人気ブログランキング |
ブログトップ

69歳現役ボーカリスト

カテゴリ:音楽全般( 402 )

1975年8月2日 NHKFMで放送 ハワイアンを!!




1975年の放送となってるので、今の2019年から引き算をすると44年前の放送になる。
私の年齢から時代をふり返ると、70歳として44年を引くと26なので
私が26歳の夏の放送になるわけ、けっこうな時の経過を感じます!

ちょっと長いので、BGMとしてお聞き下さいね!
色々珍しい曲もありますが、好きじゃない曲は、飛ばして下さい。
おおよその時間が書かれているので、頭探しのメドにして下さい。


曲名リストです。
曲の開始時間は一応の目安です。
最後のバッキーさんのハワイアンメドレーは、けっこう良かったですよ!

-----------------------------------------------------
1.[01:28]ハワイアン・パラダイス     -バッキー白片とアロハ・ハワイアンズ
2.[05:28]マヒナ・オ・ホク(十五夜の月)  -和田弘とマヒナスターズ
3.[08:55]ヒイラヴェ(滝の歌)       -ドン・ホウ S,Gt. ; バッキー白片
4.[11:29]Beautiful Kaua`i(カウアイ島の歌) -ドン・ホウ S,Gt. ; バッキー白片
5.[14:48]チョット・マッテ・クダサイ   -サム・カプー Jr.
6.[18:16]ここに幸あり    -サム・カプー Jr.
7.[21:19]Kaulana Na Pua(ハワイの人々)  -ドン・ホウ  ナレーション;レオ・アンダーソン
8.[26:28]ハワイアン・ララバイ  -ドン・ホウ
9.[28:28]Shells(貝殻) -ドン・ホウ&サム・カプー Jr. S.Gt.;バッキー白片, Cho;レオ・アンダーソン/パティ・クォディ 
10.[32:37]珊瑚礁の彼方         -渚ゆう子
11.[36:10]カイマナ・ヒラ        -南かおる
12.[40:00]ハワイアン・メドレー     -バッキー白片とアロハ・ハワイアンズ
   ホノルル・ムーン - マオリ・ブラウン・アイフ - 月影のハワイ
-----------------------------------------------------
◆司会;佐々木謙介 *
◆演奏;ドン・ホウ オーケストラ<3.~9.>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



by aibiki2009 | 2019-04-16 19:03 | 音楽全般 | Trackback | Comments(6)

1975年,渚ゆう子と大橋節夫とハニーアイランダースによるライブ!


こんな音源見つけました!
昔を懐かしんで下さいね!

(結構長いので、BGMとして聞いて下さい!)





1975年6月29日に、(44年前です)文化放送の夢のゴールデンシートで放送した、
渚ゆう子さんと大橋節夫とハニーアイランダースによるハワイアンのスタジオライブです。
AM放送のため、音質・雑音は期待しないでください。

1.[01:02]Kaimana Hila(カイマナ・ヒラ)    -渚ゆう子
2.[06:29]Tiny Bubbles(タイニー・バブルス)  -渚ゆう子
3.[12:10]熱風(A Hot Wind)        ※演奏のみ
4.[15:55]ルアウの灯も消えて        -渚ゆう子
5.[20:00]Ke Kali Nei Au(ハワイの結婚の歌)  -大橋節夫&渚ゆう子
6.[22:48]Beyond The Reef(珊瑚礁の彼方)   -渚ゆう子&大橋節夫
7.[25:57]幸せはここに           -大橋節夫
8.[32:02]ズボンの折り目          -大橋節夫
9.[38:21]小さな竹の橋           -大橋節夫
10.[40:46]グッバイホノルル         -渚ゆう子&大橋節夫
-----------------------------------------------------
◆DJ;土居まさる
◆歌;渚ゆう子 大橋節夫
◆演奏;大橋節夫とハニーアイランダーズ
-------------------------

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


by aibiki2009 | 2019-03-08 23:06 | 音楽全般 | Trackback(5) | Comments(8)

歌を吹き込む時に使うこれって何?

