人気ブログランキング |
ブログトップ

70歳現役ボーカリスト

<   2012年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

あの頃君は若かったー演奏旅行編

b0181748_20597100.jpg
小倉市民会館前で
フルートを持ってるのが私です。
ここに写ってる仲間の出身県は、私、長崎県、福島県、東京都、広島県、岡山県、
鹿児島県、神奈川県などバラバラだったですよ!


私が大学時代の時点で、世の中には「カラオケ」は無かったです。
だから、音楽と言えば、やっぱコンボバンドかジャズバンドがメインだった。
そして、夏休みになると県人会主催の音楽イベントが待ってました。

どう言う事かと言うと、全国から東京へ集まった各県人会のメンバーが
夏休みに、それぞれ地方に帰ります。
そして、その都市その都市にある公会堂や市民会館を押えており、我々が
その都市その都市をドサ周りじゃないけど、列車に楽器を積んで廻るのです。

この歳になると、そう言う事はもう出来ないと思うけど、若い当時は
皆でガヤガヤと移動するのが楽しかったのです。
一緒に廻ったのは、我々のハワイアンバンドとウエスタンバンドと
ジャズのフルバンド、この3つが演奏してまわりました。


b0181748_20253853.jpg
その当時、1970年の演奏会のプログラムがまだ手元に残ってます。
b0181748_1152675.jpg
高新ホール、今治公会堂、山梨県民ホール、八戸市民会館などでのプログラムです。
b0181748_20291057.jpg
こう言うプログラムも出てきました。
我々の先輩でプロになり活躍した人に、和田弘とマヒナスターズの和田弘さんや、山口銀次とルアナタヒチアンズの山口銀次さんがおられますが、一緒に我々の演奏会で共演した事もありました。



当時は、吹奏楽やオーケストラ、マンドリンクラブ、グリークラブなどもありましたが
洋楽をやるサークルは、この3つぐらいしか無かった。
フォークやロックをやるサークルは、まだ無かったのです。

演奏旅行は、かなりの人数での移動ですから、それはそれは楽しい限り。
移動の列車の中で座席に向かい合い、マージャンしたり、ゲームしたり
四国に行った時は時間があったので、瀬戸内海の無人島巡りしたり
山陰地方では施設の慰問をしたり、ステージ以外でも思い出がいっぱい。

「若い頃の苦労は買ってでもしろ」、昔の人はいい事を言ってます。
こう言うハードな移動も全然苦にならないのです。
演奏した地域を紹介しておきます。

東京ー伊豆大島(ハワイアンのみ)ー今治ー高知ー福井ー富山ー甲府ー郡山ー八戸
小倉ー博多ー大牟田これらの都市では演奏しました。

b0181748_2050119.jpg
演奏旅行出発地の東京駅にて。
みんな当時のロングヘアーだね。
ジャズ研のメンバーと一緒。
ちなみに、私はどれでしょう?

b0181748_21114370.jpg
楽器を持って列車で移動でした。
富山県での乗り換えの時だと思う
b0181748_20515831.jpg
高知県高新ホールにて 
b0181748_2182921.jpg
今治公会堂にて
b0181748_21112231.jpg
小倉市民会館にて
b0181748_21153560.jpg
伊豆大島のビアガーデン
この時は、東京のプロダクションとの契約で1ケ月演奏したのです。


こうして、1970年の夏は過ぎて行きました!
by aibiki2009 | 2012-01-11 21:23 | あの時君は若かった | Trackback | Comments(8)

あの頃君は若かった!

大学時代にハワイアンと出逢ったことを書きました。
そして、レギュラーになって責任が掛ってくる。
対外的には、大学のハワイアンバンドの名誉もある。
あの大学バンドは、上手い、下手(へた)と言われるからです。

そして、新入部員が入ってくる。
私が、新入部員のころ、先輩を見て入部を決めたように
後輩も同じだろう!
レギュラーになると同時に、私はこのサークル軽音楽研究会の
部長になったのです。

と言う事は、後輩の指導とともに部の運営もやらなければならなくなったのです。
それプラス新しい楽器のマスターも!
私は、当時からダッシュしなければならない運命だったのでしょうね。(笑)

