<   2012年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 

歯が欠けました!(ショック!)

今日は、歯科へ行って来ました。
奥歯のある1本が、お煎餅をかじってたら、欠けたんです!
全体の半分くらいも。
煎餅をかじるくらいで、欠けるなんて・・・・・・・・・。(大汗)
ショック!!、ほんと歯が弱っていたんでしょうね!

煎餅をかじる時、煎餅のかじる音と違う、「がきッ」って変な音が!
ビックリして、汚いけど食べたものを出しましたよ!
そうしたら、やっぱり歯の欠片が・・・・。


私は、昔から、歯槽膿漏って言われてました。
歯を磨くとき、歯茎から、よく血がでてましたから!
歯を毎食後に磨く人がおりますが、私には真似できません。
私は、朝と寝る前しか磨いておりませんのです。

歯医者に行くと、治療で凄く疲れませんか?
口は、けっこう長い時間、開けてないといけないし。
体が、強ばって、腹筋がピクピク成りっ放しですよ!

b0181748_21132181.jpg


今日は、先生から注意されました!
肩の力を抜いて下さい。
「強(こわ)ばっていると、治療がやりづらいのです」よって!
知らず知らずのうちに、体全身に力が入ってるんです。
口も開けっ放しだし・・・・。

治療は、欠けた歯に樹脂を被せてもらいましたが、その歯以外に
2本もグラグラしてる歯が見つかりました。
そして、全体の歯も、薬で洗浄してもらいました。
約1時間の治療が終わったら、もうグッタリでした。

歯茎のブラッシングをある程度の時間をかけて、やって下さいって!
歯茎を健康にして、歯を支えるしかないそうです。
もう、私は良かったり悪かったりの繰り返しの日々ですよ!!!

歯が命、当分、歯科へ通って下さいって・・・・。(泣)
[PR]

by aibiki2009 | 2012-07-31 21:28 | その日の出来事 | Comments(9)  

やっぱりコンパクト・デジカメ買いました!

毎日暑い日が続いて倒れそうですが、皆さんは大丈夫ですか?
昨日行われた、我々のバンドのマネージャーの1周忌は、お墓へ
お参りした時、ネクタイもしていた事もあり、ウダル暑さでフラフラだったですよ。
この暑さに慣れるには、もう暫く時間が掛かりそうです。

先日2台のデジカメが壊れ、携帯用には不便なちょっと大きめのカメラを使っておりました。
写りは確かにシッカリしておりますが、ポケットには入りません。
ちょっとしたライブの写真を撮りたい、散歩で風景を撮りたい、GGの大会での
様子を撮りたいなどの時は、やっぱりポケットに入るコンパクトデジカメがいる。

ブログには、携帯で撮りますとか、大きいカメラで撮りますとか書きました。
しかし、皆さんから見透かされていて、「きっと新しいデジカメを買うんでしょう」
とか「携帯で我慢出来る訳がない」とか言われ、私の心を読まれてまして・・(汗)
母の事で、このところ忙しかったけど、ずっと、デジカメの事は、頭にありました。

今日は、母のところへ午後、ちょっと早く行って、様子を見ました。
行ったらグッタリ寝てましたので、起こすのは止めて、そのまま寝かせて、
看護師に午前中の様子を聞きました。
少しだけど、リハビリはやったと聞いたので、そのまま、カメラを買いに。

壊れたカメラだって、そんなに安物じゃないけど、もっといいやつは壊れにくいだろう?
そう思い、今までのデジカメの約2倍の価格のコンパクトデジカメを見て回りまして、
そく買っちゃいました。

b0181748_2011183.jpg
一見、大きく見えるけど、たばこの大きさくらいです。
デジカメは、ビデオ撮影の機能もありますが、これはフルハイビジョンで撮れるらしい。
昼も夜も、カメラにお任せで綺麗に撮れるらしい、WiFi機能付きらしい、パノラマ撮影、
3D撮影が出来るらしい、カメラで音楽付スライドショーが見れるらしい、GPS機能があるらしい、らしいらしいばかり、取説に書いてましたが、使いこなせないでしょうね!

