<   2015年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

秋の夜はレターメン!PUT YOUR HEAD ON MY SHOULDER

原曲はポールアンカが歌ってましたね!
曲名は、「PUT YOUR HEAD ON MY SHOULDER 」と言います!
邦題は、少し変えてまして「あなたの肩に頬をうずめて」ってなっております!
ここで歌っているコーラスグループは、レターメンと言います!
このグループも大学生の頃から、いっぱい聞いて、自分のバンドでやりました!
初めて聞いた時、素晴らしいコーラスって鳥肌ものでしたね!



このグループは3人しかいないので、ハモリの方法は、
1人がメロディーをとる、1人がオクターブ上を地声を出さない歌い方で歌う!
1人がその中間のハーモニーを歌う!
これでレターメンが完成するんです!

この方法は、わりと単純だから、すぐハモれました!
当時付き合っていた彼女に、クリスマスプレゼントは何がイイ?
そう聞かれて、レターメンのLPレコードのダブル盤が欲しいって言って
プレゼントしてもらった思い出がある!
今どうしてるんだろう、残念ながら、この彼女とは、別れました!(汗)

今も、レコードを収めている棚にあります!
当然、この曲も入っております!
このマイルドなコーラスを聞くと、20代の青春時代に戻ってしまいます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by aibiki2009 | 2015-10-31 18:00 | 音楽全般 | Comments(6)  

豪華客船と花嫁!

先日、入港したクァンタム・オブ・ザ・シーズ号ですが、昨日も入港!
今度は、間近で見たいと思い、松ヶ枝埠頭まで出かけた!

b0181748_17184142.jpg
水辺の森公園から撮影!
b0181748_17304936.jpg
間近で見ると、完全にマンションでございました!(笑)
b0181748_1720389.jpg
舳先の後方に333mで東京タワーと同じ高さの稲佐山!

その松ヶ枝埠頭の横に、平成15年(2003)、長崎港に面した内港エリアに
誕生した公園で水辺の森公園と言うところがあります!
あまり広くない長崎港を江戸時代からいっぱい埋め立てて来た長崎の港!
そして、狭くなった長崎港を更に埋め立てると聞いて、工事が始まる前は、
港内が更に狭くなるので、大反対で嫌だな~って思ってましたね!

b0181748_17122133.png
長崎港に面した水辺の森公園です!

だけど、山ばかりで、平地が少ない長崎には、嬉しい広い公園が出来た!
人間っていい加減で、完成して広々とした公園を見たら、これはイイって!(汗)
松ヶ枝埠頭から、そちらに散策するべく移動したら、なんと花嫁がいるではないですか!
何故、ここに花嫁がいるんだろう?
私はさっそく彼らカップルを撮影させてもらいましたよ!
思うに、ブライダルより事前に撮影会を、ここでやっていたのかもしれません!

コンデジカメラで私が撮影しました!
どうですか私の撮影の腕前は!

b0181748_161553100.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by aibiki2009 | 2015-10-30 17:38 | その日の出来事 | Comments(4)  

長崎古写真を訪ねて!(大村藩・長崎屋敷跡)

b0181748_1903113.jpg
この写真は、明治5年ごろ上野彦馬撮影となっている。(資料:長崎大学の付属図書館)

この中央に座っている男性は、誰でしょう?
長崎県大村市にお城がありますが、この男性は、その大村藩最後の藩主であった
大村純熙(すみひろ)と、その家族写真なのです!
彼は文久3(1863)年には長崎総奉行をも勤めている!

そして、純熙は明治2(1869)年の版籍奉還で藩知事へ、しかし明治4年(1871年)7月、
廃藩置県で藩知事を辞職してる、その直後の明治5年ごろに撮影したようだ。
場所は長崎の大村屋敷の玄関で撮影したと記録されてる。

この撮影した大村屋敷は、今はどうなっているんだろう?
こうして調べていくと、けっこう楽しいものだ!
この大村屋敷跡は、今、教会になっております!
屋敷跡が、教会になっているって言うのが、長崎らしいでしょう!

b0181748_19173470.jpg
大村藩屋敷跡の石碑!
b0181748_19182031.jpg
屋敷があった跡地にはちゃんと石垣が残っている!
b0181748_19234782.jpg
屋敷跡は、このように中町教会になってます!