上手いバンドになる、その為に春休みに合宿をやります。
それこそ、朝から夜まで練習づけです。
合宿は富士山が見える河口湖でやりました。

b0181748_1957273.jpg
〇印が私です。
40年ぐらい前ですね。


春休みと言っても、河口湖は富士山の裾野。
朝晩は冷え込みました。
雪もいっぱいあったし、庭の池は氷をはってましたね。

b0181748_2083870.jpg
後ろに見えるのが富士山です。
b0181748_2012327.jpg
朝の散歩
b0181748_20131570.jpg
必死で練習しましたよ。
手前にあるのは、私のスティールギターです。
いまでもありますよ



合宿には、我々だけじゃなく、後輩、先輩も一緒に行くのです。
後輩は、後輩バンドの基礎固め、我々レギュラーはステージ用の
曲を仕上げるのです。
それこそ、必死で練習したのです。
だから、大学時代のたった4年間の付き合いですが、一生の友として
離れ離れになっても、今でも続いておるのです。

今、降り返って、何処かの時代へ戻してあげると神様が言うなら
私は、間違いなく大学時代へ戻りたいと言うでしょう!!!!
by aibiki2009 | 2012-01-10 20:16 | あの時君は若かった | Trackback | Comments(8)

新春第一弾「Beyond The Reef / 珊瑚礁の彼方に」

今年はハワイアンをいっぱい歌いたい!
このように、今年の目標を正月に決めました。
原点回帰じゃないけど、ハワイアンをもっとやろうと!

だけど、最近のハワイアンの曲はほとんど知らないから過去の曲で、
私が好きな曲をアレンジを変えて制作したい。
時間を見つけては、いろいろ制作活動をしております。

この曲は、ハワイアンの曲で、スタンダード中のスタンダード。
そして、もう演奏し尽くされた感がある青・竹・珊瑚の一曲。
もう誰もが、演奏するのも飽きたって感じですよね。

でもね、アレンジを変えるだけで、こんなにお洒落になるって
思われるような、曲制作を実践してみたいのです。
その第1弾に選んだのは「Beyond The Reef/珊瑚礁の彼方に」です。

この曲は、私が大学に入学しハワイアンと出逢った頃から
いっぱい演奏し、そして歌いました。
原曲をある時は、ビギンにアレンジ、ある時はボサノバにアレンジし
演奏スタイルを変えて。

b0181748_21345932.jpg


今回はスティールギターを主役に前面に出し、ボーカルをやや後ろに持って来る。
こう言うアレンジはあまり無いと思います・・・・・。
普通、楽器隊は、ボーカルの邪魔をしないように、歌が入ったら控えめにする。
今回のアレンジは、スティールギターの甘い音色を曲の全体に響き渡らせてます。
スティールギターファンには、きっと堪らないと思いますよ。
ある意味、スティールギターが主役と言っていかも・・・・。

それでは、お送り致しましょう!
モダンハワイアンで鍛えられたお洒落なボーカルと、格好いいスティールを!
このスティール演奏は、私じゃありません。
こんなに上手じゃありませんから!

そして今すぐにでも、ハワイへ行って見たいと思わせる画像と共に!
そして、素敵なハワイの女性も登場しますよ。
(綺麗なはず、ミスハワイであると共にフラダンサーでもあるのです)

新春第1弾「Beyond The Reef/珊瑚礁の彼方に」です。宜しかったらお聞き下さいね!




今年で63歳を迎えますが、上に先輩はいっぱいいます。
私はまだまだ未熟、現役ボーカリストとして、いっぱい頑張りますよ!

by aibiki2009 | 2012-01-09 21:37 | YouTubeで私の歌 | Trackback | Comments(10)

平家物語 祇園精舎

今日から、NHKの大河ドラマが新しくなる。
そう、皆さんがご存知の平清盛が主人公だ!
そして、平家を主軸にした作品は、1972年に仲代達矢が平清盛を演じた
「新・平家物語」以来で40年ぶりとなるようです。
40年前と言えば、私が22歳の頃なんだよね。

そこで、こう言うのを見つけました。
ちょっとだけ、お勉強して下さいね!





