人気ブログランキング |
ブログトップ

70歳現役ボーカリスト

<   2018年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

悲劇だったグラバーの息子・倉場富三郎の最後!

1859年に21才で長崎へやってきて東京にて亡くなるまで日本で過ごし続けたグラバーは、
私生活では日本人の談川ツルと結婚しており、二人は生涯にわたって仲睦まじく暮らしまして、
2人の子供が生まれており、娘ハナと息子トマスを得ています。

共に長崎生まれのグラバー姉弟は、姉のハナは成人後に英国人と結婚し、夫の仕事で日本を離れましたが、
その子孫は現在も米国に在住しています。
一方、弟のトミーは、長崎のミッションスクルールから学習院大学、そしてアメリカの大学へ!
帰国後は実業家としてまた水産学者としての人生を送りました。

父母亡き後も長崎の町に生きたトミーは、倉場富三郎という日本名をもって生まれ育った故郷の発展に尽力。
汽船漁業会社を設立し日本初のトロール漁業を導入したり、日本人と西洋人との友好交流を推進したりするなど、
長崎にはなくてはならない存在として活躍。
また米国の大学で学んだ生物学の知識を活かし、魚市場に水揚げされた水産動物の図譜『日本西部及び南部魚類図譜』
(通称『グラバー図譜』)を編纂。
全34巻805枚の精巧な図譜は、貴重な資料として高く評価されています。

b0181748_13460730.jpg

古くから世界に向かって開かれた貿易港・長崎の地に、英国人と日本人の子として生まれ、
多様な文化が混在した愛する故郷で、その架け橋となることを自らの使命としていた倉場富三郎。
しかし、第二次世界大戦が始まってからの彼は、英国人と日本人の子として生まれたがゆえ,
スパイ扱いを受け苦難を味わうこととなります。

富三郎と同じく英日の混血である妻ワカは、日本人として「お国のため」にさまざまな活動に参加。
富三郎は諏訪神社の氏子として戦勝を祈り、ワカは愛国婦人会の一員として奉仕作業に参加し、
千人針(1mほどの白布に千人の女性が一人一針ずつ赤い糸で縫った結び目を作り、出征兵士に生還の
お守りとして贈った)作りに街頭に立つなどしていたといいます。

b0181748_20230324.png

それでも二人は、他の混血の人々と同様にスパイの嫌疑をかけられ、国の厳しい監視を受けるように。
海を臨む高台に建つグラバー邸が戦艦武蔵の建造ドックの対岸にあることから、機密保持という名目で
二人はそこを立ち退かねばならなくもなります。
やがて親しかった人々も憲兵隊の厳しい尋問を受けることを恐れ、そのほとんどが二人から離れていきます。
そして、外出もままならない二人きりの孤独な日々の中で、妻のワカが急死。
同じ生い立ちに生まれた最愛の妻との死別は、富三郎の孤独感にさらに追い討ちをかけました。

そして、第2次世界大戦の終リ近い、昭和20年8月9日が訪れます。
広島に続けて長崎に原子爆弾が投下され、富三郎の愛する故郷は無残な姿となってしまったのです。
爆心地から数キロ離れてはいましたが、富三郎の邸宅の窓ガラスは爆風で粉々に。
建物の骨組みは軋み、屋根瓦は木の葉のように吹き飛ばされたといいます。
富三郎はたった一人で茫然と壊滅した町を見つめ、どうしようもない深い悲しみに打ちひしがれたことでしょう。

それから6日後、戦争は終わりを告げました。
そして連合軍による日本占領の噂が長崎中に広まり始めた、8月26日の朝のこと。
富三郎は移り住んだ自邸の取り散らした部屋の中で、首を吊って自死してしまうのです。
火葬に付された富三郎の遺骨は、両親と妻ワカが眠る坂本国際墓地に埋葬されました。
墓地での簡単な葬儀には、わずか数人の友人だけが参列したといいます。

今後、観光でお墓を訪れる時、このような歴史を知って、グラバーのお墓を訪問して下さいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





by aibiki2009 | 2018-01-30 19:09 | Trackback | Comments(4)

突然ですが、車買いました!