今までのは、フジフイルム、オリンパス、ニコンでしたが、今回は、ソニー。
カタログには、フルハイビジョン・サイバーショットと書かれているが何なのか
分からないから、買ってすぐ、試に郊外へ行き、風景撮影をしてきました。

取説には1820万画素と書いてましたが、とにかく、画像が綺麗。
一眼レフで撮ったのかと思うくらい綺麗です。
私は、新し物好きって思われるかも知れませんが、壊れたので買っただけ。(汗)

このコンパクトデジカメで撮ったのがこれです。

b0181748_20234542.jpg
夕日が山影に隠れる瞬間の大村湾!
車を飛ばして走りまして、撮影に間に合いました!
b0181748_20244054.jpg
山影に沈んだ直後!
小さなカメラですが、凄い綺麗に撮ってくれますよ。
ちょっと、感動するくらいでした・・・・!


車も新しくなり、PCも新しくなり、コンパクトデジカメも新しくなりました。
新しくならないのは、パートナーだけ!(泣)
将来の事を考えると、やっぱり不安なんだけど、1人の気楽さを知ってしまって・・・・。(大汗)
[PR]

by aibiki2009 | 2012-07-30 20:53 | その日の出来事 | Comments(8)  

今日は、マネージャーの1周忌でした!

昨年の7月29日の夕刻に、マネージャー(リーダーY田の弟)は亡くなりました!
だから、正真正銘の1周忌であります。
昨年のディナーショーの時、ステージに上げて、皆さんの前で
御挨拶させましたが、あれが最後の言葉になりました。

あの時も、目は落ち込み、体力もスッカリ落ち込み、歩くのがやっと。
よくあの状態でステージに上がりましたよ。
私は、今でも鮮明に覚えております。

b0181748_23361927.jpg
あっと言う間の1年間だったです!
マネージャーの写真は、元気な頃で宮崎へ一緒に行った時のを使わせてもらいました。

法要の後、昼食会を開き、お酒も飲むので、今日は久しぶりにJRで移動しました。
いつものブルーの、シーサイドライナーです。
長崎駅は、夏休みと言うこともあり、子供連れの観光客がいっぱい。
これは、特急かもめですが、小さい子供は「あ~~新幹線だ、新幹線だ!」って言ってます。
「そうだね、新幹線にみえるよね」って私は心の中で話しました。(笑)
菩提寺は、長崎市内の中心部にある大光寺です。
先先代が財をなしたようで、1番入り口にお墓はあり、そこにマネージャーは眠ってます。
千葉県在住の長男さんも駆けつけました。リーダーと一緒に(リーダーは二男です)
3男が、1番歳下なのに先に逝っちゃいました。
お寺内での法要です。
この暑さなのにエアコンは無しで扇風機だけでした。
終了後、全員で記念撮影しました。
皆さん、暑い中、お疲れ様でした。
その後、お寺のホントに隣にある和食割烹「いわもと」で昼食会をしました。

今日の私です。
昼間、35度くらいあり、非常に暑かったです。
それなのに、ネクタイしめてスーツ着て、大変でしたよ!
ネクタイを締めるのは冠婚葬祭の時だけになったな~~って思う(長崎駅にて)

帰りに、母の様子を見て帰宅しました。
[PR]

by aibiki2009 | 2012-07-29 18:53 | 音楽全般 | Comments(4)  

母の画像を公開します!

今後、母がどうなるのか分かりません。
だから、今の内に母を紹介したいのです。
こんな顔をしております。
私の面影があるでしょうか?(汗)

昨日、病院へ戻る時、汚い母じゃ可哀想なので、元気そうな、そして
ファッショナブルな母にしてあげたかった。
着替えさせて、ボサボサの髪の毛をカバーする為にバンダナを巻いて、
そして、夏用に買ったばかりの涼しげなウエアーを着せました。

b0181748_2156443.jpg
昨日のトイレも行けない母とは、別人に仕上げました。
だけど、目がウツロです。

この表情だと一見、健康な人に見えるでしょう!
ほんの一瞬のシャッターチャンスだったです。
シャッターを切った後は、また横に寝ちゃいました。

姉も一緒に病院へ行ったので、病院へ着いたら、姉が手を引いてソロリソロリと病室へ。
やっぱり病室に入室すると看護師さんがいましたが驚いてました。
「あの寝たきりの○○さん?」見違えましたって!
してやったり・・・・・だ!