一般の皆様におかれましては、歌手の方がレコーディングをしているシーンって
TVや雑誌などで見た事があると思いますが?
今じゃレコードじゃなくCDが主流なってますが、吹き込みスタジオで歌手の方が歌ってる時、
マイクの前に取り付けられている丸い変な物を見たことがあると思います!
何も分からない人はこう言う、「あ〜あの金魚すくいに使うやつみたいな」って!(笑)


b0181748_12430003.jpg



上の写真が今日の主役、これが私が持ってるやつ、では何んの為にあるのでしょうか?
ぼんやりと想像は出来ると思いますが、詳しくは分からないって言うのが本音かも!
まず、このグッズの名前ですが「ポップガード」って言います。

それは、マイクをポップノイズから守ってくれるということです!
だけどポップノイズってなんぞや、ポップって何、まだ意味分かりません状態だよね?
それは口に出してみればわかりますが、手の平を口の前にあてて、
以下の単語を声をだして読んでみてください!
ロック、オッズ、ポップって、そして注目してほしいのは手の平に当たる息の量です。
ポップのときだけめちゃめちゃ突風来るでしょう!


b0181748_12424816.jpg



録音中に、この突風がマイクに入ると、「ボフッ」というノイズになります。
そのノイズの名前がポップノイズです!
パピプペポやハヒフヘホあたりの音は、口から勢いよく息が飛び出します。
つまり、声風がマイクに強く当たるわけですね。
台風の時、現地でレポーターが持ってるマイクが、風でボフボフと言ってるあの音、あれと同じ原理です。

レコーディングであのノイズが一発でも入ったらもうそのテイクはアウトで、使えません!
でも安心して下さい、このポップガードがあれば、ポップノイズが録音されるのを防ぐのと、
もう一つ、高級なコンデンサーマイクを、口から出る湿気からマイクを守るためでもあります。

と言う訳で、歌のレコーディングする時は、このポップガードを使うのです!
お分かり頂けましたでしょうか! 以上、aibikiの音楽専門講座でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



by aibiki2009 | 2019-02-05 17:40 | 音楽全般 | Trackback | Comments(8)

本日は、講座での1人ライブの日、どうだった?

このところ、台風19号、20号が連ちゃんで日本へ向かってますよね!
その内の19号が九州へ向かっていましたので、心配していて演奏日に直撃したら
隣の市の諫早市の会場へも行けないし、講座の生徒さんも来れないし、参ったな~~って!
そう言う状況で、楽器やボーカルの練習していても、ここ数日、落ち着かない日々でございました!
今日は、どうだったのでしょう?

今日の状況は、台風は長崎を少しはずれ、直撃はなさそうで、かつ、台風の風もまだ吹かないし
今までの日々と変わらず、と言うか、さらに猛暑復活で35℃くらいあったかな!
暑い1日で、楽器、機材の運搬及びセッティングだけで汗ビッショリだったです。


b0181748_17355881.jpg



朝から、楽器、機材を積んでいたら会場まで時間が遅れるので昨夜積み込みました!
演奏開始が10:00、そして12:00まで,長いので今回もフラの先生に
お願いして、メニュー的に変化を付ける為、一緒にやってもらったのです。

6時起床で、7時半には家を出て、フラの先生を迎えに行き途中乗せて9時ちょい過ぎに
現地に着くように出発でした!


b0181748_17514080.jpg



こんな感じでセットし、1人でスティールギターを弾いて、歌って、MCもやりました!(ブルーハワイ)
私の後ろに、シーケンサーをおいてPAから流し、演奏と合体してるんですよ!
ベースなども入り、4~5人のバンドでやってるぐらいの音になるんです!


b0181748_17451255.jpg



久しぶりの1人ライブなので、最初はやっぱり緊張したかな! 途中からはすぐ元に戻ったけど!
今回は、講座の窓口担当者が2人いたので、写真撮影がお願い出来てバッチリでした。


b0181748_17580246.jpg


フラの先生の衣装が違うので、エルビスの「好きにならずにいられない」の時かも?




b0181748_18013902.jpg


楽器の説明コーナーでソプラノウクレレの説明で、1曲弾いている時かな!

b0181748_18030433.jpg


ウクレレ持って、ギターの流しみたいに、ウクレレの流しをやったですよ!
いつも使ってるテナーウクレレを、弾き、歌いながらの会場を一周したら、受けましたね!
今日やった曲を紹介しておきますね!

