人気ブログランキング |
ブログトップ

70歳現役ボーカリスト

悲劇だったグラバーの息子・倉場富三郎の最後!

1859年に21才で長崎へやってきて東京にて亡くなるまで日本で過ごし続けたグラバーは、
私生活では日本人の談川ツルと結婚しており、二人は生涯にわたって仲睦まじく暮らしまして、
2人の子供が生まれており、娘ハナと息子トマスを得ています。

共に長崎生まれのグラバー姉弟は、姉のハナは成人後に英国人と結婚し、夫の仕事で日本を離れましたが、
その子孫は現在も米国に在住しています。
一方、弟のトミーは、長崎のミッションスクルールから学習院大学、そしてアメリカの大学へ!
帰国後は実業家としてまた水産学者としての人生を送りました。

父母亡き後も長崎の町に生きたトミーは、倉場富三郎という日本名をもって生まれ育った故郷の発展に尽力。
汽船漁業会社を設立し日本初のトロール漁業を導入したり、日本人と西洋人との友好交流を推進したりするなど、
長崎にはなくてはならない存在として活躍。
また米国の大学で学んだ生物学の知識を活かし、魚市場に水揚げされた水産動物の図譜『日本西部及び南部魚類図譜』
(通称『グラバー図譜』)を編纂。
全34巻805枚の精巧な図譜は、貴重な資料として高く評価されています。

b0181748_13460730.jpg

古くから世界に向かって開かれた貿易港・長崎の地に、英国人と日本人の子として生まれ、
多様な文化が混在した愛する故郷で、その架け橋となることを自らの使命としていた倉場富三郎。
しかし、第二次世界大戦が始まってからの彼は、英国人と日本人の子として生まれたがゆえ,
スパイ扱いを受け苦難を味わうこととなります。

富三郎と同じく英日の混血である妻ワカは、日本人として「お国のため」にさまざまな活動に参加。
富三郎は諏訪神社の氏子として戦勝を祈り、ワカは愛国婦人会の一員として奉仕作業に参加し、
千人針(1mほどの白布に千人の女性が一人一針ずつ赤い糸で縫った結び目を作り、出征兵士に生還の
お守りとして贈った)作りに街頭に立つなどしていたといいます。

b0181748_20230324.png

それでも二人は、他の混血の人々と同様にスパイの嫌疑をかけられ、国の厳しい監視を受けるように。
海を臨む高台に建つグラバー邸が戦艦武蔵の建造ドックの対岸にあることから、機密保持という名目で
二人はそこを立ち退かねばならなくもなります。
やがて親しかった人々も憲兵隊の厳しい尋問を受けることを恐れ、そのほとんどが二人から離れていきます。
そして、外出もままならない二人きりの孤独な日々の中で、妻のワカが急死。
同じ生い立ちに生まれた最愛の妻との死別は、富三郎の孤独感にさらに追い討ちをかけました。

そして、第2次世界大戦の終リ近い、昭和20年8月9日が訪れます。
広島に続けて長崎に原子爆弾が投下され、富三郎の愛する故郷は無残な姿となってしまったのです。
爆心地から数キロ離れてはいましたが、富三郎の邸宅の窓ガラスは爆風で粉々に。
建物の骨組みは軋み、屋根瓦は木の葉のように吹き飛ばされたといいます。
富三郎はたった一人で茫然と壊滅した町を見つめ、どうしようもない深い悲しみに打ちひしがれたことでしょう。

それから6日後、戦争は終わりを告げました。
そして連合軍による日本占領の噂が長崎中に広まり始めた、8月26日の朝のこと。
富三郎は移り住んだ自邸の取り散らした部屋の中で、首を吊って自死してしまうのです。
火葬に付された富三郎の遺骨は、両親と妻ワカが眠る坂本国際墓地に埋葬されました。
墓地での簡単な葬儀には、わずか数人の友人だけが参列したといいます。

今後、観光でお墓を訪れる時、このような歴史を知って、グラバーのお墓を訪問して下さいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





トラックバックURL : https://aibiki.exblog.jp/tb/28055983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by flying_alloha at 2018-01-31 10:08
ai さんどーも。
栄枯盛衰世の倣いとはいえ、なんとも悲惨な人生のようですね。
バンドフェスタの準備をしています、今年はいくつのバンドが来てくれるのでしょうか?
それによっては・・・と考えたりしています。
Commented by パパリン at 2018-01-31 19:53 x
こんばんは
何だか悲しい話ですね。只どうして自殺をしたのか良く解りませんが。
私はこの墓地は行かないでしょうね。
Commented by aibiki2009 at 2018-01-31 21:32
Nさんどうも!

彼は、長崎では混血でも、グラバーの息子と分かるから
どこにいても、存在感はあったと思います。
だけど、大學での東京時代は、混血、つまり、あいの子と
差別されたみたいです!

そして、アメリカの大学でも、混血と差別されてます!
楽しく生きていけるのは、長崎だけだったようで、東京で
就職したけど、結局、長崎へ戻ってます!
そして、グラバー邸も没収、自宅が原爆で吹き飛ばされ
最愛の奥さんは、亡くなり、生きることが辛くなり
自殺したのかも!
Commented by aibiki2009 at 2018-01-31 21:33
パパリンさんさんどうも!

彼には、子供がいませんでした。
だから、同じ、ハーフ同士で結婚したのに、奥さんに
先立たれ、晩年には1人さびしい人生となってしまいました。

同時に、英国人との混血と言うことで、憲兵に見張られ
きっと、行動範囲も規制されてたと思います。
そして、原爆が落とされ、自宅も吹き飛ばされ今後の人生を考えたら
生きる望みを失くしたのかもしれません!
by aibiki2009 | 2018-01-30 19:09 | Trackback | Comments(4)

古希を過ぎても、現役ボーカリストで頑張ってます。スタンダードやハワイアンを中心に歌ってます。血液型 O型