ベットに座り、病院着に着替えるんですが、自分ではボタンも外せません。
姉が脱がせて着替えさせましたら、またグッタリの母に戻りました。
女はお洒落をすると1次的だけど、シャンとなるんですね。

驚きましたよ!
便座にもちゃんと座れない母だったのに・・・。
[PR]

by aibiki2009 | 2012-07-27 22:00 | 母の闘病記 | Comments(6)  

帰宅した母のトイレ顛末記

昨夜の夕方、1度、私が1番心配した母のトイレを一緒にさせたが、大苦戦した。
その後、就寝前にもう1度、トイレって言うので、母をトイレへ。
トイレは、母の寝室の隣なので、手をとって歩かせても数歩。
だけど、1人では歩けないので、私がサポートしないと。
2回目ともなると、少し慣れると思ったが、やっぱり大変だった。

1回目と同じように、母を抱くようにしないとトイレの中心に座れないのだ。
抱っこしてトイレの中心にお尻を持ってきて座らせた。
オシッコ終了して、その後、紙おむつのパンツが、上手くはかせられない。
紙おむつを替える方法など、介護の勉強をしとけば良かったよ。(大汗)

午後9時過ぎには、最後の薬を飲ませて、「お休み」って消灯して、寝かせた。
本日の母に関する作業は、これで終わった。
消灯するちょっと前に、「夜中はどうすればいいの」って母の悲しそうな顔。
「今、はいた紙おむつにやっていいから・・・」と私。

私は、その後、夜中の1時ごろまで起きていて、PC触りながら、母の様子を
ちょくちょく伺っていた。
多少の寝返りはうっていたが、ちゃんと寝ていたので、その後、私も寝ました。

b0181748_10373875.jpg
寝室のベットで寝た母です。
入院当初に比べて体重が10kgも減った。  見て下さい、この細い腕を!

私の寝室は、母の寝室の隣にあるから、呼べば聞こえるようにドアを
お互い開けたままで寝た。
すっかり寝込んで、夢の世界にいる私の脳裏に、何か音と言うか声みたいなのが聞こえた。
夢の中で、これは何だと思った。

あ~~~これは、母の声だ!
夢の世界から、現実に戻り、ガバッと跳ね起きた。
母が必死で1人で起きて、トイレに入り、終わった後に私を呼んだ声だったのだ。
下に当てていたパットは、水分の重りで持ったらかなり重い。

そう、夜中におしっこをいっぱいしたのだろう・・・。
トイレには流せないので、別のゴミ袋に入れた。
紙おむつが気持ち悪かったから、やもうえず1人でトイレに立ったのだろうな?
オシメにおしっこをして、気持ち悪くて泣く赤ちゃんの気持ちが分かったよ。
大変だったなお袋・・・・・・・。

病院から持ってきた新しい紙おむつをはかせようとしたが、7割ぐらいは1人で
オシッコの作業をやった母は、もうハーハー言って疲れ切っていた。
寝間着を触ったら、汗をいっぱいかいて、濡れていた。
これじゃダメだと、新しい夏用寝間着と下着を着替えさせ、新しい紙おむつをはかせた。
3度目なので、じょじょにコツが分かってきた気がする。
新しい夏の寝間着に替えたら安心したのだろう、再度ゆっくりとベットで寝た。

はっと時計を見たら、朝の午前5時ごろだった・・・。
途中、倒れたら大変だから、何かあったら私を呼べと言ったんですが、
何か病院みたいにボタンで呼ぶ機器が必要だな!
たかがトイレをするだけだが、母は相当疲れ切っていた。
もちろん、私も大変でヘトヘトです。