珊瑚礁の彼方、ブルーハワイ、なぎさ、タイニーバブルス、南国の夜、長崎ぶらぶら節、上を向いて歩こう
月の夜は、CDで涙そうそう、ハワイの夜、好きにならずにいられない、恋ごころ、赤いレイ
グッドバイ・ホノルル、そして「知ってるようで知らないハワイ」のお勉強、「フラダンスを踊ろうコーナー」
などを途中に入れて、何とか2時間やりとげましたよ!


b0181748_18152891.jpg

グッドバイ・ホノルル

b0181748_18142901.jpg

最後だから、スティールより前に出て歌いましたが、ノッテきた!



b0181748_18171830.jpg


フィナーレ
準備した曲は、普段やらない曲も入れて13曲、無事、終えました!
2時間のステージ、途中、トイレ休憩を10分入れましたが完了!

かなり疲れた!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







by aibiki2009 | 2018-08-21 19:05 | 音楽全般 | Trackback | Comments(8)

来週の火曜日、1人でライブします!

来週のライブは、公民館講座での演奏です!
夏だから、ハワイを知り、ハワイ音楽の演奏を聞こうって言う題目の講座!
一応、講師だから、音楽だけじゃなく、ハワイの事を少しお勉強してもらい
聞くだけだと、つまらないので、参加型の一緒に歌ってもらったりのコーナーもしようかと!

ところで「1人でライブします」って書いてますが、どうやってやるの?
よく聞かれます!
ウクレレだけ持って行ってやるのかな~!
アコースティックギター1本でライブしてる人もいるからね!
だけど、ウクレレだけじゃ音的に寂しいよな~!
いろいろ、ご心配かと思います!
これだけ準備して持って行き演奏するんですよ!



b0181748_18123856.jpg

左端から説明します!

ウクレレ用の小型アンプ、バックの音を出してくれるシーケンサー、ウクレレ本体
ボーカル用アンプとスピーカー2台、スティールギター、譜面台、ボーカルスタンド2台
PA用、楽器用、アンプ用総てシールドやボーカルマイクが入ってるバック、スティールギター用の
アンプ、これだけ持って行きますが、演出用にハワイグッズも持って行こうかなと!

b0181748_18124945.jpg


バックの音を出してくれるシーケンサーのみ、拡大しましょう!
これがないと、ライブは出来ません!
これでバックの演奏をしてくれますが、イントロや間奏は、私がスティールギターで弾きます!
そして、MCもするし、もちろんボーカルもやります!

一瞬たりとも、気が抜けない感じでライブしてます!
だって、イントロ弾いて、すぐボーカルやって、途中に間奏を演奏して、最後はエンディングの
演奏もして、終われば、すぐにお喋り、つまりMCをしないといけないのです!
ずっと、緊張しっぱなし!
要請時間は、2時間って来てますが、あまりにも長いので、フラの先生を知ってるので
一緒に連れて行って、踊りを数曲いれるつもりです!

これだけの機材をマンションの3Fから降ろして、車に積み込むのが1番大変なんです!

これが、おわれば、次は小浜フラッとハワイアンFまで、少しお休み。
だけど、9月8,9日なのでそんなにユックリもできませんが・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




by aibiki2009 | 2018-08-16 18:33 | 音楽全般 | Trackback | Comments(8)

私のFAVORITEソングを! "From Here to Eternity"

今日は私の大好きな思い出の曲をお聞き願います!
お届けする曲は、ハワイアンじゃないですが、ハワイは少し関係あるんです!
この曲は、名作映画「地上より永遠に」の主題曲で、舞台は第2次世界大戦前のハワイ軍港!
映画では、アカデミーでの賞をいっぱい手にし、初めて聞いたのは、たいしか大学生の時だった。
偶然買ったフンパーディンクのLPに、滔々と歌い上げるこの曲があったのです!
彼のボーカルに痺れました!結局、自分のバンドではものにする事は出来なかったです!

当時私が、フランクシナトラと同じくらい歌い方を参考にしたのが、エンゲルベルト・フンパーディンク。
彼の事を知らない人は、なんて長い名前なんだと思うでしょうね!
最初、日本で紹介された時も、この長い名前がユニークってDJが紹介してましたね!
ウィキペディアにで映画のストーリーが紹介されてましたのでコピペしておきました!