今の車も古くなり、その車も、もうすぐ車検も来るので、けっこうな経費が掛かります!
お洒落なデザインの車なので、好きな車種でしたが、諦めました!
そして、買った車は、日産・キューブでございます!
次に買うのは、この車と決めていましたので、満足でございます!
b0181748_20342358.jpg

カラーは、銀色にちょっと薄い茶色が混ざったような色、メーカーが書いてる
カラー色は、「ライトジンジャー色」と書いてました!
もう、70歳も近いので、ポップな赤やグリーン、ブルーのビビット色はやめて、
大人しい色にしました。
斜め前から写すと、ピカピカで、こんな感じです!

b0181748_20341117.jpg

真ヨコから写すと、このようになってます!


b0181748_21001302.jpg

キューブと言う意味は英語で立方体と言う!
以前のキューブのデザインが、四角そのもので、立方体でしたが
このデザインは、角々を少し丸くしてまして、車内もデザインがお洒落です!
そして、キーレス、カーナビ、CD,DVD,テレビ、ETC、バックカメラ付きで
すぐには操作を出来ませんので、取説を読んでる最中ですが、頭がグラグラしてきます。

b0181748_20343585.jpg

ちょっと後ろがカーブしていて、後ろが私は好きなんです!

b0181748_20334499.jpg
左側の後ろから見ると、ガラス窓が続いている面白いデザイン!

しがない年金暮らし、収入は生活するのでいっぱいいっぱい!
この1年半に入院も3回してハワイに数回行けるくらい入院代も使いました!
その後の毎月の病院通いで、薬代と検査代で、1回、うん万円掛かっていて病気貧乏!
そう言う状態で買えたのは、何年も、車を買う用に、別にしてコツコツ貯金してたんです!
大切に乗りますから!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




by aibiki2009 | 2018-01-27 21:30 | Trackback | Comments(14)

幕末から明治に活躍したトーマス・グラバーとは!

b0181748_14363098.jpg


先日お墓へ行って来たトーマス・グラバーの歴史ですが、彼は、スコットランド生まれです!
香港を拠点にする英国のジャージン・マセソン商会の代理人として、
開港後1年の長崎に着任したのは1859年で、彼がまだ弱冠21歳でした。
ほどなくグラバー商会を設立、幕末の激動の中、他の貿易商人と競合しながら、
西南雄藩に艦船・武器・弾薬を売り込み、1860年代半ばには長崎の外国商社の最大手になります。

1867年には岩崎彌太郎が土佐藩の開成館長崎出張所に赴任。
グラバーは後藤象二郎や新任の彌太郎をグラバー邸に招き商談に取り掛かります。
日本で最初の商社と言われている亀山社中の坂本龍馬たちも出入りしていました。
グラバーは貿易にとどまらず、事業にも進出して行った。
肥前藩(佐賀藩)から経営を委託された高島炭坑に英国の最新機械を導入し、本格的な採掘を開始しました。
また同時期、グラバー邸のそばに薩摩藩と日本初の洋式ドックを建設しましたが、このドックや、
グラバー邸、軍艦島が近年の産業世界遺産になったのは、有名ですね。

そんな飛ぶ鳥を落とす勢いだったグラバーでしたが、一攫千金を狙うようになります。
ところがグラバーが肩入れした西南雄藩は鳥羽伏見の戦いで一気に勝敗を決し、大規模内戦はなし。
グラバー商会は見越しで仕入れた大量の武器や艦船を抱え、雄藩への掛け売りの回収も滞り、
明治に入った1870年、資金繰りに窮して倒産、こうしてグラバーの栄光は終わりをつげます!

普通の貿易商なら、ここで故国スコットランドへ帰ると思うけど、しかしグラバーは、日本にとどまり、
国際ビジネスの豊富な経験と多彩な人脈を活かし、ビジネスマンとして死ぬまで活躍します。
高島炭坑は人手に、間もなく官営化、後に後藤象二郎に払い下げられますが、石炭の国際取引に日本人は経験不足。
グラバーは引き続き、三菱が買収した高島炭坑に地位を得ます。その後、仕事の関係で東京へ移ります。
子供の頃、高島へ行った事がありますが、グラバーの別宅と言うか、立派な別荘が残ってましたね!