その後、お昼近くになったころ、今度は大きい方をしたいとなった。
それもそれなりに大変だったけど、4回目だから、少しは処理できたが
下着にちょっと付いてしまった。
トイレの事ばかり書いたけど、起きてから朝ご飯の準備、薬飲ませ、昼ごはん準備、薬飲ませ!
手が震えて箸が持てないので、私が食べさせた。
とても大変だし、1日だけでも、とても疲れました。

私は、状況を記録するために、まだ記憶もハッキリしてる本日の昼間に書いた。
まもなく、また病院へ戻ります。
[PR]

by aibiki2009 | 2012-07-26 15:25 | 母の闘病記 | Comments(9)  

母を連れて来ましたよ!

まず、皆様からのお誕生日コメント有難うございました。
63歳という中途半端な年齢になってしまいました。
これからも、健康に気をつけて色々なことがあると思うけど
まだまだ老け込まないで、頑張ります。

自分の誕生日を忘れるくらい、母の事で頭がいっぱいだったかも!
一か月ぐらい前までは、もうすぐ誕生日だと覚えていたのに。
母の病院から、母の転院の事を言われてからと、先日は一時帰宅も
言われて、やることがいっぱいになって自分の事が飛びました。

約束通り、今日の午後の面会時間に合わせて、家を出発。
1時帰宅の時間は、午後3時だったので、午後2時半に着くようにした。
姉も一緒に行くと言うので、姉を自宅まで迎えに行き、出かけた。

本人は、意外と記憶がシッカリしてて、「来たよ」って言うと
今日が帰宅の日と分かっていて、自力で起きようとする。
だけど、腕がプルプルと震えて、力も入らないようで、結局起きれない。
私が、後ろに回り、首ネックを抱えて起こした。

入院した時は救急車だったので私服は、無かったのです。
だから夏用の私服を持って行き、病院着から私服に着替えさせました。
そこに担当看護師が入って来て、お洒落した母を見て驚いてました。
「わ~~~格好いい!」って。
昨日、母の部屋の掃除をしたとき、姉がコーディナートしたんです。

私の車に乗せましたが、シートを倒してやや寝かせ気味にして楽な姿勢に。
新しい車になったのにも気が付かないのか、何も言いませんでした。
久しぶりの我が家へ帰って来ましたが、夕食は姉が作ってくれました。
母は、ずっと、味が薄い病院食ばかり。
姉が、頑張って、栄養のバランスを考えたメニューを作ってくれました。

b0181748_20372434.jpg
まずは、リビングのソファーに柔らかい座布団を敷いて寝かせ、エアコンを入れテレビを。
病院では、テレビはいっさい見なかったとのことで、約3か月ぶりに見せた。
足が見えてるのは、姉の足です。


姉が傍にいて良かったとつくずく思います。
午後6時に夕食を食べさせました。
手が震えて箸が持てないと言う母にフォークを持たせて自分で食べる練習をさせました。
母は、一応、美味しいって食べましたが、量的には、ごはんは茶碗3分の1。
おかずは、全体の5分の1ぐらいしか食べれなかった。

そして、食べさせたのは、ダイニングテーブルじゃなく、リビングのテーブルで
柔らかいソファーに座って食べさせました。
椅子に座るのもキツイと言ってますから。
食後、姉を自宅まで送ってきました。
その間は、母は1人です。
ちょっと心配だけど、1人でテレビ見ててって、姉と家を出た。

姉を送って自宅に帰ったら、1番大変って思っていたトイレに行きたいと言う。
「いや~~遂に来たか」これが1番心配だったのです。
1人で起きれない母を起こして、手を取って、そろりそろりといざトイレへ。
母は、便座に座るのもままなりません。
中腰で踏ん張れないので、中途半端にドスンって寝間着のまま座ってしまいます。