1941年夏のハワイオアフ島スコフィールド米軍基地。辺境の地のこの基地は、軍の中の厄介者たちの溜まり場となっていた。この兵営G中隊にラッパ手のプルーイット(モンゴメリー・クリフト)が、転属してきた。ボクシング狂で自分のチームの強化を図る中隊長ホームズ(フィリップ・オーバー)が、かつてボクサーだったプルーイットに声をかける。妥協を知らないプルーイットはかつて試合中に親友を失明させたこともあって、ホームズの誘いを断る。人柄も良く機転もきく曹長ウォーデン(バート・ランカスター)はプルーイットを説得しようとするが、効果はなかった。彼は、孤立無援となり、分隊長のガロヴィッチ(ジョン・デニス)らにひどいシゴキを受け始める。

味方は兵士のアンジェロ・マジオ(フランク・シナトラ)ただ一人。だが彼も営倉係長ジェームズ"ファツォー"ジャドソン(アーネスト・ボーグナイン)に難癖をつけられ、鉄格子のなかに放り込まれてしまう。ホームズの妻で彼に愛想をつかした夫人カレン(デボラ・カー)は男たちと浮名を流し、現在は要領のいいウォーデンと浮気をしている。一方、プルーイットは元ウェイトレスのロリーン(ドナ・リード)と恋におちる。しかし、アンジェロがジェームズに痛めつけられ殺されたのを見たプルーイットはナイフで決闘しジェームズを殺し、ロリーンの家に隠れる。

そして12月7日の朝、日本軍の奇襲が始まった。緊張感がなく穏やかだった基地は突如として、最前線の戦場になる。混乱する基地を冷静に指揮したのは、それまで軍務に全く興味がなさそうで、やる気の感じられなかったウォーデンだった。プルーイットは緊急事態に基地に戻るのだが、仲間の兵士に背後から銃撃されてあっけなく命を落とす。そして、民間人に避難勧告が出され、カレン、ロリーンは基地を去ることになり、その移動の船中で穏やかだった日々に思いをはせるのだった。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


by aibiki2009 | 2017-12-16 18:44 | 音楽全般 | Trackback | Comments(7)

当時、こんなお洒落な「タフワフアイ」にぶっ飛びました!

もともと原曲の内容は、南国的ラブソングなんです!
原曲とされる「Kaua i ka Huahua'i」の内容は、パライの茂みで愛する二人が
抱き合ってあれこれ…といった南国的ラブソングだったようだ。
途中、アメリカで知らぬ間に、『Hawaiian War Chant』とされてる。
今回も、ドンホーと同じで、カセットテープからの音源をPCに取り込んでます!

今でもそうだが、私らは当時から、この曲など見向きもしなかった!
このどうでも良い曲をアリースの演奏にかかると、メチャクチャ格好イイ!
出だしは、ひょうたんで作ったと思われる「イプ」のみで歌い、つぎにコーラスを入れて来る!
そして楽器とコーラスが被り、途中から、フォービートのご機嫌な演奏とコーラス!
エンディング近くに、一拍3連でリズムを刻み、アクセントをつけて一気にエンディングへと!

彼らはこのコーラスもそうですが、楽器を弾きながら、フォーフレッシュメン顔負けの
ジャズコーラスもやり、オーソドックスの普通のハワイアンの曲がメチャクチャグレードアップ!
そして、このAllisと言うバンドの写真が、ほんと無くてね!必死で見つけましたよ!
ドンホーも亡くなったから、きっとこのメンバーの数人は亡くなったかもな~!

このAllisと言うバンドは、ドンホーと一緒に40年以上前にショーでやってたんです!
大学生のころ、このショーを見たくて見たくて・・・!金が無いからハワイへは行けず!
当時、多くの学生バンドが、このようなモダンハワイアンを目指していたが、K大が1番手だったかな!
私は貧乏大学生だったから、レコードやテープを何回も聞いて特訓の日々だった!


by aibiki2009 | 2017-11-27 19:00 | 音楽全般 | Trackback | Comments(8)

神の声・ドンホーのブルーハワイ

急に冷え込みましたね!ここ長崎も今日は、最低気温が8℃まで下がりましたよ!
寒い時ほど、南国モードが恋しいもの、今日紹介する曲は、ハワイアンギャルの
DJが流れていて、ハワイムード満点!そして今では懐かしいギャルと言う言葉!
我々が、まだ30代ぐらいまでは、ギャルと言う言葉は頻繁に使われていたけどね。

私がハワイアンを歌う時、師匠として勉強させてもらったのがドンホー!
もう数年前に亡くなり、私としては悲しい思いをしたものです!
何せ、大学生の頃からずっと師匠でしたから、もう50年くらいになる!
私が持ってる音源に、ドンホーとバックバンドだったアリイスのアルバムがあって
その1曲目に「ブルーハワイ」がある!