この語りじゃ、今一、分らないと思い、現代語で訳したのを探しましたので
これを、見ながら語りをお聞き下さいませ。よく、理解できると思いますよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
現代語~ 祇園精舎

祇園精舎にある鐘の音は、
諸行無常の教えを唱えるかのごとくに鳴り響きます。
釈迦入滅の時に白色に変じたという沙羅双樹の花の色は、
あたかも盛者必衰の道理を表しているかのように思えます。

驕り高ぶった人も、いつまでも驕りにふけっていることはできません。
それはあたかも春の夜の夢のように儚いものです。
勇猛な者でさえついには滅びてしまうものです。
それはあたかも風の前の塵のようなものです。

遠く外国の古例を捜し挙げてみると、秦の趙高、漢の王莽、梁の朱昇、唐の安禄山、
これらの人々は皆、旧主先皇の政治に従わず快楽を極め、他人の諫言を真剣に聞こうとせず、
このままでは天下が乱れてしまう、ということを予測しませんでした。
また、嘆き、悲しみ、憂い、戸惑う民衆を顧みなかったので末永く栄華を続けることができませんでした。
そしていつしか滅びてしまった人たちでありました。

近くわが国で例を捜して挙げてみると、承平の平将門、天慶の藤原純友、康和の源義親、
平治の藤原信頼、いずれの人物も驕り高ぶる心情、猛悪な事でも皆それぞれ酷い有様で、
やはりまもなく滅びてしまいました。

ごく最近では六波羅の入道前太政大臣平朝臣清盛公と申された人がいらっしゃって、
この人も驕り高ぶり横暴であったということを伝聞すると、うまく説明しずらく言葉では
言い表せないほどでした。
この清盛公の先祖を調べてみると、桓武天皇第五の皇子の一品式部卿葛原親王の九代の
子孫にあたる讃岐守正盛の孫にあたり、刑部卿忠盛朝臣の嫡男になります。

あの葛原親王の御子の高見王は無位無官でお亡くなりになられています。
その高見王の御子の高望王の時に、初めて平の姓を賜って上総介に任ぜられ、それ以後すぐに
皇族の籍を離れて人臣としてお仕えするようになりました。

この高望王の子供の鎮西府将軍良望は後に国香と名前を改めました。
この国香から正盛までの六代に渡る間は、諸国の受領(国司)であったのですが、
まだ宮中に昇殿することを許されていませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大河ドラマは1963年の「花の生涯」からスタートした。
この頃の事は、けっこう覚えております。
1964年が東京オリンピックだったので、その1年前ですね。
まだ、中学生だったです。

1作目は、「花の生涯」で井伊直弼が主人公、主演は歌舞伎役者の尾上松緑さんでしたね。
今、思い出すとモノクロの画面で、画像もボケているが、当時はそれが当たり前。
何の疑問も持たなかったですよ。
逆に、テレビで時代劇がタダで見れると嬉しかったくらい。

平清盛を描く作品は、大河ドラマ誕生からちょうど50年目の節目の年との事。
NHKだから出来ることだ。
制作経費が掛かり過ぎる時代劇、もう、民放は時代劇から撤退していってるよね。

確実に時代は移り変わっていってる・・・・。
by aibiki2009 | 2012-01-08 12:30 | 独り言 | Trackback | Comments(2)

長崎の猫

今日は、いいお天気でした。
昼頃、バンドのリーダーと打ち合わせがあり、リーダーの自宅へ。
一通り打ち合わせが終わり、近くにある讃岐うどんのお店でお昼を一緒しました。
讃岐うどんは腰があり美味しゅうございました。

食事は、リーダーのおごりでした。
リーダー、ご馳走様です。(嬉)
写真を撮れば良かったけど、食べてから気が付く始末!
そういう訳で、写真はありません。

今日は、その事がメインじゃなく、あまりにも天気が良かったので食事が終わって
リーダーとサヨナラしたあと、1人でちょっとドライブしました。
国道206号を時津町へ向かって走る途中に、こう言う岩が見れます。

鯖くさらかし岩
魚の商人がこの下を通りかかった時、「岩が今にも落ちそうだ。
落ちてから通ろう。」とじっと待っていた。
そのうちに、背負っていたサバが腐ってしまった、
という話からこの名前がついたとされています。


時津町を走り貫けると、また美しい大村湾に出ます。


途中、車を停めて「綺麗だな~~」大村湾を撮影していたら、私の車のところに
猫がいっぱい集まってきました。
何かおねだりにきたのでしょうか!
おもわず、シャッターを切ってしまいました。

b0181748_18543657.jpg
気持ち良さそう!
落ちるよ!
猫をハッキリ撮りバックをボカしました。3匹とも同じ方向を見てるのがポイント猫をボカしてバックをハッキリと撮る。


