ブログトップ

68歳現役ボーカリスト

<   2016年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

昨日の崖崩れの家、今日崩壊しました!

連日の大雨に見舞われている九州では、30日も南部を中心に
断続的に雨が降っていますが、北部は午後になって降るのが停まってます!
どうか、このまま降らないで欲しいものです。
だけど、昨日書かせてもらった崖崩れの家ですが、さらに進み、宙に浮いていた
民家がついに崩落してしまいました!


b0181748_16261921.jpg
崩れ落ちる瞬間で、家が斜めになってるところ!
b0181748_16254234.jpg
家が崩れ落ちて、下の家も崩れる!

一昨日の28日の崖崩れで基礎の石垣が崩壊し、一部が宙に浮いた状態に
なっていた長崎市の民家が30日午前10時ごろ、崩落しました。
消防なども、2次災害になったらいけないと、近寄れなかったようだ。

そして、付近の住民らはすでに避難していたようで、この崩落によるけが人の
報告は入っていません。
もし、これが、夜に寝ている時だったら、相当の死亡が出たかもしれない。
斜面いっぱいに広がる長崎の住宅は、大雨が降るとほんと恐ろしいものだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by aibiki2009 | 2016-06-30 19:15 | その日の出来事 | Comments(6)

長崎も大雨で崖くずれ発生!

その後もずっと雨は降り続けております!
6月の一カ月の雨量を数日で達成したくらいの大雨が続いてます!
斜面いっぱいに広がる長崎の中心部住宅が、とても心配でした。
1982年に起きた長崎大水害で死者、行方不明が299名も!
水害って言われますが、水でおぼれたと言うより、その80%は崖くずれによる死亡だ。

b0181748_12435643.jpg
午前10:00ごろの天気図ですが、強い雨雲が九州に集中してます!
b0181748_1247417.jpg
今回の発生場所は、長崎駅から数分で行ける中心地。
中心地と言っても、長崎駅からすぐ上は斜面地で、そこに住宅地が這うように
伸びていて丘の上には更にホテルまである。

先日書いた26聖人記念碑がある所からすぐの隣町なんです。
この被害状況が、TBS系全国ネットで放送されたくらいです。
そして、現地には行けないので、放送のTVの画面を写真に撮りました。

b0181748_12462862.jpg
住宅の前は石垣で造成していたようだが、それが崩れている!
b0181748_12464370.jpg
下にある家も被害に!
b0181748_12485184.jpg
正面から撮った写真だとこうなる!
家だけ残り、下の方は崩れて無い状態で、エアコンの室外機がぶら下がっている!

大雨が続くと、崖は、いつかは崩れる!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by aibiki2009 | 2016-06-29 19:36 | その日の出来事 | Comments(6)

「長崎ブルース」は4つもある!

長崎ブルースと言って1番有名なのは、なんと言っても青江三奈の
長崎ブルースじゃないでしょうか!
累計売上は76万枚を記録したようで、その後、東映で映画にもなってる!
この「長崎ブルース」は、同じ曲名で違うのが、合わせて4曲出ています。

ちなみに、長崎の歌では、同じ曲名だけど違う曲ってけっこうあるんです!
同じ曲名で異曲は珍しいことではありません。
例えば、 「長崎慕情」と「長崎みれん(未練)」と言う曲名で各8曲もあるんです!

では、その長崎ブルースの4つを紹介しましょう!

1曲目は、長崎の鐘で有名な藤山一郎の「長崎ブルース」
(昭和29年=1954、藤浦 洸・作詞、古賀政男・作曲、藤山一郎・歌)


Youtubeで曲を見つける事が出来ました、こんな曲でした。

2曲目 ディック・ミネの「長崎ブルース」
(昭和29年=1954、大高ひさお・作詞、宮脇春夫・作曲、ディック・ミネ・歌)
残念ながら、Youtubeで見つけることは出来なかった!

3曲目 天ヶ瀬美和の「長崎ブルース」
(昭和42年=1967年、小島胡秋・作詞、伏見竜治・作曲、天ヶ瀬美和・歌)
残念ながら、この人の曲は聞いたことはないです!
調べたら、この女性歌手のデビュー曲だったようで、ヒットしてません!