グラバーは彌之助(2代目社長)、久彌(3代目社長)の、主に技術導入など三菱の国際化路線のアドバイザーにも!
キリンビールの前身ジャパン・ブルワリーの設立にも参画。
1908年には、明治維新に功績があったとして、外国人としては異例の勳二等旭日重光章を受章します。
グラバーは、勲章を貰った3年後の1911年(明治44年)に東京で死去、享年73歳でした。
遺体はその後、長崎へ運ばれ、長崎の坂本外人墓地に埋葬され、現在に至ってます!

こぼれ話
1863年5月には長州の伊藤や井上などの5人が密かにヨーロッパに旅立っています。
さらに1865年には薩摩の五代友厚ら17人がヨーロッパに密航しています。
上海にも、たびたび長州の藩士らが出国しています。
これらはすべてグラバーが手引していたと言われてます。

次は、悲劇だった息子の倉場富三郎を取りあげます  つづく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


by aibiki2009 | 2018-01-24 19:36 | Trackback | Comments(4)

長崎大学病院とグラバー家の墓!

昨日は、東京では大雪で大変だったと思います!
私が50年くらい前の大学受験で東京へ行った時も東京は大雪だった!
当時を思い出してますが、今を生きる私は、長崎大学病院へ月に1回の定期健診でした!
その後の私の体調は、例の高い薬「テノゼット」と言う特効薬をシッカリ
飲んでいるのが効いてるのか、血液検査の結果は先月とほぼ同じで横ばいでした。
悪化はしてないので、無理しないで、夏に向けて、おとなしく日々を送りたいと思います!

b0181748_19450785.jpg

またハウステンボス号に乗れましたが、ちょっと嬉しい、車内はいつものと一緒だけどね!(笑)


b0181748_19571850.jpg
この日の長崎大学病院!



b0181748_19334925.jpg

長崎大学病院の壁に展示されてるポンぺ博士のレリーフと、文久3年(1863年)の頃の
長崎大学病院の元祖である小島療養所があった古写真、右下は唐人屋敷!

b0181748_19414677.jpg

トーマス・グラバーと息子の倉場富三郎のお墓!

帰りに病院から歩いて行ける坂本外人墓地へ寄ってみた!
久しぶりに、幕末に長崎にいたイギリス商人のトーマスグラバー一家のお墓を見学。
その後のこのファミリーの栄光と悲劇を知ってるから、1年ぶりと思うけど手を合わせて来ました。
今年のNHKの大河ドラマが西郷さんを取りあげているから、長州藩や薩摩藩や龍馬が
今後出てくると思うが、彼らと関係をいっぱい持ったグラバー氏!

再度、このファミリーを取りあげて調べて見たい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


by aibiki2009 | 2018-01-23 20:05 | Trackback | Comments(9)

「鯖くさらかし岩」をドローンで見る!

私は、長崎市内に勤務で通う人が多く住む、中心部より少し離れたベットタウンに住んでる!
隣町にT町と言うのがあるが、そこには街道沿いに江戸時代から馴染みの奇岩があります。
大学へ進学して東京へ出まして、その後35年住んで長崎へUターン後知った場所だ。

b0181748_17424063.jpg



大岩上にもう一つの石が乗っていて見るも危く、今にも落ちそうな奇岩が!
ついた名前が、「鯖腐らかし岩」といいます。
この岩をドローンで撮影した動画が見つかりましたので、紹介したい。
拡大ボタンを押して、大きくして見ると良く落ちないものだと凄いのが分かりますよ!


或る時、鯖を売るために擔っていた魚屋が、きっと落ちるに違いないから、
いっそ落ちるところを見て行こうと、終日立ち尽くし、とうとう鯖が全部腐ってしまったという。
ま~面白おかしく命名したと思われる伝説的な岩がこちら!