どうですか?
うまく撮れているでしょうか?
動物を撮影するのも楽しいですね!

by aibiki2009 | 2012-01-07 20:36 | その日の出来事 | Trackback | Comments(4)

私がハワイアンと出逢った頃-2

今日は、スッキリと晴れまして、そしてグランドGの初打ちでした。
グランドGは、朝の8:30分スタートと相変わらず早いのです。
朝が弱い私は、いつもギリギリで起きて、朝飯抜きで行く事もあるのです。
でも正月早々、気持ち良いグランドGでありました。

今日は、昨日の続きをお届けいたしますが、バンドを続けるって簡単じゃないのです。
そして、私のいばらの道は、まだまだ続くのです。
その後、スティールギター&ヴォーカルで、2年生を終わりました。
3年生になると、黙っていてもレギュラーです。
入部の時の条件が、3年生のレギュラーになったら、好きな音楽を
やってイイと言われていました。
私らの年代は、ビートルズ世代なんで、ハワイアン世代じゃないのです。

でも、急にビートルズバンドに変身する事は出来ません。
ハワイアンをやりながらも、ジャズ、スタンダードもやるようにしました。
ハワイアンの曲も、オッパチやバッキーは全くやらず、ドンホーやアリーズの
ジャズコーラス風のモダンハワイアンへと変わりました。

b0181748_16462662.jpg
私が2年生からレギュラーになったバンドです。
ちょっとお洒落な感じのハワイアンバンドでしたよ。
新宿厚生年金小ホールにて


ジャズコーラスはいいんだけど、私がボーカル専任になると
スティールギターがいなくなります。
皆と相談の結果、やもうえず、スティールギター抜きのバンドで行く事に。
しかし、今後の方針が決まった後、ここでまた問題が起きました。
フルート&ヴォーカルを担当していた同期が、彼女が出来てデートする時間が無いと
急遽退部したんです。
練習は、ほぼ毎日でしたので確かに遊ぶ時間は無かったです。

さ~~フルートをどうすると言う話になり、また、お前(私 aibiki)が、
フルートをやれと、メンバーが言うのです。
スティールギターを特訓させられ、やっと弾けるようになったら、
今度は、フルートかいな?
だが、スティールギターを覚える時みたく、必死な根性が、もう萎えてましたよ。

そして、今度は教えてくれる人が全く居ません。
参りました~~~~~。
取りあえず、楽器は最高のムラマツと言うメーカーのフルートを買いました。
そして、楽器屋でフルートの本を買って、独学です。
今回の習得期間は、3ヶ月しかありません。
と言うのも、レギュラーだから、5月にすぐステージが待ってました。
会場は、小田原市民会館です。
b0181748_1745477.jpg
フルートデビュー!
b0181748_1751128.jpg
勿論、メインはヴォーカル!
b0181748_1763498.jpg
時には、パーカッションも!
b0181748_16595649.jpg
そして、スティールギターも!
もう、頑張りぬいたレギュラーでした。

器用貧乏と申しますか、この時点で、スティールギターも弾き、フルートも吹き、パーカッションも
叩き、もちろんヴォーカルもやると言う状態に。
またまた、頑張っちゃったですよ!
b0181748_17235367.jpg
お決まりの花束贈呈は、私が貰いました。(笑)
b0181748_17185085.jpg
幕が降りる瞬間です。

ステージは、大成功!
最後に、小田原城の石垣の前で記念撮影でした。
大学3年生の初夏の頃のお話。
今から40年ぐらい前の事です。


b0181748_17144395.jpg


私はどれでしょうか?
by aibiki2009 | 2012-01-06 17:33 | 音楽全般 | Trackback | Comments(8)

私がハワイアンと出逢った頃

今は、ボーカリストを名乗ってますが、ハワイアンと出逢った頃は
ボーカル兼スティールギター奏者でした。
私が大学2年生の時、先輩のスティール奏者が退部して、急遽私にその大役が
廻ってきたのです。


スティールギターって生半可じゃマスター出来ません。
その時は、もう必死でした。
雨の日も、風の日も、祝祭日も、毎日楽器がある部室へ通いました。
春から夏までの5ヶ月です。
そりゃ~~、特訓の毎日でしたよ。
多少、OBの先輩に付いてコーチしてもらった時期もありました。

b0181748_20575721.jpg

とにかく、必死でしたので、顔に全く余裕が無い。
スティールギターは、チェンバーの8弦です。
楽器は凄かったのに・・・・腕が?



b0181748_2103071.jpg

大学2年生のころ、スティールギターも兼務。
こう言う頃もあったのです。(九段会館にて)



普通、3年生でレギュラーになります。
この時は、先輩が退部したので、私は2年でレギュラーになり
スティールギター担当とボーカルと2つやってたんです。


両方担当して凄いねって思うかもしれませんが、今、思うと
中途半端だった気がします。
最初から、ボーカル1本が良かったかも。
そうしたら、ハワイアンの名曲ももっといっぱい覚えたのに!