4曲目.青江三奈の「長崎ブルース」
(昭和43年=1968、吉川静夫・作詞、渡久地政信・作曲、青江三奈・歌)


本当は3番までありますが、これでは2番までです!

「思案橋ブルース」に1カ月遅れて出た青江三奈さんの「長崎ブルース」は
東京の作詞家、吉川静夫(よしかわしずお)さんが作詞したものです。
吉川さんは長崎取材の際、そぞろ歩きしながら町の空気や人情を酌み入れたそうです。
1番から思案橋を歌っており、「思案橋ブルース」とともに、思案橋の名を全国に広めました。
作曲の渡久地さんも若い時、長崎に住んだことがあり、著書によると、この歌の作曲では、
丸山界わいを冷やかしながら歩いたことなどを思い出し、長崎の色っぽさを盛り込んだそうです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







 
[PR]
by aibiki2009 | 2016-06-28 19:25 | 長崎の歌 | Comments(10)

出島ワーフでトルコライス!

昨日の長崎県美術館帰りにランチをしたんですが、場所は出島ワーフ!
長崎の地元の人ならすぐ分かりますが、県外の人には分からないと思うので
出島ワーフを紹介しましょう!

長崎は昔、上海航路がありまして、当時、終点の長崎駅から更に延長して
長崎港にまで線路を伸ばし、船から降りたらすぐ列車に乗れるようになっていました。
その航路も廃止されたので、その駅も廃止され、近辺は廃れておりました。

b0181748_20241620.jpg
その長崎港周辺のベイエリアを整備して作られた複合商業施設が「出島ワーフ」。

和食、洋食、中華料理やイタリアンの飲食店をはじめ、美容室、アウトドアショップなど
個性豊かなショップが並んでいます。
作られたのは、平成11年ごろだから、まだ新しい施設でございます。

b0181748_20355371.jpg
また長崎港の目の前なので、このような風景を見ながら食事ができます!

港を楽しむ憩いの空間って、すごく贅沢で食事も美味しい。
この日は天気が良いので、テラスで爽やかな海風を感じながらランチしたんです。
久々に美味しいトルコライスを楽しめました。


b0181748_20174997.jpg
これが長崎名物のトルコライス。

何でトルコライスと命名されてるのか分かりません。
ピラフとトンカツとナポリタンがメインで、サラダとスープが一緒になったもです。
よく言われるのが、大人のお子様ランチ!

かなり美味しかったですよ!
ここから見る夜景もひと味違った美しさです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by aibiki2009 | 2016-06-27 20:40 | その日の出来事 | Comments(6)

第47回長崎県美術協会展 へ!

今年の梅雨は、驚異的な雨が降り続いて何処へも出かけられないくらい。
その雨続きの隙間をついて、今日はやっと晴れの予報!
出かけない手はない所へ、姉が出品してる美術展へのお誘い。
アッシー君で一緒に行って来ました。

長崎県美術協会展に出品する資格があるのは、県展で6回以上入選するか、
中央の美術展に3回以上の入選者しか出展出来ないとのこと。
私の姉は、中央の東光展に6回入選してるので、問題無く絵を出せるのです!
こう言う事がないと、なかなか美術館へは行かないから、目の保養になる。

雨続きでイライラした日々だったので、少しは癒されました!
そして時間をかけてタップリ鑑賞してきました。
残念ながら、本日をもって展覧会は終了でございまして、何とか間に合いました!

b0181748_1741883.jpg
長崎県美術館に到着!
近くに、有料駐車場があるので安心、いつ来ても、モダンな作りで気分がいい!
b0181748_1744185.jpg
会場の入り口!
b0181748_1749622.jpg
油絵、水彩画コーナー!(個人の絵のアップは禁止なので、遠くから撮りました!)
b0181748_17473943.jpg
日本画、南画コーナー!

これらの他に、写真コーナー、彫刻コーナーもあり楽しめました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by aibiki2009 | 2016-06-26 19:30 | その日の出来事 | Comments(6)

ジューンブライドなので、私の「ハワイの結婚の歌」を!

