人気ブログランキング |
ブログトップ

70歳現役ボーカリスト

200年以上、長崎警備をさせられた藩!-1

幕府直領地で、藩が無い長崎。
そして、鎖国中だが外国との交易を日本で唯一認められていた貿易港。
鎖国体制を維持する上で、来航する外国船に対する防御が必要だった。
そしてキリスト教の国との対決姿勢が強くなり、この対応の場所が長崎でした。

b0181748_23353456.jpg
長崎港の郊外まで書かれている貴重な絵図。(1700年頃の制作か?)

鎖国中の日本だけど、交易をしたい外国の船がちょくちょく訪れていて、
侵略なども考えられる為、警備が必要になった。
1639年に幕府は、ポルトガル船の来航を禁じ、鎖国体制を強化した。
翌年にポルトガル船が来航しましたが、ポルトガル船は焼却され乗組員も
処刑し鎖国の意志を表明したのです。

そして更なる来航に備えて、翌年、幕府が福岡藩に「長崎を警備せよ」と命じたのが
長崎警備の始まりでした。
その翌年には、佐賀藩にも幕府から命令がでて、2つの藩が1年ごとに交替で
長崎を警備するようになったのです。
当番でない年も、少ない人数ですが、ちゃんと警備人を出していた。

私は佐賀藩だけが長崎を警備していたと思ってました。
福岡藩と2つの藩が警備、やっぱりちゃんと調べないとダメですね。
そして長崎警備が始まったのは、1641年。
幕府が倒れたのが1868年だから200年以上も警備を続けてくれた訳です。

「佐賀藩 警備のはじまり展」と言う動画が、偶然、見つかりました。
私が知らなかったことが、これでかなり知ることが出来たのです。
良かったら、ご覧になって下さいませ!

なお、この企画展は、昨年の6月ごろのようです。
今はやってませんので、ご了承下さい!



トラックバックURL : https://aibiki.exblog.jp/tb/19987090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by パパリン at 2013-02-14 08:01 x
おはようございます。
長崎警護は鍋島、福岡以外にも島原、平戸、唐津、大村の各藩もしていたのかと思っていました。
鍋島藩は、新しい情報・技術も欲しくまた貪欲に取り入れていましたのは解りますが、2つだけの藩でしたか。

佐賀の徴古館は知らなかったので、行った時は寄ろうと思います。色々情報を楽しみにしています。
Commented by aibiki2009 at 2013-02-14 09:48
パパリンさんお早うございます!

長崎警備は、基本的に福岡藩と佐賀藩です。
しかし、その後1967年に再度、ポルトガル船が入港する事件がありましたが
その時は、2つ以外にも近隣の藩に応援を要請して、警備をしてますね。
そして、その後聞役として福岡、佐賀藩以外に、上記に書かれた藩など10藩が蔵屋敷を置き、出先機関として駐在してますね!

更に、もっと調べてみます。
佐賀藩の資料が見つかったので、佐賀藩をもっと調べて見ます!
Commented by flying_alloha at 2013-02-14 10:47
ai さん、どーもです。

長崎の歴史は、きちんと記録に残っていることですから、勉強するにもある意味しやすいかな?と思います。
私にとっては大変むつかしいですが・・・!

宮崎は神話の国、現在は教科書にも神話伝説は載せていません。
世界広しと言えど、自分の国の始まり、神話を教えない国は日本だけです。情けないです。

去年は古事記編纂1300年の年でした。
騒がれた割には盛り上がらず、私など大変期待していたんですが、残念です。
7年後には日本書紀編纂1300年です、これも期待していますが・・・?
Commented by aibiki2009 at 2013-02-15 00:30
Nさんどうも!

私は、長崎に住んでいて、あまりにも長崎のこと知らないのです!
だって、大学からずっと東京だったから、その高校生までの
知識しかなかったのです。
だから、こうして勉強してると、新しい発見がいっぱいあって
もう、つぎつぎって調べたいことが出てくるのです。

宮崎も神話や古事記の世界へタイムスリップ出来る
ロマンのところですよね!
あまりにも、遠い昔過ぎて、ピンと来ないのですかね!
古墳とかもあるんでしょう?

長崎と違った魅力が宮崎にはいっぱいあるので私は
宮崎が大好きですがね!
by aibiki2009 | 2013-02-13 18:01 | 歴史っぽいお話 | Trackback | Comments(4)

古希を過ぎても、現役ボーカリストで頑張ってます。スタンダードやハワイアンを中心に歌ってます。血液型 O型