もう1度、両腕を抱えて立たせて、寝間着の下を下ろし、次に紙おむつを
はがして、便座の中央に抱えて座らせ、トイレをさせました。
何かあったら大変なので、トイレのドアは、開けっ放しでさせました。
じっと見てるのも何なので、トイレの横で待ってました。

終わったと言うので、下は自分でティッシュで拭かせました。
そして、新しい紙おむつを私がはかせましたが、これがまた大変です。
股を広げさせ、パットを入れて紙パンツをはかせ、そしてずりあげます。
その後、寝間着の下をあげました。

そして、食後に飲ませなければならない薬があるので、飲ませたが
これが4袋もあるじゃないですか?
母も大変だな~~って思ってしまいました。

先ほど、リビングから母の寝室のベットに寝かせましたので、このブログを書いてます。
9時ごろ飲ませる薬があるので、それが終われば今日が終了する。
姉が食事を作ってくれたから良かったけど、姉がいなかったら私が総てやらないといけない。

やっぱり、寝たきりの自宅介護は本当に大変だと実感しました。
わずか1日だけの試験帰宅だから出来るけど・・・・・・。
[PR]

by aibiki2009 | 2012-07-25 20:48 | 母の闘病記 | Comments(8)  

母の1次帰宅の為の大掃除をしました!

前日の約束通り、姉が朝から我が家に来てくれた。
母が入院したのは、まだ肌寒さが残る4月の20日でした。
部屋は、多少整理はしてましたが、基本的に冬の寝室のままでした。

母の衣類も秋冬用がそのまま吊るされている。
姉が、母の部屋の大掃除を担当してくれた。
ベットのシーツも冬用のボアシーツのまま。
私は、近くにあるイオンの寝具売り場へ、夏用シーツと肌掛けを
買いにいくことに。
自分の部屋も手つかずだったので、自分用の夏用シーツと肌掛けも
一緒に買ってきた。

帰宅した私は、今度はリビングの大掃除だ。
それと姉が撤去した、母の秋冬用衣類で洗濯できるアクリル系を洗濯機へ。
凄い数です、いっぱい出たので、次から次に洗濯だ。
洗濯が終わると、干します。
物干しをするところに、干せないくらいいっぱい洗った。

b0181748_2024472.jpg
敷きシーツを夏用のサラサラシーツに替えました。
夏用の肌掛けも買いました。夏用の寝間着も準備しました。枕カバーも夏用にしました。
ベット周りは、完璧です。

いろいろやっていると、午後2時ごろになった。
お腹が空いてきたので、私の車で食事に行くことに。
暑いので、サッパリ系を食べたいと言う姉の希望で和食割烹へ。
お寿司、ソーメン、てんぷら、茶わん蒸しがセットになった和膳があったので
それを頼んだが、朝から何も食べてなかった私には、かなり美味しかった。

食事が済んだら、もう午後3時ごろになっていた。
姉は、まだ片付けをしたいと言ったが、疲れるので止めさせた。
明日が、私の誕生日だと言うと、姉もビックリして「あ~~そうだったよね」
御免ね、忘れてて・・・。

姉が、「食事は私が御馳走するから」って。
それと、何もプレゼント用意してないから、何か買ってって1万円置いた。
掃除もいっぱいしてくれて、昼食もおごってくれて、お金まで貰って。
身内だけど、嬉しくて涙が出そうになった。

それから、姉を自宅まで送った。
私は、ハッと気が付いた。
玄関には、母がつかまれるように以前、取っ手を付けた。
しかし、トイレもままならない母だ。
トイレにも取っ手も着けなくちゃ・・・、それから近くのホームセンターへ向かった。

以前、玄関に着けたのと同じ物があった。
良かった~~~、そして、売り場を見てたら、夏用の敷物が展示してた。
そうだ、リビングも井草ラグに替えようっと・・・。
井草ラグも購入し、帰宅。