最初に掲載した古写真は、上野彦馬によって、ここで撮影されたのです!
私が子供の頃って、この付近には大きな建物も無く、ここを歩くと教会がでんと建っていて
なんだか異国を歩いているようで、落ち着かなかったですよ!

今は、周りに大きな建物が多くて、当時の面影は全く無いです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by aibiki2009 | 2015-10-29 19:00 | 長崎の古写真 | Comments(6)  

秋の夜は、アニタカーシンガーズ!(Dear Heart )

この曲「Dear Heart」 は、1964年アメリカの映画(ロマンティックコメディー)の主題歌です!
日本語に訳すと「親愛なる心」ってなるのかな!
この曲を書いたのは、ヘンリーマンシーニで、先日お届けした「ひまわり」の主題歌を
書いた人だけど綺麗なメロディーを作るものですよ!
この曲はその後スタンダードになり多くのアーティストが歌ってます!



今回紹介するのは、アニタカーシンガーズと言います!
知らない人が多いと思いますが、コーラスGではかなり有名なグループかな!
アニタカーは女性で、かつリーダーであって、過去、東京音楽祭の時、1人で来日、
日本のハイファイセットと組んで女性2人、男性2人のカルテットで出場したことを思い出す!

私は、学生時代からソロボーカルも研究したけど、コーラスも研究し
いろいろな洋楽のコーラスグループを聞きまくった!
1番は、フォーフレッシュメン、ビーチボーイズなどに多大な影響を与えた!
このグループはその次ぐらいにくる好きなグループだったかな!

コーラスに女性の声が入ると、ほんとマイルド感が出て、ベルベットモード!
秋の夜に1人で聞いてると、しんみりし過ぎて、心に沁みこみ過ぎます・・・。(汗)

素敵なコーラスでした!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by aibiki2009 | 2015-10-28 18:04 | 音楽全般 | Comments(8)  

2ヶ月ぶりの雨!

いや~~長崎は今日、久しぶりの雨でございました!
ザ~ザ~降るような雨じゃなく、秋雨じゃ濡れて行こうくらいかな!

いったい、いつ以来の雨なんだろう?
長崎南部地区の過去の天気予報で調べてみましたよ!
そうしましたら、8月29日が雨でございました!
そして、それ以降のお天気が次の通りでございました!

9月(日にち・天気・気温)

1日晴れ27/23 2日曇り27/23 3日晴れ29/20 4日晴れ29/22 5日曇り27/21
6日曇り30/22 7日晴れ29/22 8日晴れ28/22 9日晴れ26/22 10日晴れ27/22
11日晴れ28/18 12日晴れ29/20 13日晴れ26/20 14日晴れ27/19 15日曇り26/19
16日曇り23/21 17日曇り27/20 18日晴れ28/22 19日晴れ27/19 20日晴れ28/18
21日晴れ27/20 22日晴れ30/19 23日曇り29/21 24日晴れ28/22 25日曇り27/22
26日晴れ29/22 27日晴れ30/22 28日晴れ31/21 29日晴れ29/23 30日曇り25/22

結局9月は、曇りはあるけど、雨は降ってなかったです!

10月(日にち・天気・気温)

1日曇り28/19 2日晴れ24/19 3日晴れ25/15 4日晴れ27/17 5日晴れ24/18
6日晴れ25/15 7日晴れ26/15 8日曇り23/16 9日晴れ25/14 10日曇り21/15
11日晴れ22/18 12日晴れ22/16 13日晴れ22/15 14日晴れ24/13 15日晴れ25/15
16日晴れ25/15 17日晴れ25/16 18日晴れ25/15 19日晴れ26/15 20日晴れ26/16
21日晴れ27/16 22日晴れ28/16 23日晴れ26/16 24日晴 26/16 25日晴れ24/17
26日晴れ25/15  

10月も、昨日まで、ほぼ晴れでございました!

b0181748_1710274.jpg
そして、本日の 27日がでございました!

