ブログトップ

69歳現役ボーカリスト

「窓を開ければ港が見える」ところに、住みたい!

日本では、今、梅雨の大雨、大阪の地震など暗いニュースもあるが、
ワールドカップでは、ダメと言われていた日本が初戦を勝って国民に元気を与えている!
世の中、イイ事ばかりじゃないが、悪い事ばかりでもない。
良かったり悪かったりの繰り返し!

さて話は変わりますが、古い曲で淡谷のり子の歌に「別れのブルース」って曲がある!
相当古いので、音楽をやってる人でも、知らないかも!
調べたら、昭和12年に作られていて、作曲 服部良一  作詞 藤浦洸です。

歌いだしにある歌詞が好きなのです!
「窓を開ければ 港が見える メリケン波止場の灯が見える
夜風 潮風 恋風のせて 今日の出船は 何処へ行く・・・・・」
メリケン波止場は、横浜、本牧あたりですが、「窓を開ければ長崎港が見える」も最高!

b0181748_08390234.jpg



豪華客船が見える長崎港の風景!
長崎港に係留されてる観光丸が出港してるのが小さく分かる!

b0181748_08415547.jpg


観光丸をアップ、1855年(安政2年)、長崎海軍伝習所の練習艦としてオランダより
江戸幕府へ贈呈された当時の軍艦ですが、当時のまま復元していて、観光に貢献している!


b0181748_08520360.jpg


夕刻に長崎港を出港する豪華客船!


b0181748_19333366.jpg


私は、この「窓を開ければ 港が見える」ような所に住みたいと昔から思っていた。
子供の頃は高台にいたが港は見えなかったから、この思いは、まだ実現してない!
長崎に住んでれば、その気になれば周りは山だし実現は可能ですが引っ越しが面倒くさい。
今のところ、「窓を開ければ JRが見える」で我慢ですね!(笑)

服部良一が新たなブルースの着想を得ようと横浜の山下公園や本牧を巡った末に立ち寄ったあるバーで、
蓄音機を介して淡谷のり子の歌うある曲を耳にする。
当時、存在した老舗ホテル「バンドホテル」をモデルに作曲の構想を練ったと記している。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[PR]
トラックバックURL : https://aibiki.exblog.jp/tb/28397123
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by パパリン at 2018-06-21 13:58 x
こんにちは
バンドホテルは何度か行ったことがありますよ。懐かしい名前ですね。
別れのブルースの歌詞が今出ませんが長崎湾とは違うような気がしますね。
良いじゃないですかJRの見えるで!
Commented by flying_alloha at 2018-06-21 16:34
ai さんどーも。

ゆうべNHKで岩崎弥太郎の海運にかける夢を、どう実現したかって言うのをやっていました。
あの時代って、男が夢を抱くいい時代でしたね。
観光丸はでて来ませんでしたが、坂本竜馬と仲が世かってって話もありました。

私のブログで観光クルーズ船の話を書いて、ai さんのブログを見たらクルーズ船の話題、なんか考えることが一緒・・・!!^^;
さらに
きのう淡谷のり子さんの映像も見ましたよ・・・本当に偶然・・別れのブルースも聞きました・・・^^!

窓を開けなくても日南線が見える・・・♪^^;/
Commented by aibiki2009 at 2018-06-21 23:15
パパリンさんどうも!

バンドホテルに行ったことがあるんですか?
それは、凄いですね!
長崎にも、大浦バンドって言われた地域に豪華ホテルが
ありましたが、今は壊されてありません。

別れのブルースは、横浜が舞台ですね!
作詞で書いた人は、藤浦洸ですが、この人は長崎県平戸の出身です。
Commented by aibiki2009 at 2018-06-21 23:22
Nさんどうも!

岩崎弥太郎の番組、私も見ましたよ!
長崎三菱造船が彼のルーツですから、今は歴史館が造船所に
作られていて、世界遺産のコースになってますよ

最近、Nさんとテーマがダブルってことは、遠くにいても意気投合ですね!
テレパシーがお互いに、流れ合っていたりして!(笑)
港が見える家に住みたいってずっと思ってましたね!

お互いに、今はJRを楽しみますか!(笑)
by aibiki2009 | 2018-06-21 09:21 | Trackback | Comments(4)

還暦を過ぎても、現役ボーカリストで頑張ってます。スタンダードやハワイアンを中心に歌ってます。血液型 O型
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31