誰もが、もう聞き飽きた曲であろうブルーハワイ!
だけど、私は、ドンホーのブルーハワイを初めて聞いた時、この人は神の声と思った!
オーケストラのストリングスに、スティールギターを絡ませ、包み込むような、
そして心に沁みわたる野太いドンホーのボーカル。


ま~1度聞いて下さい!
 凄いですから!
エルビス・プレスリーなど目じゃないですから!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by aibiki2009 | 2017-11-19 17:57 | 音楽全般 | Trackback | Comments(6)

私が制作したハナレイムーン(最新アレンジ)公開!

自分で制作した音源を公開するのは久しぶりです!
ほんと、いつ以来か覚えてないくらいです!
先日、講座のセミナーで演奏したことで、眠っていた気力が出てきたのかな!
バックの演奏の制作とアレンジは、もちろん私ですが、スティールギターも私が弾いて
まして、丁寧に、そして綺麗に弾く事を心がけて吹き込みをしたことを覚えてます!

もちろん、ボーカルもウイスパーボーカルを心がけて丁寧に、かつ抑えて歌いました。
大好きな曲なので過去、アレンジをフォービートで歌ったり、ボサノバで歌ったり
いろいろ変えて歌ってますが、今回は8ビートで歌ってます!
画像のスライド写真は、今と違って倒れる前の元気な頃でちょっと太めかな!(笑)

「ハナレイ・ムーン」は、作曲家兼ピアニスト兼俳優のボブ・ネルソン(1934~2015)の
1976年の作品で、ハパ・ハオレ(英語のハワイアン・ミュージック)の名曲です。
舞台は、カウアイ島北部のハナレイ・ビーチとても美しいビーチです。
「ハナレイ・ムーン」は、月の光に輝くハナレイ・ビーチの夢のような美しさと、
愛しい人を重ね合わせて描いた、とってもロマンティックな歌なんです。
数年前に亡くなったハワイの歌手で尊敬する「ドンホー」バージョンを参考にしてます。


by aibiki2009 | 2017-08-02 18:29 | 音楽全般 | Trackback | Comments(13)

小浜フラッとハワイアンFの動画発見!

その後、回復に向けてPCもあまり触れず必死に療養を続けております!
そして、例の特効薬も、毎日シッカリ飲んでおります!
この薬以外に一緒に飲んでるのが、胃酸の分泌を押さえる薬、利尿剤
もう一つの肝臓の薬、そして鉄不足をカバーする薬も飲んでます!

これらは、ほぼすべてが食後に飲まないといけない。
朝食後などは7錠も飲むが、もともと胃腸が強くない私はお腹が
もうゴチャゴチャ状態になって、吐きそうになりますよ!
早く元気になりたいから、気持ち悪くならないように、色々工夫して飲んでますが。
頑張ってますが復活宣言までは、まだまだで、少し少し回復中ですかね!

7月に入るとハワイアンのイベントも各地で多くなり一気に夏モード。
静脈瘤破裂で入院する前に受けたオファーが今月は2つ待っていて私も焦ってきてます!
これだけは、何とか約束を果たしたいので出演します。
そして、9月の9,10日が、小浜のフラッとハワイアンFなんです!
これも、絶対に休めないので、今は、この日を1番の目標しております!

調べ事があって小浜観光協会のHPへ訪問したら、昨年のフラッとハワイアンFを
もとに協会が作ったイベントを紹介したYoutube動画で見つけました!
私もウクレレを弾きながら会場を歩く姿が、少し写っておりました!
3分弱の時間ですから、良かったらご覧ください!


by aibiki2009 | 2017-07-16 19:22 | 音楽全般 | Trackback | Comments(14)

還暦を過ぎても、現役ボーカリストで頑張ってます。スタンダードやハワイアンを中心に歌ってます。血液型 O型