…以前、上の岩はわずか三つの接点でささえられているだけで、裏側から上下の岩のあいだを
のぞきこむと、むこう側がみえていたとのこと。
つよい地震が起これば、ほんとうに落ちる危険性があったし、風化と浸食がすすみ、
危険だし不安定になるおそれがあった。
そのため、1996年から翌年にかけて補強工事がほどこされ、つぎ目に石と接着剤のようなものがつめられ、
すきまは完全にふさがれたのです。

長崎に原爆が落とされた落下中心部より数キロの所にある「鯖腐らかし岩」。
影響は無かったのだろうか?
この場所は、落下中心部から見ると、多少の起伏がある場所だから倒壊が免れたのかも!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



by aibiki2009 | 2018-01-20 18:10 | その日の出来事 | Trackback | Comments(6)

坂の上の老人は可哀想!

長崎には、山から運ばれた石を使った古い石段や、
驚くように急な傾斜でも、何とか家に届くようにと階段が造られている。
そして、夜でも階段がわかるようにと白い色が塗られた石段になってる!
「坂の町・長崎」と言うけど、本当は坂段と言うのです!



b0181748_16355844.jpg

いろんな味わい深い坂道があるが、住んでる人の中で特に老人は悲惨だ。
毎日の食料の買い出しなど近くにスーパーが無いので買えない。
歩いて買い物に行くのだが、階段を降りるのは手ぶらだけど、買い物をした後は
重い荷物になって途中何回も休憩しながら、かつヨロヨロしながらやっと帰宅!

現代は完全な車社会なのに、車が通れる道路が無い為、病気の時も
フラフラしながら車が拾える所まで歩き、そこから病院へ行かないといけない。
歳取った人は、病気の時が1番大変だと言う、救急車などは下から担架を運ぶのだろうか?
あと、老人の火事も心配、消防車が道路が無いので火事の現場へ行けない。

長崎の消防隊は、長いホースを、下から担いで坂の上にある火事現場へ運ぶ。
どれだけ長いホースが必要なんだろうか?途中、繋ぐのだろうけど。
観光客は異国情緒があって綺麗な街と言うけど、裏ではこんなに大変なのだ!
いま、こう言う所にも車が通れる道路を作ろうとしているがなかなか進まない。

逆に私は大学入学で東京へ出たが、関東平野の平らな街に驚いたものです!
まわりに山が無いって・・・・。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


by aibiki2009 | 2018-01-15 19:01 | Trackback | Comments(4)

アイゴーユーゴーテンセンゴーとは?

何も知らない人は、「アイゴーユーゴーテンセンゴー」って何かの呪文ですか?
それとも何か○○号って言う客船ですか?そう思う人もいるのでは!
これは、明治時代に開発された人力車の車夫が、長崎に来た外国人観光客に掛けた客引き用の声です!

外国人を長崎駅で客を待ち受けていた車曳きの人たちは、外国人と見るや
「アイゴー、ユーゴー、スワ(諏訪)テンプル、テンセン(十銭) ゴー」と客引きをしたのです!
つまり 、「10銭で諏訪神社まで乗せますよ」って声を掛けていたのです。

明治時代、アンパン1個が1銭の時代だから今の貨幣価値にすると、2000円ぐらいのようだ!
長崎駅から諏訪神社までタクシーで行ったとすれば2000円はしないから、いまのタクシー代からすると、
ちょっと高いくらいかな!

b0181748_13055054.jpg

b0181748_12481967.jpg

人力車は明治3年、東京渋谷で田中・和泉の両氏によって発明されたと言われます!
一般的には、日本人独特の乗り物であるとも言われ、その後日本全国に広まっている。
しかし17,8世紀にフランスでは ビネグレットと言う人力車があり、
それを江戸時代の長崎でオランダ人が乗ったとされる記録がある!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




by aibiki2009 | 2018-01-14 19:01 | Trackback | Comments(8)

長崎、雪が凄いです!

