ブログトップ

68歳現役ボーカリスト

09年6月12日 ウクレレ3部作・最終日は、ウクレレ界の神様。

音楽

一昨日のスーパーウクレレガールが、娘なら、昨日のジェイク・シマブクロは息子。
じゃ~~お父さんは?

そうです。
お父さんって感じがピッタリなのが、「ハーブ・オオタ」だ。
今日は、ウクレレの話題の最終日とさせていただきます。


本名はHerbert Ichiro Ohta。
OHTA-SAN(オータサン)の愛称で知られ、「ウクレレの神様」とも言われている。

幼少時からエディ・カマエの影響を受けて猛練習を重ね、
OHTA-SAN STYLE と呼ばれる独自のウクレレ奏法を確立したのです。




両方の指使いを拡大して、映像にしてるので非常に参考になる映像だ。
右の手の親指の爪に注目。



15歳でプロデビュー。
ハワイアン音楽だけにとどまらず、ジャズ、ラテン、クラシック、ポップス、ロックなど
あらゆる種類の音楽をウクレレ一本で演奏するというスタイルは、
多くのミュージシャンに影響を与え、ソロ楽器としてのウクレレの可能性を大きく広げたのです。

日本語も堪能で、1953年~1963年の朝鮮戦争時には、アメリカ海兵隊司令官付通訳として約11年間、韓国と日本にも駐屯している。
1980年代後半からは毎年のように来日するようになり、日本における第二次ウクレレブームの火付け役となったのです。




日本のギターデュオ・「ゴンチチ」と「オオタサン」とのコラボの映像。
彼らのほのぼのとした会話にも、癒されるし、オオタサンのウクレレは、やっぱり最高。


この人がいなかったら、ウクレレブームは来なかったでしょうね。
そう言う意味では、「ウクレレの神様」って言うのは、まんざらオーバーな表現じゃないのです。

さらに現在は、オオタジュニアーも大活躍している。
[PR]
# by aibiki2009 | 2009-06-12 19:30 | 音楽全般 | Comments(2)

09年6月11日 今日も、若者に人気のウクレレプレーヤーだ。

音楽

昨日に続き、それまでマイナーな楽器だったウクレレを、若い人に影響を与え、かつ、自分もやってみたいと目標にされたミュージシャン、ウクレレプレーヤー「ジェイク・シマブクロ」を紹介します。






凄いテクニックだったでしょう?


私も彼を知って、まだあまり期間は経ってない。
5年程度だ。
勿論、彼が日本でも知られるようになったのもまだ日が浅い。
それまでは、1部コアな人の間では知られていましたが、
映画「フラガール」の音楽担当をやったことで、さらに知名度は上がったと思います。

映画「フラガール」で流れたジェイクの曲をお聞き下さい。


おしゃれでしょう・・・・・。
そして綺麗なメロディーでしたね。


昨日の女性ウクレレプレーヤー・「タイマネ」も初めて見た時、ぶっ飛びましたが
この「ジェイク・シマブクロ」も、同じように初めて見た時、彼の指使いの早さと、ストローク
の早さにもぶっ飛びました。

今日も、このような凄いウクレレプレーヤーがいるってことを紹介しましたが
これから、色々なジャンルの素晴らしいプレーヤーを紹介していきます。

どうぞお楽しみにね・・・・。
[PR]
# by aibiki2009 | 2009-06-11 21:27 | 音楽全般 | Comments(7)

09年6月10日 スーパーウクレレガールを見て。

音楽

今、若い女性のみならず、老若男女講座ブーム。
何かしら習っている人多いでしょうね。

特にリタイアした人は、多くの習い事をしている。
例えば、水彩画、南画、絵手紙、油絵、踊りもいっぱい。
日本舞踊、祝舞で踊るような奴(思い出せない)、カントリーダンス
フラダンス、フォークダンスいっぱいある。

でも楽器をやりたい中高年も多い。
当然、リタイアしてる人が多いかな?

ピアノをやる人。
ギターをやる人。
サックスをやる人。
ドラムをやる人。
それぞれ、レッスンの先生のついてマンツーマンで
やられている人も多い。
でも、一向に上達しないと嘆いている。
いいんじゃないの、マイペースでやれば?

そう言う中、意外と人気なのがウクレレだ。
私が若い頃は、ギターがメインで、ウクレレは忘れられた楽器だった。
団塊世代の若者は、当時、ギターばかり弾いていたように思う。

最近、ウクレレの人気が凄い。
私のバンドのリーダーもNHKでウクレレ講座の先生をやってる。
生徒さんも結構多いと聞く。
楽器そのものが可愛いし、弦も4本だし、取っ付きやすいと思うんだろうね?
やってみると、奥が深い楽器だけどね。

以前は、リズム楽器がメインだったが、最近はリード楽器での活躍が
目につくようになってきた。
これは、ハーブオオタさんや、ジェイクシマブクロの功績が大だ。
彼らの出現で、若者がウクレレを弾きだしたからね。