ほぼ2ヶ月の間、雨が降ってなかったのです!
屋外でのイベントは、晴れ続きだったから、どこもバッチリだったのでは!
そして、9月と10月の温度があまり変わらないのが、今年の特徴かな!
今年の10月は、9月くらいの温度が続いてますよね!
屋外ライブ、運動、ウォーキングのためには、ほんと助かった9月10月だったですよ!

明日は、また晴れの予報ですよ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by aibiki2009 | 2015-10-27 18:30 | その日の出来事 | Comments(6)  

クァンタム・オブ・ザ・シーズ号・今月3回も入港!(動画付き)

b0181748_1633424.jpg
女神大橋をギリギリで通過するクァンタム・オブ・ザ・シーズ号
b0181748_16302871.jpg
松ヶ枝埠頭に接岸!近くで見たら、もうビルって感じかな!

この船は、2015年6月から上海を母港としてアジアクルーズに就航している。
日本初寄港は、上海発着の4泊5日のクルーズで、2015年6月27日に
博多港に寄港したが、その後、日本各地に寄港している。
だけど、ダントツで福岡寄港が多くて年間20回くらい、中華人民共和国駐福岡総領事館、
国土交通省、福岡市などの関係者が出席して歓迎式典が開催されるほどだ!

長崎は年間17回寄港する予定、その他の豪華客船もいっぱい寄港する!
クァンタム・オブ・ザ・シーズ号だけに絞れば、今月は、3回(10月7,16,29日)寄港、
寄港当日は、街中には中国人観光客で溢れてます!
以前のような爆買いは収まりつつあるが、まだまだいっぱい買う人も!

長崎は東京を中心に考えれば、西の果てで、遠いと思うでしょうが
長崎と上海は近いし、韓国も近い、従ってアジアを中心に考えると豪華客船的には、
ちょうど中継点にあたり、補給も出来て、観光も出来て良い位置なのです!

9月、10月、11月と、長崎は豪華客船の入港ラッシュでございます!
クァンタム・オブ・ザ・シーズ号が、長崎港を出港するシーンの動画が見つかりました!
港の入口に建った橋梁、女神大橋からの撮影と思われますが、ド迫力です!

ド迫力シーンは、動画を拡大してご覧下さい!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by aibiki2009 | 2015-10-26 19:04 | Comments(6)  

長崎古写真を訪ねて!(上野彦馬邸跡)

連日、快晴のイイ天気で昼間は暑いくらい、9月ぐらいのイメージかな!
今日は散策とウォーキングを兼ねて、長崎の古写真の地を散策しました!
今回は、古写真をいっぱい残してくれた上野彦馬を追ってみた。

上野彦馬は長崎市の銀屋町で天保9年に生まれている!
父・俊之丞は日本で初めて写真機材一式をオランダ人から入手した人物としても知られる!
その後、写真について勉強したが、当時、感光材で苦労し、独学で完成してる!

日本の写真の開祖、そして、日本で最初に撮影局(写真館)を作り成功した人!
その撮影局では坂本龍馬、高杉晋作ら幕末に活躍した若き志士や
伊藤博文など明治時代の高官、名士の肖像写真を数多く撮影したことで有名です。
福山雅治が演じた龍馬伝では、上野彦馬役をテリー伊藤が演じてましたけど
覚えておられるでしょうか?

b0181748_10494447.jpg
後ろの鳴滝と本河内を分ける山、武功山の稜線は幕末に外国蒸気船の
燃料として切り出されたのか、はげ山に近い状態である。
矢印の白い武家塀の屋敷が、明治15年(1882)に新築された上野彦馬邸である。
だから、明治15年ごろの撮影らしい!
今は、川も石垣で狭められ、このような広さはない!