リビングを掃除機を駆け、汚い物は処分し、涼しい井草ラグにした。
う~~~ん、綺麗になった。
井草ラグの上に何も置きたくないが、テーブルと座椅子は置いた。

次は、トイレに取っ手を付けなくちゃ!
これが苦戦しました、付けたい裏が石膏ボードなのだ。
ドリルでネジを取り付けても、すぐ外れるのです。
母が、持って取れたら大変です。
ちょっと違う場所を叩いたら、どうも鉄筋みたいなのだ。

そこをコンクリート用ネジドリルで、電気ドリルを持って来てガーガーって。
もう、汗がダラダラ、体から流れる出る。
労働者は、きっと夏はこうなんだろうな~って、改めて思う私。
トイレの取っ手、取り付け完了!以前取り付けた玄関の取っ手!

それなりにいろいろ終わったのは、午後7時過ぎていた。
いや~~年末しか大掃除しないのに、頑張りましたよ!
もうヘトヘトで~~~~~~す。(疲労困ぱい)
[PR]

by aibiki2009 | 2012-07-24 20:57 | Comments(8)  

母を1日だけ自宅へ!

九州も今日、やっと梅雨空け宣言が出されました。
やっと大雨から解放され、これから、暑い日々が待っていることでしょう。

今日も、午後の面会時間に母のところへ行った。
すると、担当看護師が、ちょっとお話があるんですが・・・。
何だろうと思い、その看護師と話をしました。

お話は、母の今後についてだった。
担当ドクターから、症状がある所から小康状態で、今の現状だと
これ以上良くなる気配がない。
そして、母の病状からして、最終目標をどこに置きますかと言われた。

私は、母が入院するまでの状態が大きな病気じゃなく、倒れて肋骨にヒビが
入っての入院だったことを話しました。
そして検査したら、後燕性肺炎、糖尿病、骨粗鬆症、などいっぱい言われ
肋骨のヒビはどこかに吹っ飛んでいた。
だから、最終目標は、「また自宅に帰って、デイケアーへ行くようになる」のが
、最終目標ですと答えた。

それでは、一度お母さんの環境を変えてみましょう。
「お母さんを、1度自宅へ帰してみましょう」と言うことになりました。
「え~~、今の状態で帰宅ですか」って私。
毎日、病院にいると変化もないし、見てる景色も同じ。
ベットに寝てばかりいると、天井の模様しか見えません。

と言うことで、1夜だけ自宅へ外泊させることになりました。
今週の水曜日の夕方に病院を出て、家に連れて来ることになりました。
そして、次の日の夕方に、病院へ又帰るスケジュール。

帰って来たら、食事の世話が心配だ。(おかゆ、柔らかくしたオカズも作らないと!)
それと薬も食前、食後に飲むのも有るようだし。
姉が心配してくれて、明日、母の寝室の掃除をしようとなり、来ることに。
ついでに、市販のおかゆはまずいので、私がお粥を作ってあげるとなりました。

やっぱり、こんな状態で母が退院して帰宅したら、私がパンクする。
だって、1人で歩けない、トイレできないので紙おむつ、1人で食事出来ないの状態。
3度の食事の世話、トイレの付添、薬の世話ETC、母の傍から離れられない。

1日だけの帰宅だけど、今から緊張してます。

b0181748_22234957.jpg
今日の病院内の通路!
[PR]

by aibiki2009 | 2012-07-23 22:25 | 母の闘病記 | Comments(13)  

我がバンドの事が長崎新聞に掲載されました!

長崎新聞の1面の1番下にコラム欄があります。
コラム名は「水や空」と言います。
長崎県にお住いの方は、この長崎新聞を見る機会はありますが
県外の人は、まず見れません。

今回、掲載されたのは、本日、7月22日の朝刊です。
先日、ルークプラザホテルでやった、追悼ディナーショーのライブのお客さんに
このコラムを書かれてる(憲)さんも見えていたようです。
それで、今回、このコラムに書いてくれたようです。

コラムに書いてくれるなんて、これって普通の記事の欄にのるより
数段嬉しいことです。
今後、まず無いと思ってもいいでしょう!
亡くなった4人に対して、とてもいい供養になりました。