しかし、リード楽器としてやるには、エフェクターなどいっぱい準備して
演奏しているみたい。
じゃないと、あのような綺麗な音は出ないよ。







最近、ウクレレ奏者のすごい人を見つけました。それも、女性。
名前は、Taimane(タイマネ)と言います。
ハワイの女性ですから、当然ハワイアンもやりますが、彼女の
凄いところは、ウクレレでロックを演奏するのです。
またボーカルもやります。
これが結構上手い。





驚きのテクニックでしょう?
私は、ぶっ飛びました。

[PR]
# by aibiki2009 | 2009-06-10 22:53 | 音楽全般 | Comments(4)

09年6月9日 GeorgeWinstonでも聞きながら癒されたい。

今日も変な宗教団体の脱税問題がニュースで流れていた。
夢の無いニュースばかりだ。
先日、日本のサッカーがワールドカップ出場を決めたが、
唯一嬉しいニュースだった。

何だか暗いニュースが多いし、おまけに、これから梅雨入りだ。
只でさえ、暗くなるので、癒される「ピアノ」から「憩い」が欲しくなった。
哀しくも美しく奏でるGeorgeWinstonのピアノに癒されたくなった。

私は、ボーカリストだから、どうしてもボーカル中心に聞く。
だが、たまに「シンプルな言葉の無い音楽」も良いかも知れない。

ピアノだけが聞える空間に「染められた自分」を洗い流すのも良いかも知れない。
聴いてうとうとした後に、何かが素敵なモノを夜呼び覚ましてくれるかも知れないから。


ボーカリストの私には、今宵はチョッと気分転換?
たまに「癒される妄想」でもするかな?







どうでした。
ウトウトしてきたでしょう?

でも、心は癒されているはず・・・・・・・。


ついでに、昨日、書いたドンホーのボーカルをお聞き下さいませ。
曲は、「I’ll Remember You」です。
私の大好きな曲なんです。
この曲を聞いて、痺れましたです。(ハイ)
ドンホーが若い頃から、亡くなるまでのスナップが見れます。


[PR]
# by aibiki2009 | 2009-06-09 20:05 | 音楽全般 | Comments(2)

09年6月8日 私が、ハワイアンをやったキッカケ。

私は、バンド活動は大学生から始めた。
高校時代は、エレキブームと言う奴が全盛だった。
しかし、いろいろあって、一人で安いギターを弾く程度だった。
その反動が大学生になったら一気に出た。

受験生の頃から大学に入ったら、加山雄三の若大将みたいな
学園生活をするぞって希望を持っていたからです。
どう言う事かと言うと?


~~大学生になったら~~
1、楽器を弾き、バンド活動をする。
2、勿論、恋もする。
3、スポーツもする。
4、少し、勉強もする。

このような目標を持って、大学生になった。
だから、新入生のサークル勧誘の時期、音楽サークルに
入ることは決めていた。
問題は、どの音楽サークルへ入るか?だけだった。

1、
2、
当時の大学の音楽サークルと言えば、ジャズオーケストラ、交響楽団、
マンドリン部、ウエスタン部、ハワイアン部、グリークラブそれ位だったと思う。
ビートルズ、ベンチャーズ、ストーンズ、PPM世代の我々ですが、
それらを再現できそうなサークルは無かったのです。

フォークソングクラブもまだ同好会扱いだった。
もちろん、ロックなどをやりたくてもサークルが無いのです。
当時、ハワイアン部だけが、軽音楽部と名前がなっており、私のやりたい音楽に
一番近いサークルだったのです。

そうして、ボサノバなどをやるんだろうな~と思って軽音楽部に入ったら、
やってる音楽はハワイアンだったと言うのが、現実の話だ。
ハワイアンは、ハワイアンでもコーラス中心のモダンハワイアンだったけどね。
アリーズやドンホー中心の・・・・・。
いわゆるジャズコーラスでフォーフレッシュメンを思わせるコーラス。
それで、ハワイアンの曲をやっていた。


1、私が目指したドンホーです




2、私の現在のステージ衣装の基礎になったスナップだ。






私がこのサークルに留まった要因がもう一つあります。
それは、このサークルの歴史です。
長い歴史があり、数多くのプロミュージシャンを輩出していた。
1番有名なのが、和田弘とマヒナスターズの和田先輩。

当時、このサークルの出身で出世頭でした。
残念ながら最近、亡くなりましたけどね。

又、モダンハワイアンのブームも短かったな~。
その後、私らの後輩のバンドは、ハワイアンはやらずフュージョンや
管楽器を入れたBSTなどをやるようになり、ハワイアンはスッカリ消えた。

私等が最後のハワイアンをやった学年だったのです。
それでもハワイアン50%、ジャズ・スタンダード50%ぐらいだったです。
今、ハワイアンが再度フラダンスのお陰で、復活。
当時、ロックをやってた連中が、中年になりハワイアンをやりだしているのです。
[PR]
# by aibiki2009 | 2009-06-09 00:40 | 音楽全般 | Comments(2)

還暦を過ぎても、現役ボーカリストで頑張ってます。スタンダードやハワイアンを中心に歌ってます。血液型 O型