ちなみに、演奏も総て私がシーケンサーで作りました!

欧米では6月に結婚すると幸せになれるといわれており、
日本でも数十年前から取り入れられるようになったようだ。
その由来には様々な説があってギリシャ神話説、ヨーロッパは日本と違って
6月が気候が良いからと言う説、あとは6月が農閑期になるからと言う説。
この3つの説があるようですが、日本は、ちょっとニュアンスが違っているようです。

日本の場合は、ちょっとガッカリで 日本では1967年~68年に、ホテル業界や
ブライダル業界が売り上げ向上を狙ってジューンブライドを打ち出したのがきっかけ!
日本の6月は梅雨の時期で、雨が多く多湿なことに加え、当時の婚礼を挙げる施設では
空調設備などが整っていなかったため、挙式をする人が少なかったのです。

そのため、ブライダル業界が6月にも挙式するカップルが増えるよう、
ジューンブライドの言い伝えを広めたとされている。
当初は、あまり効果が上がらなかったようだが、近年では空調設備が整い、
室内での演出も豊富になってきたことから、ジューンブライドが浸透していったのです。

バレンタインの時、チョコレート業界が売り上げ向上の為に、チョコレートを
あげましょうとキャンペーンし、今じゃ日本の社会行事にまでなったパクリじゃないの?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by aibiki2009 | 2016-06-25 19:46 | 独り言 | Comments(9)

ジャガタラお春は不幸じゃない!

b0181748_1142574.jpg
先日紹介した観音様がある福済寺を後にして、10分ぐらい歩くと、聖福寺がある!
b0181748_1152359.jpg
ここにジャガタラお春の石碑があって、大きな石に「ジャガタラお春の碑」と刻まれている!

ここら辺は、筑後町と言って、お春が住んでいたところです。
彼女は1625年にイタリア人航海士と日本のキリシタンの女性のマリアとの間に産まれる。
容姿端麗、学業優秀で長崎のここ筑後町で家族と共に14歳まで住んでいましたが
14歳の時に幕府の鎖国令によって、海外に母や姉と共に追放されてしまいます。
b0181748_173068.jpg
このお寺は、別のことでも有名なお寺でして、それは海援隊が関係した「いろは丸事件」
の話し合いがここ聖福寺で行われてるんです。

彼女は追放後に「日本恋しや、恋しや日本・・・」というような悲劇的な自分の境遇を
歌ったじゃがたら文という文章を日本に送り、人々の涙を誘いました。
明治時代のある政治家は「じゃがたら文を読んで泣かざるものは人でない」と言ったほど。
昭和14年(1939年)には、じゃがたら文を下敷きとして歌謡曲「長崎物語」も。

しかし、このじゃがたら文、あまりにも少女の作としては流麗かつ教養がありすぎ、
長崎の天文学者の西川如見の創作である事が定説になってます。
まあ、実際、お春は混血児として日本では差別されたらしく、おまけに日本に居たのは
14歳まで、しかも母親や姉と共にの追放だったわけで、そんなに悲劇的じゃない。

日本を出てからのお春の人生それは幸せなもので、自分と似たような境遇で
オランダ人との混血のシモン・シモンセンと結婚し三男四女をもうけている。
シモンシモンセンは、オランダ東インド会社で活躍したようです。
だから、ジャカルタに流されたお春ですが、結婚後は裕福に過ごしたようです。

ジャカルタで奴隷の売買や死後の自分の遺産分配を書いた記録を残すなど、
大変、裕福であったばかりではなく、自立した近代的な積極的な女性だったのです。
1697年4月に72歳で死去したという記録が残されている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by aibiki2009 | 2016-06-24 19:25 | 歴史っぽいお話 | Comments(6)

道富丈吉のお話 (日蘭ハーフ)!