b0181748_10553812.jpg
長崎駅からまず長崎県立図書館のすぐ傍に建てられてる銅像まで歩く!
彼は日露戦争の頃亡くなっている!
b0181748_11515018.jpg
県立図書館から、以前は家がそのまま残っていたらしいが、今は壊された跡地まで歩く!
b0181748_153244.jpg
上野彦馬の邸宅前を流れる川ですが、狭くなり面影無し!
b0181748_1154392.jpg
跡地のすぐ前に、当時の撮影局を再現してます!
b0181748_11563688.jpg
この写真機は銅像と同じで多分銅で作られてると思う!
b0181748_115994.jpg
写真機と同じ場所からパチリ!
b0181748_1285620.jpg
その後、亀山社中から龍馬も歩いたと思われる江戸時代から続く中通り商店街を歩く!
長崎を訪れた歴史上の有名人はほぼ全員、中通り商店街を歩いたのではないでしょうか?
確たる証拠があるわけはないですが、歴史的にもロケーション的にもおそらくそう考えて
間違いない位置にあるのが中通り商店街です!

b0181748_12151050.jpg
その後長崎港の入り口、大波止へ出て、そこから長崎駅まで歩く!
今日も軍艦島へ向かうクルーズ船は観光客でいっぱいでしたよ!
久しぶりの歩きは、けっこう疲れたよな~~!

元気に回復したいので頑張りました!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by aibiki2009 | 2015-10-25 18:48 | 長崎の古写真 | Comments(6)  

映画・「ひまわり」 (イタリア映画も良かった!)



今日も若い頃見た映画で、心に残る「ひまわり」を紹介したい!
1970年公開のこの映画も、非常に考えさせられる映画だった!
映画館で映画は見たけど、見終わってしばらく席を立てないくらいだったです!
私が21歳のころ、映画の内容も良いし、もちろん主題曲も素晴らしい!
場面場面で、この曲が流れるんですが、何度も涙が出そうになったものです!

音楽をアメリカ映画で活躍していたヘンリー・マンシーニが担当してます!
この曲によってかなりの効果が出ていると思いましたね!
数多くの映画音楽を担当した彼の作品の中でも特に評価は高く私も曲を制作した!

内容は
戦争によって引き裂かれた夫婦の行く末を悲哀たっぷりに描いた作品!
舞台はイタリア、そして旧ソビエト、これも男と女の悲しい物語だったです。

戦争でソ連戦線に行ったが戦後、祖国に戻らず、現地の女性と結婚し子供をもうけ、
ソビエトで現地人として生き続ける、いっぽう戻らない夫を待ち続ける妻!
その夫を探しにソビエトまで行く妻、そして現地妻と生活する夫と再会するも・・・!
ソフィアローレンとマルチェロマストロヤンニの夫婦での演技も抜群!
エンディングでの地平線にまで及ぶ画面一面のひまわり畑が評判となったほど。

日本でも、戦争により、このような悲しいお話は聞いて知ってます!
日本軍男性とソ連女性、日本軍男性とインドネシア女性などを知ってます!
戦争が無かったら知り合うことは無かった男と女!

悲しい映画だったです!(音楽も最高だったです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by aibiki2009 | 2015-10-24 18:58 | 音楽全般 | Comments(4)  

「パリのめぐり逢い」 (秋はフランス映画だった!)



この映画は1967年制作である!
1967年と言えば、私が1949年生まれだから、差し引くと18歳ですね!
テーマ音楽も良いし、青春真っ盛りの感受性が1番盛んな私にビンビン響きました!
そして、映画では、ちょっと大人の恋愛を垣間見たって感じだったです!
フランス映画で恋愛の深さを学び、イタリア映画で彼らの陽気さを知った!

