人気ブログランキング |
ブログトップ

70歳現役ボーカリスト

2016年 05月 14日 ( 1 )

下血の原因である食道・胃の静脈瘤とは?

昨年の5月に、下血で倒れて入院した時は、近くの小さい病院!
スタッフも少ないし、検査は内視鏡など一通りやったが、専門じゃないから
その痕跡はあっても見逃していたと思われます!
今回は、大学病院の中の、更に専門の消火器内科と言うスペシャリスト!
詳しく調べると共に、下血の原因だろうと思われる所を即発見してくれた。

こう言う写真が苦手な人は、見ないで下さい!
b0181748_1301618.jpg
     この写真は、あるサイトからお借りしましたが、左が正常の食道で
       右が治療が必要となってきた時期の食道静脈瘤です。

普段、心臓からの血の流れは、肝臓を通るようです!
その働きが悪くなると門脈の血流が食道側に増加して、食道静脈瘤を形成してくる!
この写真のStage3ぐらいになると治療が必要となるが、私のは、ドクターのPCで
写真を見せてもらったが、3月に下血し破裂した後なので、もっと酷かった!

写真の右のような赤い色が出てくると、粘膜が薄くなって血が透けて見えてきて
その後、さらに悪化し出血・破裂して、肛門から近い所の出血だったら赤い血だけど
内臓の上部なので、肛門から出て来るころには、黒いタール便となってるのです!
昨年の時は、生まれて初めての経験だったし、立ち上がったら目の前が真っ暗になり
その場で顔から床に倒れ込んで、一時、意識が無くなってしまった!

私は、簡単に考えてましたが、胃静脈瘤を特に「孤立性胃穹窿部静脈瘤」といって
出血・破裂すると、大量になるため出血死が起こることがあると聞いてビックリ!
現在では、内視鏡的静脈瘤硬化療法や血管造影による治療(B-RTO)などにより、
内科的な治療が可能な為に、造影剤でのカテーテル検査をしたのです!
それ以前は手術しか対応できない、治療が困難な静脈瘤の一つだったようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by aibiki2009 | 2016-05-14 19:16 | 静脈瘤関係 | Trackback | Comments(6)

古希を過ぎても、現役ボーカリストで頑張ってます。スタンダードやハワイアンを中心に歌ってます。血液型 O型
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31