嫌々そうじゃないよ、やっぱり若い頃スティールギターを覚えて良かったよ。
だって、年齢が行ってからじゃ、なかなか覚えきれないよ?
だから、良かったんだよ。

皆さんは、どう思いますか?
by aibiki2009 | 2012-01-05 21:06 | 音楽全般 | Trackback | Comments(10)

粉雪でもウォーキング!

今日は、急に冷え込んで寒い1日だったです。
途中、粉雪や風が強く吹いての吹雪っぽくなったり。
九州でも、温暖化温暖化と言われて久しいが、しっかり雪は降ります。
雪国地方みたいにドカ雪は少ないけど、降るんです。


b0181748_20172561.jpg

外を見ると、今日は、吹雪いているじゃないですか!


大晦日から昨日まで、飲み食いだけの日々だったから、今日は
運動をしたいと思っていた。
そう、思っていたのですが・・・・。
バンドのリーダーから、道の尾温泉に行かないかって連絡が入る。
外は、粉雪が降ってるし寒いから、そくOKしました。

今日まで、仕事休みの人が多いのでしょうか、午前11時ちょい過ぎの
オープン直後に行ったら、もういっぱいでした。
ここは明治元年ごろから営業してるようで、当時は旅館や料亭も
あったと聞く。
今は、その面影は全く無い。
でも、肌にイイみたいで、湯冷めもしないと言われている。
入浴代550円と銭湯並みだから安いですよ。
上がったら、食事も出来るし、運転が無かったら冷えたビールも飲める。


私は、時間があると良く行きます。
自宅から、車だと10分も走れば着く。
リーダーと暫し今年の流れを相談したり、今後のスケジュールの確認。
今年のバンドとしての始動は、2月の地域でのカルチャー教室祭りの
ゲスト出演から始まる。

b0181748_20184351.jpg

レミオロメンの粉雪のサビを何回も歌いながら・・・・。

現地でリーダーと分かれたが、やっぱりウォーキングがやりたい。
でも外は雪が吹雪いている・・・。
これで外を歩けば、湯冷めして風邪ひくかもしれない。
だけど、ずっと運動してないので、やっぱり吹雪きの中、歩きましたよ。
レミオロメン の粉雪を歌いながら・・・でも寒かった~~~~・・・。

b0181748_20195277.jpg

けっこう大きいホームセンターが近くにオープン


歩いてる途中に、最近オープンしたホームセンターが見えてきた。
まだ行ってなかったので、中を覗きました。
家電コーナーもあったので、行くと高いマッサージ機も売っていた。
そして、試せるように電源も入っていたのです。
歩いて疲れてきたので、ラッキー~~~、試してみようっと。
最新機だから、肩、背中、腰、足と総てマッサージしてくれる。


マッサージをしながら思ったね。
このコースをウォーキングコースに設定して、歩いてしまって
最後に、このホームセンターに寄って、マッサージ機で揉んでもらって終わるコースを作ろうっ!


お金も掛からないし・・・・。(笑)
by aibiki2009 | 2012-01-04 20:24 | その日の出来事 | Trackback | Comments(6)

学校の先生を辞めた弟家族が!