久しぶりに、雨が止んだ長崎は、一息ついております!
今日は、長崎の歴史の事を書きますが、ちょっとせつないお話です!
時代は、鎖国時代の長崎で、当時の長崎奉行はあの桜吹雪の刺青で有名な
遠山の金さんのお父さんで、遠山左衛門尉景元のころ。

この道富丈吉の父はオランダ商館長(カピタン)のドーフと言う人である。
母は遊女となっているが、遊女の身分でなければ出島に入れなかったので、
シーボルトの長崎妻も、仮に遊女の身分になったとも言われていて、真実は不明。
だから、この女性も普通の娘であった可能性もある。

b0181748_18243551.png
彼の肖像画は残っていないが父、ドーフの肖像はありまして、この人である。

カピタンの仕事も交代の時が来て、父ドーフは彼をつれて帰りたかったが日本の国法では
それができないのだ、だから残された子は、日本で混血児として苦労するだろうと思い、
日本を離れる時、子供のために長崎奉行にくどくどと子供の行く末を頼んでいるのである。

そのため彼は長崎奉行の遠山左衛門尉景元に自分の財産である白砂糖を預け、
その利子を子供の養育に当てることを頼むのである。
白砂糖と言っても馬鹿にしてはいけませんよ。
記録によれば、その預けた白砂糖の代金の利子だけで年間400両もあったのです。
当時、砂糖は日本で超貴重品であったから、充分な養育費です。

さらにドーフは幼い子供に名前をつけますが、オランダ語の名前では将来いじめられるかも
知れないと思ったのでしょう、日本名「道富丈吉」と名づけます。
そして、この道富(ミチトミと読む)は、音で読むと「ドーフ」、自分の名前も刻んでいる。

その丈吉はかわいそうに17歳で病没するのです。
シーボルトの娘、いわゆるオランダおいね、は有名であるが、彼のことを知る人は少ない。

なお、丈吉の墓は今も長崎の晧台寺にある!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by aibiki2009 | 2016-06-23 19:08 | 歴史っぽいお話 | Comments(8)

こんな日を待つ!

みなさんもニュースなどでご存じかと思いますが、九州は大雨の真っ最中!
活発な梅雨前線の影響で九州地方は22日、長崎市で1時間に120ミリを
超える猛烈な雨を観測するなど、北部を中心に大雨に見舞われております。
そして、台風シーズンじゃなくて梅雨なんですが、毎年、何名かの死者を必ず出す。

私は、この大雨と強風が続いていて、外に出る事も出来ず、部屋で過ごす日々。
この雨と風でベランダの手すりに置いてる花達も全滅し、残りは部屋側にある小花だけ。
そして部屋にいると、梅雨独特のジメジメで、ほんと気持ち悪い。
ベタベタするのでエアコンを入れたりするけど、気温は低いので冷え過ぎてまだ寒い。

この季節は毎年来るけど、今年の雨はちょっと酷いし、集中的に降るって感じ。
水不足が言われている関東なら嬉しい雨なんだろうけど、もうイイよ!
ニュースによると福岡や長崎など5県で計約21万世帯約53万人に避難指示です!

こんな日が早く来てくれ!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by aibiki2009 | 2016-06-22 19:45 | その日の出来事 | Comments(10)

無残にも!

いやいや良く降った!
雨は昨日から、今日の午前中まで、降ったり止んだりはしたけど
雷は鳴り響き、突風が吹いてけっこう大変だった。
稲妻がピカ~~~って何度も光り、その後、ゴロゴロ~~!
一時、テレビの画面が消えたりしたし・・・。

当然、マンションに住んでる私の家も、窓側は容赦ない。
写真でお分かりのように、ある程度高いところに部屋はあるのです。
そして、一生懸命花摘みして育てたペチュニアが無残にも飛び散りました!
まだまだ夏に向けて楽しめたのに・・・・。

b0181748_1740437.jpg
まだ小雨状態だけど、こんな状態になってしまいました!

ちなみに、下の画像が先日までの様子!
b0181748_1752099.jpg

こんなに綺麗だったのに! ショック!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by aibiki2009 | 2016-06-21 19:04 | その日の出来事 | Comments(8)

還暦を過ぎても、現役ボーカリストで頑張ってます。スタンダードやハワイアンを中心に歌ってます。血液型 O型