に思っていたのが本音だ。

全国に関所はいっぱいあったけど、その中でも、東海道を江戸に向けて
下る旅人には、箱根の関所越えは、旅の終盤近くで待ちかまえる
難儀だったと書かれていた。
ちょっと、詳しく読みたくなった!

掻い摘んで話すと、箱根の関所を過ぎたら、幕府のお膝元の江戸まで、関所は無い。
だから、関所の役人は
「1人たりとも、素性不審の者を通過させてはならぬ」だったのです。
不審者の通り抜けを見逃したら、関所役人全員がきついお咎めが待っていたのです。
だから、終日、気を張り詰めて旅人を吟味してる。
そう言う意味では、威張りくさっていたのかもしれない。

この関所では「入り鉄砲に出女」と言う言葉ある。
初めて聞く言葉だ!
江戸に向かう旅人には、持ち物検査が厳しかったとある。
とりわけ、長い筒物を持っている者は、武家であれ、町人、医者、
僧侶関係なく徹底した検査がされてる。

これは、鉄砲を1挺たりとも江戸に持ち込ませない為だ。
幕府転覆の予防策としては、大きい川に橋を作らせなかったのもあるよね!
出女とは、箱根を越えて、江戸から遠ざかる女人の吟味を指してる。
これは、江戸上屋敷に人質として留め置かれている大名内室の逃亡を、
この関所で取り押さえる。

出女調べを抜かりなく行うために、女人吟味専門の「吟味婆」が
何人も配置されていたのです。
箱根の関所は、出るのも、入るのも旅人には、特に難儀だったようだ!

b0181748_23455172.jpg
現在の箱根関所!
東京在住時代に、箱根は何度か行った!
[PR]

by aibiki2009 | 2012-06-22 23:51 | 歴史っぽいお話 | Comments(2)  

母の今日の様子!

今日は1日中、雨だった。
母の所へ行ったが、今日はいっぱいの洗濯物が出ていた。
このところ、あまり出てなかったが、風呂へ入れて貰ったようだ!
明日も雨の予報、洗濯したらお部屋に干さなくちゃ!

お風呂は、数日に1度廻ってきますが、担当者がいて入れてくれる。
元気なころも、家では入ってなかった。
デイケアーへ行ったときに、そこで見守られて入っていた。
年寄りが、お風呂に入るのは、ある意味、危険がいっぱい。

過去、お年寄りが、お風呂で亡くなった話はいっぱい聞いてきた。
母の母、つまり私からすると、お婆ちゃんだが、彼女も
風呂で倒れて、亡くなった。
私が、大学生で帰省していた時だから、良く覚えている。

だから、母は、日ごろからお風呂に入る時は、注意してました。
熱い風呂は、怖いと言って、入らなかったくらい。
私も、母が今は、こうして完全看護での入院生活だから安心です。

時々、死線を彷徨っていた1ヶ月半ぐらい前の5月の連休のころを
思い出します。
そして、こうしてお風呂に入れるまで、良く回復したよって病院に感謝してます。


b0181748_22281327.jpg
母が入院している長崎百合野病院です。
小高い山を切り開いて住宅地にしたと思われる所があるのですが、
この病院は、その1番上にあり、行くのは迷路なんです。
初めて行った時は、ここは何じゃ、また来いと言っても行けない!

そう、思いました。
コレってオーバーじゃありません。(汗)
[PR]

by aibiki2009 | 2012-06-21 22:42 | 母の事 | Comments(8)