人気ブログランキング |
ブログトップ

70歳現役ボーカリスト

2012年 01月 17日 ( 2 )

やっぱり歌えませんでした!

本日の告別式は、午後1時からなんですが、楽器を運んだり、
セッティングしたり、ぶっつけ本番の演奏になるので、打ち合わせしたり
やる事がいっぱいあるんです。

だから、2時間前の11時には会場に入るようにリーダーから指示がありまして、
私がリーダーのお宅に寄って、楽器を積んで一緒に会場へと向かいました。
会場は、奇しくもマネージャーが葬儀をやった所と同じ。
出来たのが比較的新しい大橋のメモリード葬儀場でした。

マネージャーの葬儀の時も、当日が夏祭りのゲスト出演が決まっていた日。
もうバタバタで悲しんでる暇が無かったのを覚えてます。
その時、彼女も一緒に葬儀に参加してましたから、不思議な気がします。

お坊さんのお経に始まり、皆さんのご焼香、お経が終わると、弔辞です。
この弔辞は、うちのバンドのリーダーが娘さんから頼まれて皆さんを代表して読みました。
感動的な弔辞でした。
周りでは、すすり泣きがいっぱい。

次が我々の供養の為の演奏でした。
これは、彼女が生前「私の葬儀の時は、ブルーアイランダースの演奏で
送って欲しい」って、娘さんへ遺言していたそうです。
彼女の持ち歌である「夏の日の思い出」を歌無しの演奏だけで奏でました。
リーダーが弔辞でこう言いました。
「今日、伴奏するので、最後のステージだから歌って頂戴!」って・・・・。

もう、この演奏の頃から私は、ウルウル来てました。
そして、私の持ち歌である「グッドバイホノルル」へと進みました。
イントロの付近からもう込上げてました。
そして、歌い出すと、この曲の歌詞と彼女がダブルんです。

このような歌詞なんです。

1、美しい このハワイの夜 明日は東京へ帰る
  忘れない あなたのことを いつまでも 消えずに
 
2、やさしく 慰めてくれたあなたと 明日は別れて
  つらいけど 東京へ帰る サヨナラと 言わないで

3、あの月とあなたを残して 明日は東京へ帰る
  いつまでも 忘れないでまた ホノルルへ帰る日まで

一番の「忘れない あなたのことを」から、もう歌えませんでした。
傍で、リーダーが一緒に歌って私をフォローしてくれました。
葬儀場で歌ったのは、この62年の人生で初めて。
音楽の力はもの凄いものがありまして、歌いながら過去の思い出が浮かんで来るんです。

もう泣けて泣けて、しばらく歌えず・・・・・・!
別のバンド経験者も参列してまして、「バンド仲間の別れは本当に辛いですよね」って
私を慰めてくれました。
彼が言ってましたが、「生演奏、感動的でしたよ」って!
「私ももらい泣きしてしまいました」って言ってくれた。
演奏はボロボロだったけど、演奏して良かったんですね!

バンドの仲間の葬儀は、もうやりたくないです。


b0181748_1782340.jpg
入り口に飾られた彼女の思い出写真!
b0181748_1793145.jpg
モテモテのモデル時代
b0181748_17235139.jpg
小さい写真だったのでアップしました。
セピア色の哀愁漂う横顔!
b0181748_1727890.jpg
彼女が一番好きだった青のドレス。
このドレスは棺の中の彼女に着せてました。
b0181748_1733793.jpg
弔辞を読むリーダー。
b0181748_173706.jpg
これは、知り合いに撮ってもらいました。
泣けて泣けて・・・・。
喪服で演奏って初めてです。
大村のA倉さんも駆けつけてくれて、ベースまで弾いてくれました。
A倉さんは、キャサリンの名づけ親でもあります。
b0181748_17444124.jpg
出棺の時です。
霊柩車に居れる時6人担ぎ手が必要ですが、私も参加しました。
b0181748_17461262.jpg
お別れです。
b0181748_17473529.jpg
立派な霊柩車で火葬場へ向かいました。

霊柩車を見送った我々は、それから楽器のかたづけ。
重たい気持ちを引きづりながら、バンドのメンバーとサヨナラしました。
バンドのみなさん、本当に健康には十分気をつけてね!
これって、私にも言えます。
by aibiki2009 | 2012-01-17 17:57 | 音楽全般 | Trackback | Comments(10)

間違いなく、彼女は眠ってました。

今日は、朝からメチャクチャ忙しい1日で、先ほどやっと帰宅しました。
朝は、8時集合のイベントが以前から決まってました。
キャンセルする事は出来ません。
そして、場所は小浜温泉まで行かないといけませんでした。
終わって帰って来たのが、夕方5時。

Mさんの御通夜は5時からでしたが、間に合いません。
だから、お通夜は終わってますが、ダッシュで着替えて6時半ごろ葬議場へ
行きまして、ご家族及びご遺体と対面してきました。
間違いなく、彼女は眠ってました。

我々のバンドには、まだ現役のメンバーが3人います。
彼らも、遅れて来ましたが、遺体を見たキーボードの彼女は泣いてました。
リーダーも泣いてました。
私も、瞼に涙をいっぱい溜めて、遺体と対面しました。

その後控え室で、残された91歳のお母さんや、娘さんたちとつのる話を
遅くまで、いっぱいしてきました。
残された91歳のお母さんは、いっぱい泣いておりました。
「どうして、私より先にいったの?」って・・・・・・。
傍にいた私は、同じく母を介護してますので、溜まりませんでしたよ。

とりあえず、喪主はお母さんですが、実働は娘さんがやってました。
ご主人は、亡くなってすでにおりません。
彼女は、エステティックサロンを経営するオーナーでした。
働き者の彼女は、エステシャンとして、フランスまで行って国際免許を
取るような行動派で、この免許を持ってる人は、長崎では
ほとんどいないぐらいの人でした。

素晴らしい人だったんです。
明日は、バンドで演奏する事は、葬議場と了解が取れたようで
間違いなくやります。
彼女の持ち歌だった「夏の日の思い出」を演奏し、「グッドバイホノルル」
を私が歌います。
込上げてきて、歌えないかもしれません。

とりあえず、今日のご報告まで

b0181748_093938.jpg
葬議場にて
b0181748_0125553.jpg
遺影を見ても涙。
b0181748_015517.jpg
この写真ですが、60歳近い頃だと思います。
確実に、10~15歳ぐらい若く見える人でしたよ。

ア~~又涙がでそうです。
by aibiki2009 | 2012-01-17 00:20 | Trackback | Comments(6)

古希を過ぎても、現役ボーカリストで頑張ってます。スタンダードやハワイアンを中心に歌ってます。血液型 O型