今日は正月も3日目。
ま~ま~の天気だったかな!
昨日は、お出かけだったけど、今日は自宅で待機です。
それは、弟家族が、わが家にくるからです。

病気で療養中の私の弟は、昨年の春、現役復帰できず退職しました。
まだ57歳でした。
私と違って、努力家だったのですが。

長崎大学から筑波大学の大学院へ進み、心理学を勉強してきた。
卒業後、福岡大学病院で心療内科の仕事をしていたが、何かの
キッカケで養護学校の先生へと転進。
しかし、数年前、糖尿病になってしまった。

そして、それが悪化し、腎臓もやられ人工透析をやらないと
いけない体になり、約3年にわたり入院治療したが復活出来ず。
昨年の春、退職しました。
今は、自宅療養しながら、週3日は人工透析に通ってます。

彼は、結婚が遅かったので、女の子がいますが、まだ中学と高校生。
これから、まだまだお金が掛かる。
兄弟だから、心配で堪らない。

彼らは、大村市に家を作り住んでいるので、奥さんが車を運転して家族4人で来ました。
ただ、私が料理など多人数分の準備が出来ないので、姉が手料理を
いっぱい作って持って来てくれた。
そして、姉夫婦も我が家に合流。

これだけの人数が、我が家に集まったのは何年ぶりだろう?
母が元気に生きているから、集まってくれる。
先ほど、皆さん帰りました。
今日も、姉が私にウクレレを弾けと言う。
私の演奏に合わせて、おふざけで弟が踊りだしました。

病気の弟も、元来は陽気なお調子者。
退職して、ふさぎ気味だった弟も、今日は気持ちが良かったのかな!
耳が聞こえない母も、その様子を見て大喜び。
勿論、姉も大喜び。

それぞれ、苦しい違う人生があるけど、生きていれば笑う事が出来る!
弟よ、前を向いてがんばろうぜ!


b0181748_19575672.jpg
来客準備をする前!
b0181748_20145264.jpg
まだ、何とか綺麗さは残ってましたが。
b0181748_1947078.jpg
弟の家族です。
久しぶりに楽しく過ごした正月だったな~!
今日で、部屋が崩れました。
また、頑張って整理しますからね。

綺麗なお部屋に目覚めたaibikiです。(汗)
by aibiki2009 | 2012-01-03 20:22 | Trackback | Comments(10)

窓を開ければ海が見えるマンション!

今日は正月の2日目。
今日は、親戚のお宅にお邪魔してきました。
長崎の郊外にある福田と言う所です。

ここは海の傍で、江戸時代の前、平戸を追われたポルトガル船が
横瀬浦港に逃げ延び、そこも焼かれて次に逃げたのがここ福田。
ここは、小さな入り江になってます。

しかし、狭かったので、次の候補地を探した所、すぐ傍に長崎湾が
見つかり、わずかの期間滞在した記録がある地です。
ここには、我々が小さい頃には、福田遊園地がありました。

そして、夏は、海の傍と言う事で、海水浴場にもなっていた。
その遊園地は閉鎖され、その跡地に、「コアマンションマリナシティ長崎」として1999年に
700世帯の人が住む大マンション群が作られてる。

今でも、マンションの住民は、夏には泳げるそうです。
親御さんと一緒に子供が海水浴してるって。
自宅マンションから、海水着で泳げるって凄いね!
シャワー室もちゃんと完備してましたよ。

海辺のリゾートマンションって感じかな!
関東で言えば、規模は小さいけど逗子や葉山の付近のイメージかな!
とても良い所でした。
今の私のマンションからJRが走るのが見えるのも捨てがたいが
私が次に住みたいと思う、「窓を開ければ海が見える生活」なのだ。

b0181748_18212961.jpg
今日行ったマンション群。多くのマンション群。マンションの横は、散歩コースが。けっこう長いです。前方には、ヨットハーバーもあります。窓を開ければ海が見える。
部屋からこう言う風景を楽しめるのです!羨ましい!!水は澄んでいて綺麗です。
マンションのすぐ裏、そして、ここで泳げるのです。
美味しい料理をいっぱい戴きました。
車で行ったので、飲めないから、ワインを少し入れて「新年明けましておめでとう」って乾杯しました。

そして、ココの家に最近ウクレレが貰われて来たという。
話を聞いたら、ウクレレ講座へ通っていた人が辞めたので貰ったそうです。
そして、私に弾いて頂戴って言ってきましたから、「OK」ってカイマナヒラを弾いてあげました。
すると、喜ぶ喜ぶ!!
今度、ウクレレを教えて頂戴ってお願いされましたよ!
頑張れるかな?って一言残して帰ってきました!(笑)

ここにも住みたい!素敵なところですよ!
by aibiki2009 | 2012-01-02 18:47 | その日の出来事 | Trackback | Comments(4)

古希を過ぎても、現役ボーカリストで頑張ってます。スタンダードやハワイアンを中心に歌ってます。血液型 O型