当時は、フランス映画、イタリア映画などヨーロッパの映画が日本に
いっぱい輸入され、映画館に通ったもの!
最近は、アメリカ映画ばかりで、フランス映画は、まったく見れませんね!
買付する洋画会社の方針なんだろうか? それとも映画制作が減り
魅力ある作品が無いのだろうか?

この映画のストーリーは

ニュース・リポーター、ロベール・コロンブ(イヴ・モンタン)は、妻のカトリーヌ
(アニー・ジラルド)との間が、決して不満だらけというわけではないが、
単調な日常生活の繰返しに耐えられず、時には恋のアバンチュールを楽しんでいた。

ある日、彼はキャンディス(キャンディス・バーゲン)というファッション・モデルをしながら
ソルボンヌ大学に通う娘と出会い、そのみずみずしい知性的美しさに強くひかれた。
そして、アフリカへ取材に出かけることになったロベールはキャンディスに
同行を誘うと彼女はすぐに同意した。
ケニア砂漠での二週間は、二人の間をさらに深く結びつけ、野生の猛獣撮影が成功した夜、
二人は初めてベッドを共にした。

パリに帰ったロベールは、カトリーヌの発案で、アムステルダムへ休暇旅行に発った。
久しぶりで夫婦は語りあい、愛しあった。
そしてある日、ロベールはアムステルダムまで彼を追ってきたキャンディスの姿を見た。
彼は二日だけ仕事でパリに帰ると妻に告げてキャンディスの待つホテルに向った。

しかし、帰ってきたロベールを見て、カトリーヌはすべてを察し、
パリへ帰る途中のブラッセル駅で一人降りてしまった。
パリへ帰ったロベールは、キャンディスと一緒の生活をはじめたが
しかし、その生活はなぜか空ろで虚しかった。

妻のもとに帰るが、こころよくは迎えてはくれなかった。
しょうがなく、妻の元を去ろうと、雪におおわれた車のフロント・ガラスをはらい落した時、
彼は再びその中に妻の笑顔をみたのだった。


追伸
私は、妻役を演じた、アニー・ジラルドの表情の演技に泣けた!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by aibiki2009 | 2015-10-23 18:10 | 音楽全般 | Comments(6)  

或る列車!

今日、我がマンションの前をいつもと違う汽笛を鳴らし通過する列車!
「いつもと違う汽笛だな~」って何気に列車を見たら、全体がゴールドの列車!
「あ~~いつかネットで見たあの列車だ」すぐ気がつきましたが、写真を
撮る為のデジカメは準備しておらず、自宅前を走る姿は、撮影出来なかった!

或る列車のことを調べてみた!
平成27年、すなわち今年の8月8日から、JR九州で「或る列車」”が営業運転を開始。
10月12日までは、大分~日田間を1往復する運用で、11月1日から3月30日までは
長崎~佐世保間(大村線経由)で1往復運用される予定と書かれている。
そうか、あの列車は、そのための試験運転だったんだろう!
b0181748_1726153.jpg
大分県を走る或る列車!(JR九州の写真をお借りしました)
b0181748_1727143.jpg
悪口も聞こえていて、仏壇に見えるって!(笑)
b0181748_17283571.jpg
金曜日と日曜日は、豊後森駅で「ななつ星」とすれ違っていたそうです。

なお、車内では東京・南青山のレストラン「NARISAWA」のオーナーシェフである
成澤由浩氏が演出を手掛けたスイーツ等が提供され、サンドウィッチやサラダを
閉じ込めた小箱とスープからスタートし、旬のフルーツをたっぷりと使ったスイーツ3品、
そしてミニャルディーズ(お茶菓子)へと続きます。

また、料金は運賃を含めて基本プラン料金 お一人様20,000円~!
(二人席をお二人でご利用の場合)とのことです。
基本プランは「佐世保→長崎駅」など運行区間の片道JR、スイーツコース、ドリンク代込み。
個室利用の場合など別途料金が掛かるとのこと。

何はともあれ、チャレンジし続けるJR九州!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by aibiki2009 | 2015-10-22 18:25 | その日の出来事 | Comments(4)