そして、今月の29日の日曜日に、亡くなったリーダーの弟(邦彦さん)の
1周忌が、長崎でも由緒あるお寺の大光寺で行われる。
早いもので、もう1年が来ました。
勿論、私も出席しますが、兄貴のリーダーともども、いい報告が出来ます。

掲載された内容を載せました。
どうぞ、お読み下さいませ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

b0181748_1895031.jpg

ハワイアン

 すっかりおなじみになったフラガールは、東日本大震災で被災した福島県いわき市にある温泉施設のハワイアン・フラダンスチームだ▲震災後の全国キャラバンなどで広く知られるようになった。フラガールとともに最近見直されているのがハワイアン音楽だそうだ。長崎市で先日、その懐かしいハワイアンバンドの演奏を聴く機会があった▲ハワイアンブームが起きたのは昭和40年代である。思い起こせば、そのころビルの屋上からハワイアンが街に流れ、ビアガーデンはどこもハワイアンバンドの生演奏を楽しむ人たちでにぎわっていた。古き良き時代の光景だったに違いない▲その後、屋上ビアガーデンは次第に姿を消し、ハワイアンバンドの数も減った。長崎市内で唯一活動を続けているのは、山田紀夫(としお)さん(71)=西彼長与町=がリーダーを務める「ブルーアイランダース」だ▲学生のころからスチールギターに魅せられた山田さんは、定期活動のかたわら小浜温泉街の活性化に、と3年前からバンドを率いて地元観光関係者らとハワイアンフェスティバルを開いている。先般の演奏会は、66歳で昨年死去した弟の邦彦さんら4人のバンド仲間を偲(しの)んでの追悼ライブだった▲県内外からのゲスト出演もあって演奏は4時間に及んだ。思い出の曲をたっぷり聴きながら、オンリー・イエスタデー(つい、きのうのこと)とつぶやいてみた。(憲)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長崎新聞社様、本当にありがとうございます。

Y田紀夫とブルーアイランダース一同

ブログ担当 ボーカル・ウクレレ aibiki

[PR]

by aibiki2009 | 2012-07-22 18:31 | その日の出来事 | Comments(4)  

試練の夏休み

大半の小中学校は、昨日まで学校で、今日から夏休みじゃないのかな?
子供が学校に通っている頃は、大切な夏休みなのでシッカリ覚えていたけど
子供は大人になり、2人の娘はそれぞれ母親になった今は、ハッキリしない。

それとTVを見ると、プロ野球でオールスターゲームがやってる。
私が小学生だったころ、覚えているのが、夏休みに入ったばかりのころに
プロ野球のオールスターゲームを見たな~と言うことです。
だから、小学中学校は、多分、今日から夏休みだろう?

夏休みには、各家庭、子供を連れてお爺ちゃんお婆ちゃんが待つ、
ふるさとへ帰ることでしょう。
又は、お盆に向けて帰郷する家族もいるでしょう。
また山や海へ、最近は海外旅行もするでしょう。

これは、学校が休みになる、夏休み期間中の大切な行事みたいだよね。
そして、子供たちは、沢山の思い出を作るのでしょうね!
曲の題名にもなる「夏休み」って言う言葉は、心に沁みるよね!

そう言う楽しい夏休みだけど、今、私は母が入院中だ。
だから夏休みも、何も、まったく関係ない。
今日も病院へ行って来たけど、そろそろ次のステップを考えないといけない頃!

先日も書いたように、母が入院してタイムリミットの3か月が目の前なのだ。
3か月を過ぎると、転院となるからだ・・・。
母は、完全看護の今の病院に、ずっといたいって言う!
「お袋よ」、俺もそうしたいよ、でも、そうもいかないんだよ!

楽しい夏休み期間は、私には試練の期間となる!

b0181748_2044888.jpg
母が入院してる病院の今日!
朝は雨だったけど、夕方には青空も覗いたよ!
[PR]

by aibiki2009 | 2012-07-21 20:09 | 母の闘病記 | Comments(4)