いやいや参りました!
1月11日は朝から、ガンガン雪が降り続けました!
こんな日に限って、外に出て、外出の用事があるのだ!
行きたくない!!!

b0181748_23353973.jpg


行かないとならないのは、歯医者!
自宅のベランダから撮影しましたが、雪が舞ってます!

なんで、こんな日に予約を入れたんだろう?
数日前の、その段階で雪が積もる程降るとは予想もしなかったし!
いっぱいの厚着で出かけました。

b0181748_23355955.jpg


眼の前の丘をアップしましょうかね!
木には雪がいっぱいです!
いつもなら、車で行くのですが、チェーンも持ってないから
歩いて行きましたよ!


by aibiki2009 | 2018-01-11 23:41 | Trackback | Comments(10)

松本良順と長崎

久しぶりに、長崎の歴史のことを書かせてもらいます!

私は静脈瘤破裂で一昨年から昨年にかけて3回も長崎大学病院に
入院しその後、退院してからも、月に1回は定期健診で通っている!
約10年ほど前に心臓バイパス手術も、ここ長崎大学病院で6時間の大手術をした!
いわば、私の命の恩人と言える病院です!

この長崎大学病院の歴史を振り返ると、150年以上前の長崎養生所が原点。
以前TBSテレビで放送された「JIN-仁」にもここは登場した。
長崎養生所は、1861年(文久元年)9月に長崎で開院した江戸幕府(長崎奉行管轄)の病院・医療施設なのである。

1857年、幕府から医学教授を依頼された長崎海軍伝習所教官として長崎へ来日したのがオランダ軍医ポンペ!
同年11月、医学伝習所を設立、幕府医官であった松本良順ら11名に医学講義を行ったのです!


b0181748_20243895.jpg
前列 松本良順(左)とポンぺ
後方は、当時の各藩から派遣された医学生
b0181748_20283941.jpg
松本良順のレリーフ

長崎大学医学部は、この日付を「開学記念日」としていると、このブログで以前紹介した。
だから長崎大学病院には、ポンペのレリーフがあるが、同時に松本良順のレリーフもある。

ポンペは病院の必要を説いたので幕府はこれに応え養生所の建設を決定、1861年(文久元年)9月、
小島養生所が開院し、同時に医学伝習所がここに移転し医学所として併設され松本良順が初代頭取となった。

ポンペと共に長崎大学医学部の創設者であるのが松本良順(1832-1907)だが、長崎の人じゃない!
下総佐倉の生まれで順天堂医院の開祖、佐倉藩医佐藤泰然の次男として生まれたが、幕府医官松本良輔の養子に。
長男以外は、その家の跡継ぎになれない時代なので、昔はこのような養子縁組が多かったよね!

安政4年(1857)、第2次海軍伝習に幕命を受けて長崎へ!

後に良順は江戸の医学所頭取、将軍家茂の侍医、法眼となり、維新後は軍医を編成して軍医頭、
後に陸軍軍医総監となっている。
新撰組とも交流があり、近藤勇、沖田総司、斎藤一などの傷病も診察したと聞く。



by aibiki2009 | 2018-01-09 20:40 | Trackback | Comments(8)

初温泉と初お墓参り!

正月は、姉のお節料理のお蔭で、美味しい日々でございました!
何かと忙しくて、ブログも書けずじまいでしたが、やっと始動です!
この所、九州にも寒波が来ていて、山間では雪も降ったりしてますよ!

そういう時は、温泉に入って温まり、固まった体の筋肉をほぐすに限る!
いつもの、道ノ尾温泉に行って来ましたが、今年の初温泉でございました!
寒くなると、お爺ちゃん、お婆ちゃんらが入浴しに来てけっこう混んでました!

b0181748_20282198.jpg

帰りに、お墓に行って初参り!

b0181748_20411812.jpg

今年もいよいよ活動開始って感じです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




by aibiki2009 | 2018-01-05 20:43 | Trackback | Comments(6)

古希を過ぎても、現役ボーカリストで頑張ってます。スタンダードやハワイアンを中心に歌ってます。血液型 O型